1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. 闇金相談費用の相場と少しでも安く依頼する方法

闇金相談費用の相場と少しでも安く依頼する方法

相談・解決

昨今様々な費用を闇金に頼る方が少なくありません。闇金の返済催促というのは、とても執拗でかつ高圧的な傾向もあります。1日に何十回も電話してきて、電話口で怒鳴り散らすといった話術も少なくありません。このような状況で、精神的にまいってしまう方もいらっしゃいます。

ではこのような状況になると取り返しはつかないのかというと、元の平穏な生活に戻る方法はあります。まずなるべく早く弁護士・司法書士といった、士業者の方へ連絡・相談が必要となります。士業者の方へ相談となると、何十万円も必要になるのではという懸念を抱く方が少なくないとも考えられます。ただ闇金1件の解決費が、4万円~5万円程度で済むという場合さえあります。

そこで今回はこの闇金相談費用につきまして、安く抑えられるポイントにも触れながら紹介します。

闇金の相談に必要な費用相場と内訳

必要経費内訳

  • 必須経費:闇金1社の解決費
  • 他経費:着手金が必要になる所もあります

必要経費額

  • 闇金1社の解決費:3万円(税別)~6万円(税別)程度
  • 着手金(必要な場合):6万5千円程度かかるところもあります

相談費用を安く抑えるポイント

闇金に強いかどうか

まず重要なのは闇金に強い弁護士・司法書士を選ぶことです。しかし弁護士が良いの?司法書士が良いの?という疑問が浮かぶかもしれません。やっぱり法律家といえば、弁護士が一番強いのでは?というイメージがあるかもしれません。しかしながら闇金対応の結果に、弁護士でも司法書士でも結果に大きな違いはない傾向にあります。

複数社割引システムがある所も

複数の闇金に借金をしている場合、6社以降は費用が安くなるなど複数社で割引が適用されるところもあります。

闇金に強い士業家の場合安価で済む理由

①闇金に対しての返済が不要

そもそも違法に貸し付けられた借金については、返済義務がありません。闇金問題に強い方へ相談すると、それまでに支払ったお金以後は、一切返済しなくて大丈夫ですとアドバイスされる可能性があります。

相談した側としてはこの時点で、半分落ち着きを取り戻せたという位の心境に回復するかもしれません。ただ闇金問題で知識が乏しい弁護士に相談した場合、闇金側にいくらか支払う事態に導かれる可能性すらあります。

②相談は無料の場合もあります

司法書士の方の場合相談料は無料の場合が多いです。そして一般的に30分で5,000円かかると知られている弁護士の方の場合でも、闇金に強い弁護士の場合は無料という所もあります。

③要領が良いので素早く解決できる

闇金解決の経験を積んでいる士業家の方は、短時間で精度の高い解決戦術を練り上げ実行に移します。なるべく少ない手数で解決まで持っていけるので、案件を多くこなしていけます。よって、単価を高く設定せずに済むというわけです。

平均的に鑑みて安いのは司法書士

闇金に強い弁護士 司法書士
平均相場 1件につき4万円~6万円 1件につき3万円~5万円
着手金 要相談 不必要な場合が多い
相談料 要相談(無料の場合もあります) 無料の場合が多い

上記表のように、司法書士の方の方が安価で済む傾向があります。

費用ゼロを期待して警察へ相談しても即効性のある期待は難しいです

闇金の手法は非常に高圧的で、いかにも警察がすぐに対応してくれるのではというイメージをもつ方もいるかもしれません。そして警察なので、費用もゼロで済むのではと思いこむ方も少なくないかもしれません。

ただ闇金被害というのは、あくまで貸金業者と借り手によるトラブルで民事案件となります。警察というのは基本的に刑事事件に対して動くわけなので、闇金被害に対して届出が受理されても即刻・短時間で何らかの有効的なアクションを取ってもらえるのというのは期待し難いと思われます。

よって費用ゼロ円での解決というのも、難しいと予想されるというわけです。

すぐに費用を準備できない場合

すぐに数万円といった費用の工面が難しい場合、後払い・分割払いが可能なところもあります。やはり法外な高金利に納得できず大した額は返済していない時点で、司法書士・弁護士の方へ相談したという方もいらっしゃいます。このような方は、比較的費用を短時間で準備しやすいとも考えられます。

ただ渋々ながらも既に数万円・10万円・数十万円単位で支払ったという方にとっては、3万円(税別)~5万円(税別)といった程度の費用さえも工面するのが難しい状況という方もいらっしゃいます。士業家への相談・闇金への対処を諦めるといった事態を防げるように、費用の後払い・分割払いが可能というところもあります。

費用が高くなるのはどんな場合?

