1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. 闇金利用で口座凍結される理由と対処方法

闇金利用で口座凍結される理由と対処方法

相談・解決

闇金業者から借り入れを行った方の中には、口座を凍結されてしまったという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、なぜ闇金業者を利用したからといって、口座を凍結されてしまうのでしょうか?

本記事では、闇金を利用したことで口座が凍結される理由と、口座凍結された場合どうなるかについて説明すると同時に、実際に口座を凍結された闇金被害者の実例をご紹介します。さらに、口座を凍結されないための対策と、口座を凍結されてしまった時の対処方法についても詳しく説明しますので、参考にしてください。

闇金を利用したことで口座が凍結される理由

身に覚えがないのに、突然銀行口座を凍結されてしまうケースがあります。それは、闇金を利用したせいかもしれません。以下では闇金利用から、口座凍結に至る理由について説明します。

口座凍結は不正利用が疑われる場合適用される

銀行口座が凍結される理由として、債務整理・相続・不正利用があります。思い当たる節がなく、突然口座凍結されてしまった方で、闇金からお金を借りていた・過去に借りたことがある場合は、不正利用を疑われたと考えられます。
闇金業者からお金を借りたからといって、必ずしも銀行口座の不正使用に当たるわけではありません。では、どのような場合に不正使用を疑われてしまうのでしょうか。

闇金業者の「客振り」が原因

通常、貸金業者は利用者からの申請に応じ、業者の口座から利用者の口座に貸付金を振り込みます。闇金業者も自分が管理している口座から貸付を行うのが通常ですが、時折、客から客へ振り込ませることもあります。これを「客振り」といいます。他の利用者に返済口座としてあなたの口座を指定することで、闇金業者は他の利用者の借入金の回収とあなたへの新規の貸し付けを同時に行うことができるわけです。

客振りされた場合、あなたが闇金業者から借入したつもりのお金は、実際には、他の利用者の返済金です。あなたの口座に返済を行った利用者からすると、あなたの口座は闇金業者の口座と思われてしまうことになります。あなたの口座に振り込みを行った利用者が、闇金被害を警察や法律の専門家に相談した場合、あなたの口座は犯罪利用口座として凍結されてしまう恐れがあります

口座凍結されたらどうなるのか

闇金利用から口座凍結されてしまう理由について説明しましたが、もし口座凍結されてしまった場合、どのようなことが起きるのでしょうか。以下では、口座凍結された場合、どのようなことになるのかを説明します。

同一名義の口座も凍結される

犯罪利用を疑われて口座凍結されてしまった場合、同一名義の他の口座も凍結されてしまうことがあります。つまり、あなたが所有している全ての金融機関の口座(同一名義であれば)が、使用できなくなる恐れがあるのです。

新規での口座開設ができなくなる

また、犯罪利用口座として凍結されてしまった場合、新規での口座開設ができなくなる可能性があります。これは実際に凍結された金融機関以外でも同様です。犯罪利用が疑われた口座について、預金保険機構へ公告を依頼し、情報を共有するためです。その結果、他行の口座が凍結される、新規の口座が開設できなくなるという事態になるわけです。

犯罪者の仲間と疑われるケースも

闇金からの借入金と思い、あなたが引き出したお金が実際は他の被害者のお金だったということになるわけですので、警察から犯罪者の仲間として疑いをかけられるケースもあります。実際、警察から取り調べを受けることになったという事例もあります。

闇金を利用したばっかりに、あらゆる銀行口座が使えなくなる、さらには警察から取り調べる受ける羽目になる危険性すらあるのです。

闇金利用で口座を凍結された被害者の実例

「闇金を利用しただけで口座が凍結されることなんて、本当にあるのだろうか?」と、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。大手Q&Aサイトには闇金を利用したせいで、口座凍結されてしまった被害者の実体験が多数掲載されています。以下では、そのうちの数例をご紹介します。

闇金を利用したせいか口座凍結されてしまった

2018年頃、闇金を利用したせいか口座凍結されてしまった方の実体験です。

「闇金からお金を借りていたせいか、口座を凍結されてしまったが、どうしたら良いか?」という質問に対し、回答者からは以下のような意見が寄せられていました。

  • 通常闇金を利用しただけでは口座凍結されることはない
  • 凍結されたのは闇金業者の一味とみなされた可能性がある
  • 法律の専門家に相談に行くべき

質問者は、ベストアンサーを参考に法律の専門家に相談するとコメントしていました。

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11194737561?__ysp=6ZeH6YeR44CA5Y%2Bj5bqn5YeN57WQ

口座凍結されると犯罪人?

2014年頃、口座を知らない間に凍結されていた方からの投稿です。

投稿者の方の口座が、いつの間にか凍結されていたそうです。凍結された原因は、「ヤミ金から借りようとしていたお金が、ヤミ金からではなく、他の債務者の返済金だったそうです」ということですので、いわゆる「客振り」だったようです。投稿者はそれを知らずに引き出してしまったそうです。

「この場合はやはり犯罪人になってしまうのでしょうか?」という質問者に対し、回答者からは、「逮捕されるかは不明だが、任意の事情聴取はされる可能性が高い」という意見が寄せられていました。

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12138926712?__ysp=6ZeH6YeR44CA5Y%2Bj5bqn5YeN57WQ

