1. 司法書士法人ジェネシス
  2. コラム
  3. 闇金の手口
  4. 違法な闇金から借りるのは危険!悪質な手口や被害者の体験談

違法な闇金から借りるのは危険!悪質な手口や被害者の体験談

闇金の手口

「消費者金融からお金を借りられず、闇金を利用しようか悩んでいる」
「闇金からお金を借りる危険性を知っておきたい」

審査なしで借りられる闇金は、手を出してしまうと悪質な被害にあう危険性があります。高額な利息や手数料を請求されて、厳しい取立てに苦しむ人は多いです。

たとえお金が足りなかったとしても、違法にお金を貸し付ける闇金の利用はやめるべきです。この記事では闇金の悪質な手口や実際に利用した人の体験談について紹介します。

闇金とは違法な悪徳業者

本来、お金を貸し付けて利益を得る貸金業を営むには、国や都道府県に貸金業者として登録することが求められます。

登録を受けるには審査を通過する必要があり、正規の金融機関は手続きを踏んでから営業しています。

ですが闇金は不当な利益を得るために、貸金業者として登録せずにお金を貸し付ける存在です。総量規制や上限金利などのルールを守らないため、闇金の利用者はトラブルにあう可能性が高いです。

闇金は国または都道府県からの登録を受けず、貸金業法に違反して営業する悪徳業者であることを知っておきましょう。

高い金利で融資するのが特徴

闇金は銀行や消費者金融からお金を借りられない人を標的にしてお金を貸し付けます。お金がなくて窮地に立たされた人を相手に、かなり高い金利で融資するのが闇金の特徴です。

例えばインターネットで宣伝する多くの闇金は、1週間で2割の利息を利用者に請求します。もし5万円を闇金から借りてしまうと、1週間後には6万円を返済しなければなりません。

また、闇金は利息以外にも融資手数料として3,000円から5,000円ほどの費用を利用者に支払わせます。手数料は融資額から天引きされるのが一般的であり、支払を拒否するのは不可能です。

高額な利息や手数料を利用者から受け取ることで、闇金はより多くの利益を得ています。

収入が少なくてお金に困る人が多い現状もあり、費用が高くても闇金を利用する人は後を絶ちません。

闇金から借金するのは違法?

「違法な闇金からお金を借りると、自分も法を犯してしまうのでは?」と思った人もいるでしょう。

犯罪組織に関わることは避けるべきであり、闇金と知りながらお金を借りるべきではありません。

例えば「違法な闇金から借りて逃げよう」と考えて融資を受けてしまうと、詐欺行為の対象となるリスクがあります。

返済しないつもりでお金を借りるのは違法であり、利用者が刑罰を受ける可能性が大きいです。

しかし、闇金とは知らずに業者からお金を借りてしまった場合は違法になりません。あくまでも利用者がだまされただけであり、警察や専門家による支援で借金問題を解決することが可能です。

つまり、借りた後に返済することを意識しておけば、間違って闇金からお金を借りても違法にはなりません。刑罰や返済義務のリスクがあるため、闇金と関わるのは避けましょう。

闇金を見分けるには

正規の金融機関は国や都道府県から登録を受けているため、登録番号を検索すれば営業を許可されているか確認できます。

闇金を見分けるときは登録番号が記載されているか、番号が正しいかをチェックしましょう。

金融庁が提供している登録貸金業者情報検索サービスを活用すれば、その業者が登録貸金業者であるかを簡単に判別できます。登録番号の代わりに名称や電話番号で検索することも可能です。

参考:https://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/

もし業者のホームページやチラシに登録番号がなければ、その業者は無許可で営業しています。国から許可されずに営業している貸金業者は闇金である可能性が高いため注意しましょう。

悪質な闇金の手口

「闇金がどのように利用者から搾取しているのか気になる」と思う人は多くいるかもしれません。

最近ではテレビやマンガで闇金のマイナスイメージが強くなり、闇金を利用しようとする人は減っています。

ですが一部には、ブラックリスト状態に陥っているなどの理由により、消費者金融からお金を借りられない人もいます。

闇金は次のような手口によって、利用者から不当に利益を得ているのです。

  1. 信用が低い人にお金を融資
  2. 短い期間で高額な利息を請求
  3. 滞納者に悪質な取立て

悪質な闇金の手口について詳しく見てみましょう。

信用が低い人にお金を融資

世の中にはさまざまな事情によって、金融機関からの信用が低い人がいます。

借金の返済が苦しくて自己破産したり、収入が低くてカードローンを利用できなかったりするケースはよくあります。

銀行や消費者金融からお金を借りられないと、信用が低い人は別の方法で融資を受けようとするのです。そこで闇金は審査なしで融資できることをアピールして、金融機関からの信用が低い人に宣伝します。

他にお金を得る手段がなければ、無審査で借りられる闇金を利用するしかありません。闇金は少しでも融資する相手を増やすために、ブラックリストなど信用が低い人をターゲットにします。

短い期間で高額な利息を請求

一般的に金融機関からお金を借りた場合、毎月決められた日に少しずつ返済することで借金を減らせます。今では上限金利が下がったこともあり、従来に比べて債務者の負担は少なめです。

