1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 取り立て対策
  4. 闇金から借りてしまった!過酷な取り立てはいつから開始?

闇金から借りてしまった!過酷な取り立てはいつから開始?

取り立て対策

闇金は強引な取り立てを行い、法外な利息を搾取する違法業者です。
闇金の恐ろしさを知っていたとしても、本当に困ったときは冷静な判断が働かなくなり、つい利用してしまうこともあるかもしれません。しかし、具体的な返済のあてもなく、場当たり的に闇金を利用してしまうのは非常に危険な行為です
闇金から借りることで一息吐くことができるもしれませんが、返済ができなければ、いずれ恐ろしい取り立てがやってくるでしょう。

本記事では、闇金の取り立ての開始時期について説明すると同時に、闇金の取り立てへの対処方法について説明しますので、ぜひ参考にしてください。

闇金の取り立てはいつから始まる?

正規の貸金業者も、一昔前には強引な取り立てを行い、社会問題となっていた時期がありました。
その後の貸金業法の改正に伴い、現在では登録業者による過酷な取り立ては行われていません。しかし、法の規制がなければ、貸金業と過酷な取り立ては直結しやすいことがわかります。

現在では、総量規制というルールによって貸付額にも限度が設けられましたので、返済不可能なほどの無理な貸付をする余地もなくなっています。
しかし、この規制により正規の貸金業者から融資を断られる方も増えました。そうすると、今度は正規の貸金業者から融資を受けることができない人間を狙った、非合法の貸金業者が動き出します。これが闇金です。

もともと営業許可を持たない彼らに、法の縛りは関係ありません。返済能力のない人間に貸付けるため、その取り立ては過酷を極めます

その闇金業者の過酷な取り立てはいつ頃から始まるのか見ていきましょう。

闇金業者の返済日は近い

闇金の返済が始まるのは、借入れからそれほど先のことではありません。

「トイチ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
10日で1割の利息という意味の、裏社会の業界用語です。言葉の通り10日がひとつの区切りになっているわけで、借りて10日後には早速返済がスタートします。

借りたあと10日後までに給料や報酬など入金があって、完済できるという人はまずいません。
普通の貸金業では、返済日はたいていの場合1か月置きに設定されています。
日払いや週払いのケースを除き、月1回の決まった日に報酬を得ている人がほとんどですので、当然のことです。これより短い期間を設定されても、資金を用意できる人は少ないでしょう。

また、トイチは年利に直すと年利365%。十分に暴利ですが、闇金の場合さらに「トサン」「トゴ」といったケースもあります。10日で元本の半分の利息が付くトゴなど、到底返済できるわけがありません。
冷静に考えれば、このような条件でお金を借りて返していくのは不可能だと理解できるでしょう。ですが切羽詰まった状況では、この状況さえ乗り切ることができればなんとかなるかもしれない、と考えてしまいがちです。そういった人間の弱みに付け込むのが闇金業者なのです。

完済できなければ利息だけ返済させる

完済できない利用者に対し、闇金業者は「利息だけ入れれば待つ」といいます。
これは、別に闇金業者が親切で待ってくれるのではありません。完済が遅れることで、利息の返済額が増えることを狙っているのです。

あまりに利息が高すぎるため、支払い不能になるのではないかなどという心配は、闇金はしません。
闇金の利用者に返済能力がないことは最初から分かっていることです。闇金業者は本人から取り立てることができなくなれば、その家族や周辺の人間に取り立てるつもりで、契約時には利用者の周囲の人間関係を詳細に聞き出しています。

返済を妨げることも

闇金は、利用者に完済させることを目的としてません。長く利息を支払わせることで利益を上げているため、闇金自体が返済を妨げるような行動に出ることもあります。
借り手側に返済をする用意があるにもかかわらず、闇金業者側が返済方法を知らせず、連絡にも応じず、返済をできなくするということがあります。
利用者が返済したくても返済できない状況を作っておいて、後から延滞料を含めた請求をしてくるわけです。

この例からも分かることですが、闇金の運営ルールは単に法律から外れているだけではなく、論外で非道なのです。

過酷な取り立てにどう対応する

闇金業者の返済日は、借入後、1週間または10日後に設定されています。
最初の返済日に利息と元本を合わせて用意できれば良いですが、できない場合、延々と利息の返済を続ける、資金調達と取り立てに怯える日々が待っています。
どうすれば闇金の過酷な取り立てと、返済地獄から逃れることができるのでしょうか?
以下では、闇金の過酷な取り立てに対する対処方法について説明します。

「返す」という選択肢は無意味

まじめな方は「自分で借りたのだから、何とか返済しよう」と考えがちです。
しかし、闇金業者に返済を続けるのは実は間違った行為です。
もともと完済可能な金利の設定ではありませんし、もし頑張って完済できたとしても、闇金との縁は切れないのです