口座凍結され警察から闇金の仲間扱いを受けた

2013年頃、口座凍結されてしまい、警察に問い合わせをすると、闇金の仲間扱いされたという方の投稿です。

投稿者の方は、急に口座凍結されて銀行に問い合わせたところ、他県の警察から闇金の取引に使用されているため凍結指示があったといわれたそうです。銀行へ凍結指示を出した警察署を教えてもらい、電話で問い合わせたところ、一方的に闇金の仲間だと決めつけられ、「凍結解除は絶対にしない」「警察も暇じゃない、身の潔白は自分で証明しろ」等と、恫喝されたそうです
すでに闇金被害については地域の警察署に相談済みだったので、そちらへ出向き口座のキャッシュカードや明細を見せ、事情を説明しましたが、凍結指示を出したのは他県の警察署なのでこちらからは動けないといわれてしまったそうです。

他県の警察署の対応が闇金業者並みに恐ろしく、闇金を利用したことは自分が悪いことは分かっているが、犯罪者扱いされ悔しかった、という質問者に対し、回答者からは、以下のようなアドバイスが寄せられていました。

  • 身の潔白を証明しなければいけない
  • 法テラスに相談すると良い
  • 早く解決しなければ、新規の口座も開設できなくなる恐れがある

アドバイスを受け、法テラスに相談したという投稿者は「まだどうなるかは分からないが、身の潔白を証明出来たら、闇金とは縁を切ろうと思う」と、コメントしていました。

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14108952729?__ysp=6ZeH6YeR44CA5Y%2Bj5bqn5YeN57WQ

口座凍結を防ぐ方法

口座凍結をされることが一大事だということを説明しましたが、では口座凍結を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?
以下では口座凍結を防ぐ方法について説明します。

闇金業者からお金を借りない

最も有効な手段は、闇金業者を利用しないことです。闇金を利用することは、口座凍結以外にも様々なリスクを伴います。危険には近づかないことが一番です。

闇金業者に教えた口座は解約する

もし闇金業者や疑わしい相手に口座番号を教えてしまった場合は、該当口座を解約することをおすすめします。解約する前に、口座の取引履歴に自分で行った覚えがないお金の動きや、知らない名義から振り込み等がないか、必ず確認してください。

「客振り」の見分け方

前述した通り、闇金からお金を借りただけでは、口座を凍結されることはありません。前述したような手順で「客振り」が行われ、その口座へ振り込んだ闇金利用者が、被害者として警察や法律の専門家などに相談した場合、該当口座が凍結されることになります。

客振りが行われたかどうかの見分け方としては、以下の2点があります。

振り込み人名義がフルネームであるか

闇金業者は通常、フルネームではなく苗字のみで振り込みを行うことが多いです。聞き覚えのないフルネームで振り込まれている場合、客振りが疑われます。ただし、最近は手口が巧妙化されていて、闇金業者から返済する際の名義を闇金業者の名前で行うように指示されたという事例もあるので注意が必要です

入金確認の電話が闇金業者からかかってきたか

客振りの場合、闇金業者は返済(振り込み)がきちんと行われたかについて、知ることができません。そのため、入金されたかどうかの確認をする必要があります。闇金業者から借入を行った時、着金したかどうかの確認の電話がかかってきた場合は、客振りの可能性が疑われます

客振りが疑われた場合は、速やかに口座の解約手続きを行うと同時に、消費者センターや貸金業相談・紛争解決センター、法律の専門家などの窓口へ相談することをおすすめします。

口座凍結された時の対処方法

口座を凍結されてしまった場合は、どのようにすれば解除してもらうことができるのでしょうか?
以下では、口座凍結された時の対処方法について説明します。

自動引落しがある場合は変更する

クレジットカードや公共料金などの引き落とし口座となっている場合、引き落としができなくなってしまうため、速やかに変更手続きを行いしましょう。

接口座凍結解除を依頼する

口座凍結された銀行へ、どこから凍結要請が出されたかについて問い合わせ、該当の警察署、もしくは法律の専門家の元へ、直接口座凍結解除を依頼するという方法があります。その際は、明細書や通帳など、闇金業者との取引の経緯が書類を持参しましょう。身の潔白を証明できれば、凍結を解除してもらうことが可能です。

法律の専門家に相談する

ただし、前章で紹介した実例の3番目の方のように、連絡した警察署から高圧的な態度を取られた場合や、自分一人で身の潔白を張らせるは不安という方は、まずは法律の専門家に相談することをおすすめします。法律の専門家に依頼することで、スムーズに口座凍結を解除してもらうことが可能となります。

まとめ

今回は、闇金を利用したことで口座凍結される理由と口座凍結されたらどうなるかを説明、口座凍結された実例をご紹介すると同時に、口座凍結を回避する方法と闇金利用から口座凍結されてしまった場合の対処方法について説明しました。

口座凍結されたまま放置してしまった場合、他行の同一名義である口座も凍結されてしまう、新規の口座をどこにも作れなくなってしまうといった事態に発展しかねません。そうなってしまってから、口座解除に向けて動いても、しばらくの期間、あらゆる銀行口座が使用できず、大変不便な思いをすることになってしまいます。そうならないためにも、闇金業者を利用するなど、リスクの高いことは避けるようにしましょう。

もし闇金業者を利用してしまい、口座が凍結されてしまった・されてしまうかもしれない恐れがある場合は、お早めに、警察か、闇金業者への対応実績の豊富な法律の専門家に相談することをおすすめします
我々ジェネシスは、借金問題に詳しい司法書士と元警察官がタッグを組んで、闇金トラブルを解決する司法書士事務所です。年中無休で迅速に対応しますので、闇金利用から口座凍結されてしまったという方も、一人で悩まずにぜひお気軽にご相談ください。