1. 司法書士法人ジェネシス
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. 親切な対応が特徴のソフト闇金融の内容・実態を相談先も併せて解説

親切な対応が特徴のソフト闇金融の内容・実態を相談先も併せて解説

相談・解決

改正賃金法が施行されてから、お金の貸し借りというのが以前と比べてし難くなってきている傾向があります。個人事業主の方などは、今までは融資を受けられていた消費者金融からの審査も厳しくなり四苦八苦する場合がみられます。

このような状況でもどうしても資金の調達が必要な方は、貸してくれるところを探すと闇金へとたどり着くわけです。ただ闇金というのはとても恐いというイメージが強いので、断念する場合が少なくありません。

こういった現象がある一方で、昨今ソフト闇金融という業者が増えてきています。ソフト闇金融とは、従来の闇金融より優しい金融業者です。とはいっても行政へ賃金業としての登録を行っておらず、年40%~80%という違法な高金利で貸し付けを行う業者もあるほどです。返済が遅れると厳しい取り立てがあり、困る方がいらっしゃいます。

そこで今回はこのソフト闇金融につきまして、多重債務で困ったときの窓口にも触れながら解説します。

ソフト闇金融とは?

基本的な特徴

まずソフト闇金融の特徴を簡潔に挙げます。

  • 優しい対応
  • 利息などの期日に間に合いそうになければ、少しは融通をきかせてくれる
  • 脅迫めいたような請求といった、厳しい取り立てが基本的にない

融資対象

  • ブラックリストに掲載されている方
  • 総量規制を超えている方
  • 自己破産した方

※総量規制とは:年収の3分の1以上のお金を貸金業者から借りることができないことが定められた貸金業法

ソフト闇金融の実態

ソフト闇金の年利

※法律での上限金利は20%

  • CMでみられる大手消費者金融は最大年利18%を相場としています
  • 傾向としてのソフト闇金の金利:20%~30%(一般的な闇金は30%~50%)

仮に10日間で利息25%とします。

25%×365日/10日間=912.5%

なんと年利「912.5%」となります。

返済がなされないと態度急変

一般的な闇金と比べて優しい対応と上記に記してありますが、あまりに返済がなされないと厳しい取り立てになる業者も少なくありません。下記のような状況も起こり得ます。

①様々な所へ電話
  • 家族はもちろん仕事先にも電話するという脅しをかける
  • 実際に家族や仕事先に電話する
②別のソフト闇金からの借金を求められる

自分の所の返済のために、紹介する別のソフト闇金からお金を借りるよう迫ってくるのです。

ソフト闇金の巧妙な手口

次に記すソフト闇金の巧みな手法もあります。

①金融業者の範囲を超えた表面的な親切心

お金を貸すことに対して親切に対応するのはもちろん、中には「就職先を紹介しますよ」といったほどの貸金業者としてはありえないような言葉も示すわけです。融資を申請する側としては、「一般的なまともな消費者金融すらもそんな言葉は選んでくれないのに」といった気持にもなり得ます。

ただこれは融資希望者との間に良い関係を築きたいという、ソフト闇金側の裏の目的があるのです。無事にお金を借りられた方は、ソフト闇金側から別の融資希望者の紹介も誘発されます。

ソフト闇金側の狙い通り、同様にお金で困っている知り合いにこちらのソフト闇金を紹介することがあります。紹介された方も、「~さんも借りているのなら」と借金申請・お金調達となる場合があります。

こうなるとソフト闇金業者からみれば、互いに知り合いのお客様のグループができる・長期的に利息払いによる入金があるという大変好都合の状況ができるわけです。

②押し貸し

以前融資したことがある・ネット上の巧みな手法で口座番号と名前電話番号住所などを入手したなどの事情で、身元が判明している口座情報をソフト闇金側が保持している場合があり得ます。

ここでソフト闇金側が何の融資申請・融資希望連絡もないのに、一方的に強引にお金を振り込んでくるのです。そしてソフト闇金業者が口座の持ち主に連絡をし、利息の返済を求めるわけです。口座の持ち主は、ソフト闇金業者からの連絡・口座の残額確認で初めてこの事実を認識します。押し貸しと呼ばれる方法です。

ただ借金をしたという認識が全くないというのは想像するに難しくありませんし、落ち度もありません。

なぜ存在し続けるのか

お金があればソフト闇金になるのは難しくない

何か難しい国家資格といったような資格や難しい知識などが無くても、融資する現金さえあればソフト闇金業者として商いができます。

生まれ変われる

警察や専門家などの摘発で、消えた闇金業者もいます。ただ店舗変更・社名変更・スタッフ変更・手口変更などの手段で、新たなソフト闇金が生まれます。

需要がある

多重債務者である・一般的な消費者金融で審査が通らないなどといった事情で、違法なソフト闇金融からお金を調達せざるを得ない方がいるという需要があるのです。全うに生きている方からみると理解できない感覚ですが、実際にこのような状況があるのです。