完済後も、執拗に勧誘の電話がかかって来ることや、勝手に振り込んで利息を請求する「押し貸し」の被害に遭うこともあります。また、完済したはずなのに、様々な口実を付けてさらなる返済を迫られることすらあります。

相互の信頼関係と内容を理解した上での契約で成り立つ一般のビジネスとは、根本から異なるのです。闇金業者に誠意を求めても無駄というものです。

闇金の借金に返済義務はない

闇金の借金には、法的な返済義務はありません。法外な利息分はもちろん、元本についても返済義務はないのです。
ただ、だからといって、「借りるだけ借りて、一切返さずに踏み倒す」というのは、まず不可能でしょう。
そんなころをすれば、闇金業者が黙っているわけはないからです。
返済しなければ恐ろしいな取り立てや家族や職場への連絡、様々な嫌がらせが待ち受けています。

闇金への借金に返済義務はありませんが、返済をしないでただ無視するのは、大変難しいことです。
かといって、返済を続けても結局闇金との縁は切れず、完済もできません。

では、どのように対処すれば良いのかといえば、闇金業者のような違法業者には、「法的に」は返済義務がないのですから、法律を味方につけるようにしましょう。

法律の専門家に相談するのがおすすめ

違法な存在である闇金業者に対処するには、法律の専門家に相談することが一番の解決策でしょう。
法律の専門家に相談することで、民事・刑事の両面でサポートしてもらうことが可能です。
つまり、返済しないことを正当化することと、暴力的な取り立てを刑事事件化することができるのです。
闇金業者は自らの違法性を承知していますので、法律の専門家が介入すると引き下がることがあります。勝ち目がないことが分かっているからです。

身の安全を確保する

闇金業者は暴力的な取り立て以外にも様々な嫌がらせを行います。
自宅や職場へも、攻撃を仕掛けてきますので、電話番号を変更し可能であれば引っ越しをすると良いでしょう。
職場への嫌がらせもある場合は、職場に相談することや、あるいは転職するという選択肢もあります。
闇金に居場所を知られないためには、痕跡をすべてリセットしてしまうのもひとつの手かもしれません。

闇金から借金してはいけない

闇金の借金をどのように解消するかを考えるのと同時に、闇金を利用することの是非について、いま一度整理しましょう。
返済する・しないという問題以前に、闇金業者は関わりを持ってはいけない相手なのです。

返済できると思わないこと

闇金の顧客の多くは、正規の貸金業者から借り入れができない方です。
正規の貸金業者から返済不可能と判断された方が、闇金業者の課す高い金利を払えるはずはありません。
闇金業者は、顧客に返済能力がないことを端から承知で貸付けます。
なぜそのようなことをするかというと、返済能力がない相手でも、強引に取り立て、脅し続けることで限界までお金を搾り取ることができますし、これ以上は無理だと判断すれば、顧客の周囲の人間にターゲットを変更すれば良いと考えているからです。

正規の貸金業者から借りられないなら借金はしない

「正規の貸金業者に断られたから、闇金を頼ろう」と思うのが間違いのもとです。
そもそも貸金業法の利息制限法は、多重債務や債務超過から消費者を守るために制定されたものです。
正規の貸金業者から断られる主な理由として、すでに何社もの金融機関に借入がある、総量規制(年収の3分の1を超える借金はできない)以上に借入があるということが挙げられます。
正規の貸金業者から融資を断られるような状況下では、さらなる借金はあきらめるべきなのです。

借入不能なのに、資金が不足している、もしくは返済するお金が用意できないという場合は、闇金業者から借り入れをしてその場をしのいでも、さらなる泥沼に落ちるだけです。
この時点で、借入は諦め、自己破産や任意整理等、債務整理をすることをおすすめします。

借金しないで生活をする

お金を借りることを考える前に、生活を見直すことを考えてみてはいかがでしょうか。

例えば、生活費を縮小する手段はたくさんあります。
交際費や、喫煙・飲酒等の嗜好品を削減することも有効ですし、固定費の中でも家賃が占める割合は大きいですので、安い家に引っ越すことができれば、生活にまつわる経費はだいぶ縮小できます。

支出を減らすのが無理な場合は、収入を増やすことを考えてください。
より収入の多い職場へ転職をすることや、副業を考えてみてはいかがでしょうか。

収入と支出のバランスを考え、借金をせずに生活を送る工夫をするべきです。

まとめ

今回は、闇金の取り立ての開始時期や、闇金の取り立てへの対処方法等について説明しました。

闇金の返済日は、借りてすぐにやって来ます。取り立ても同様です。
返済周期は短く、金利は法外と来れば、常識的に考えて返済できるわけはないのです。お金に困ることがあったとしても、闇金を頼ることだけは止めましょう。

万一闇金から借りてしまった場合、返済方法を考えるより、専門家に相談して対処することをおすすめします。