まず弁護士に相談する

闇金対策でまず弁護士に相談と、頭に浮かぶ方は少なくないと思われます。先ほども述べましたが、法律家で最強といったら弁護士というイメージがある傾向もあります。弁護士の先生は、手早く解決してくれそうという思い込みもあるかもしれません。ただ闇金解決に経験があまり多くはない弁護士の場合、手間暇がかかりかえって費用が高くなる場合すら予想されます。

裁判を起こしたい場合

取り立て電話などといった取り立て行為が一切なくなって一旦は解決という結果だけでは満足できず、何らかの制裁を課して相手闇金業者を法的に罰したいという場合は裁判を起こす必要があります。こうなると裁判費用が必要で、費用が高くなるのは理解が難しくないと思われます。

①弁護士の出番となる

裁判となると、弁護士の方へ相談・対処となってくる傾向があります。この事情が下記で説明されます。

②司法書士の方は対応範囲が限られる

闇金業者を相手の裁判となると、裁判の種類は刑事裁判となります。司法書士はその下の簡易裁判所の案件までしか、法定代理人になれないという制約が出てきます。

③弁護士の対応範囲は広いです

弁護士の方は裁判の種類を問わず、法定代理人を務められます。これは自身が出廷しなくても、弁護士が代理として出廷可能ということです。そして平日自分の業務を抱えている方も、裁判を起こしやすくなるともいえます。

④制裁といっても必ずしもお金が返ってくるというわけではない

闇金で裁判に勝てば、お金が戻ってくるのではというイメージがあるかもしれません。確かに裁判になれば闇金は確実に負け、闇金は裁判所より支払いを命ぜられます。ただ闇金側に支払い能力や財産がないと、難しい問題でもあります。

裁判所というのは国家機関です。闇金被害によって取られたお金に対しては国から何か一概に救済策があるのでは?というイメージがある方もいるかもしれません。ただ残念ながら、一概の救済策があるというわけではありません。

目的で費用が変わってくる弁護士と司法書士

お金を取り戻したいなら司法書士

①お金を取り戻せる確率ではありません

司法書士なら、お金をほぼ確実に取り戻せるというわけではありません。お金を取り戻せる確率は、弁護士と司法書士では五分五分の傾向にあります。これは該当闇金業者が登録された業者ではなく身元がはっきりしないので、逃げられる可能性が高いという事情もあります。

②手続きは司法書士・弁護士どちらでもできる

返還請求手続きは、司法書士・弁護士どちらでもできます。そして被害回復分配金制度でお金は分配されます。この被害回復分配金制度というのは闇金が使用している口座を凍結して、中に入っている預金を被害者で分配するという制度です。ただ分配されるお金の額は、口座の残額次第ということになります。ということは戻ってこない可能性もあれば、小額のみ戻ってくるという可能性もあります。

③ではなぜ司法書士なの

請求手続きなどといった士業業務の手数料が、弁護士より司法書士の方が安価で済む可能性が高いという事情があります。

裁判を起こすなら弁護士

先ほども述べましたが、裁判を起こすなら弁護士の方がおすすめとなります。司法書士の方に頼める部分は司法書士の方に、司法書士の方ができない部分は弁護士の方へという併用の方が安くつくのではと考える方もいるかもしれません。

ただこの方法では次の懸念が考えられます。

  • 手間暇が増える
  • 司法書士の方と弁護士の方が状況のすり合わせや打ち合わせで、かえって話が複雑になる
  • この方法・話の案件を受けて頂ける実力のある司法書士弁護士の方を探すのが大変

時間を優先するなら司法書士

とにかく少しでも早く取り立てを止めたい・平穏な生活を取り戻したいという場合は、司法書士の方がおすすめとなります。

①全国対応

全国対応で相談受付を行っているのが、弁護士と比較して司法書士の方が著しく見つけやすい傾向にあります。

②費用の面で検討しやすい

弁護士の方の場合、相談料・着手金が必要な場合があります。そして費用を総合的に分析して、司法書士の方の方が安価で済むのではというのは先ほども述べました。後払い・分割払いがあるのも気持ちが前向きになりやすいです。

命の危険を感じる出来事があった場合は弁護士

実際に暴力を振るわれた・身内が襲われたなどといった行動があれば、もはや闇金業者が行う範疇を超えています。こうなれば今後、刑事裁判ということが現実味を帯びてきますので、弁護士の方や警察の方への相談となります。

まとめ

以上闇金の相談費用ついて述べてきました。様々な話が展開されましたが、最も重要なポイントとして、早くリーズナブルな費用での解決を最優先するなら司法書士の方がおすすめという点です。ただここでいう解決とは、取り立て行為や諸連絡などが無くなり、平穏な生活が取り戻せる状況になるということを示すというのが留意点ということです。

裁判を起こして闇金を法的に罰したい・できれば幾らかお金を取り戻したい、などといった目的があれば話は別となってきます。闇金でお困りの方の状況やご希望を鑑み、各々の予算・目的に応じた相談先を選択して頂ければと考える次第でございます。