ソフト闇金融に頼る前に考えること

生活福祉資金貸付制度の検討

各々の自治体に、社会福祉協議会という民間の非営利法人があります。生活福祉資金貸付制度とはこちらの社会福祉協議会によって、低所得者・障害者・高齢者に対し経済的な部分を支えるために用意された制度のことです。

大まかには経済的に生活で困っている方々が自立して生活できるようになるまでの間、資金を無利息・低金利で貸し付けてくれます。借り入れる際には原則として連帯保証人が必要で、連帯保証人を頼める場合には無利息となります。ただ連帯保証人を用意できない方が少なくありませんので、連帯保証人を用意できない場合でも借り入れの申し込みができるようになっています。

無利息とならなかった場合の金利は、年1.5%ととても良心的でまさに生活で困っている方を救うための制度といえます。ただこの制度はあくまでやむを得ない事情により困難な状況になってしまった方を対象とした制度で、自己責任で借り入れたお金の返済にあてられるためのものではありません。

経済補助実行の前に今の生活環境のチェック・親せきなど頼れる人がいないか確認し、本当にやむを得ない状況と判断される必要があります。

配偶者貸し付けは利用できないか否か

主婦が借り入れをする目的が生活費や教育費などの補填の場合、借り入れができないと困ることがあります。このような場合を考慮して、「配偶者貸付け」という制度があります。

配偶者貸付けとは、配偶者と自分の収入を合算した金額の3分の1まで認めるという制度です。例えば夫の年収が300万円・妻の年収が60万円のケースで考えてみます。この場合妻個人で申し込みをすれば、20万円までしか借り入れをできません。

ただ配偶者貸付けを利用すると、夫と妻の年収の合算360万円の3分の1である120万円まで借り入れ可能という基本的な計算となります。留意点として夫婦双方に借り入れがない場合の上限額で、夫や妻が他から借り入れをしていればその分減額されます。

SMBCモビットの審査に落ちても諦めるのは早い

SMBCモビットの審査が緩いと、巷でうわさされる場合もあるようです。この説をうのみにして、SMBCモビットの審査に通らなかったから他もダメだろうと思い込むのは時期尚早といえるかもしれません。SMBCモビットの審査に通らなかったからといって、他もダメであるという確証はないわけです。

ソフト闇金融に困ったらまずは弁護士・司法書士の方へ相談

最初は親切な感じで良いなと思ったけどやっぱり返済額が高くて困るとなった時などは、家族・会社・そのほか関係者などにある程度明るみになるのは覚悟で弁護士・司法書士の方へ相談です。そもそもソフト闇金融から違法に貸し付けられたお金には、返済義務がありません。傷が浅くて広くないうちに措置を取りたいものです。

多重債務で困ったときの窓口

司法書士(代表する機関の一つ:日本司法書士会連合会)

全国レベルで、なるべく早くソフト闇金融に対するアクションを取ってくれる専門家が見つかりやすいです。相談料無料・着手金ゼロの所が多いのも特徴的です。

弁護士(代表する機関の一つ:日本弁護士連合会)

対象のソフト闇金融による取り立て地獄から脱するだけでなく、法的に何らかの罰則対処を施したいという場合は弁護士の方へ相談となります。一般的に相談料30分5,000円(無料の所もあります)、着手金もかかる場合が多いというように費用が高くつくのが予想されます。

国民生活センター(消費生活センターなど)

商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情や問い合わせなど、消費者からの相談を専門とする相談員が受け付けます。そして、公正な立場で対応・処理にあたっています。誰もがアクセスしやすい相談窓口と考えられるようにとも意図されています。

司法書士の方・弁護士の方に相談すべきなのはわかっているけれど、何となくいきなり自分で司法書士の方・弁護士の方に相談するのは気が引けるという方にはまずこちらへの相談もおすすめといえます。土日祝日で都道府県や市町村の消費生活センターが開いていない場合、電話188(局番なし)での相談受付もあります。

まとめ

以上ソフト闇金の内容・実態ついて述べてきました。様々な話が展開されましたが、ポイントの一つとして、最初は対応方法が闇金とは思えないほど親切という点です。ただ最初は親切でも闇金は闇金、基本的には利用者から長期的に法外な金利の利息を搾取して不当に儲けようと考えている業者なのです。

確かにお金を借りたということそのものだけを考えると、利息・元本の返済は人間としての道理のようにも思えます。ただ不当な要求にこたえ、極端な場合利用者の方の人生をつぶしてまで返済に努める必要まではないのではないでしょうか。

そしてできればいろいろな費用調達方法を検討・努力して、ソフト闇金融には決して頼らないという選択がベストといえます。ソフト闇金への申請を検討中の皆様・周りにソフト闇金を利用しようとしている方がいる皆様、どうか理性的な考え・判断によってなるべく穏便な費用調達方法を選択してください。