ですが闇金は返済されない事態を防ぐために、短い期間で利用者に返済させようとします。1週間や10日間という短い期間だけ貸し付けることで、貸し倒れリスクを抑えているのです。

また、闇金は年利1,000%を超える利息を設定して、利用者から高額な利息収入を得ようとします。例えば10日3割の闇金から3万円を借りると、10日後に39,000円の返済が必要です。

滞納者に悪質な取立て

闇金のターゲットになる信用の低い人たちは、高額な利息を請求されると返済できないパターンがよくあります。

期日までに利用者が返済できなければ、闇金は悪意をもって取り立ててくるのです。

例えば電話を1日100件以上かけたり、実家や会社に連絡したりして利用者に返済を催促します。

滞納が続けばデリバリーや救急車などを自宅に呼び、プレッシャーをかけてくる場合もあるのです。

携帯電話や住所を変更したとしても、利用者の親戚や勤め先に取立てを続けるリスクは残ります。違法な闇金は厳しく取立てをし、お金を得るまで返済を催促してくるのです。

闇金から被害を受けた人の体験談

「実際に闇金を利用した人の事例を見てみたい」と思う人は多くいるでしょう。

最近ではインターネットで闇金問題を相談する人が多く、次のような体験談が質問サイトに掲載されています。

  1. 父親が闇金から借りて家族崩壊
  2. 申込みの取消しでキャンセル料が発生
  3. 旦那の借金で嫌がらせを受ける

それぞれの事例について詳しく見てみましょう。

父親が闇金から借りて家族崩壊

2016年2月下旬に質問サイトで父親の借金について相談した人の体験談です。相談者の父親は闇金から3万円のお金を借りた後、法外に高い金利などで借金が40万円まで膨らみました。

父親は最初に借りた3万円を返済しましたが、闇金は利息や迷惑料という名目で返済を催促。滞納が続くと母親のパート先にも闇金から電話がくるようになり、精神的に追いつめられたのです。

闇金被害にあった人からの助言により、相談者は弁護士に相談して闇金問題を解決しようとしました。法的な対処ができる専門家に任せることで、トラブルを解消することが可能です。

参考:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14156445479

申込みの取消しでキャンセル料が発生

2016年3月中旬に闇金被害を受けて質問サイトに相談した人の体験談です。相談者は事情により10万円が必要になり、闇金とは知らずにホームページから審査に申し込みました。

しかし状況が変わって借金の必要がなくなったため、本審査の前に相談者は申込みをキャンセル。

そしたら申込みを取り消した1週間後に闇金から「キャンセル料が発生しているから払え」と言われました。

不安になった相談者は警察や弁護士に相談した結果、連絡を無視するよう指示されたのです。非通知拒否や番号のブロックにより闇金からの連絡は簡単に拒否できます。

参考:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10157201125

旦那の借金で嫌がらせを受ける

2014年1月上旬に闇金の取立てについて質問サイトで相談した女性の体験談です。女性の夫は2013年3月ごろに闇金からお金を借りてしまい、元金以上のお金を返済しました。

しかし闇金は未だに取立てを続けていて、脅された夫はすぐに数千円を送金してしまいます。もし支払わなければ職場や自宅に嫌がらせをされて、仕事を失うリスクがあったのです。

悩んだ女性は闇金対策に協力的な警察に相談して、迷惑行為で立件されるまで我慢することを選びました。いつまでも闇金とのトラブルが続くと、専門家でも対処が難しくなります。

参考:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14118806889

違法な闇金からの被害を防ぐには

違法な闇金による取立てや嫌がらせを受けないためには、前もって対策する方法を知っておくことが重要です。あなたが闇金からの被害を防ぐポイントは次の3つです。

  1. 信頼できる金融機関を利用する
  2. ソフト闇金に気をつける
  3. もし借りてしまったら法律事務所で相談

各ポイントについて簡単に解説します。

信頼できる金融機関を利用する

生活費などでお金が必要なときは、大手の消費者金融や銀行を利用してローンを組むのがオススメです。信頼できる金融機関を利用することで、高額な利息を請求されるリスクを防げます。

ソフト闇金に気をつける

最近では闇金に優しいイメージを加えたソフト闇金が増えています。ソフト闇金はインターネットで融資を申し込めて、厳しい取立てや催促がないことをアピールしているのが特徴です。

ですが金利や利息は一般的な闇金と同じであり、滞納した利用者に対しては態度を変えて取り立てます。ソフト闇金は闇金の一種であることを知っておきましょう。

もし借りてしまったら法律事務所で相談

闇金とは知らずにお金を借りてしまったら、闇金に強い法律事務所で相談することがオススメです。

早めに専門家に相談することで早期解決につながり、トラブルが大きくなることを防げます。

闇金からはお金を借りない

闇金からお金を借りるのは違法ではなく、間違って借りても返済する必要は基本的にありません。

ですが闇金は悪質な取立てや嫌がらせをすることが多く、最初から手を出さないことが無難です。

もしやむを得ない事情で闇金からお金を借りてしまったら、すぐに法律事務所に相談しましょう。知識や経験のある専門家に任せることで、闇金による被害を防ぐことができます。