1. 司法書士法人ジェネシス
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. 1秒でも早く解決できる闇金への相談方法と事例をあわせて紹介

1秒でも早く解決できる闇金への相談方法と事例をあわせて紹介

相談・解決

近年事業のための資金調達難・諸々経費調達難で、ついつい闇金に頼る方が少なくありません。順調に返済ができればよいですが、違法な金利の場合が度々あり返済に行き詰まるケースが見られます。

そして、非常に高圧的な返済催促方法で困窮する方もいます。また1か所の返済のためにさらなら借金を重ねるという方までいます。

このような方々にはたった1人で悩み、借金と酷い返済催促から解放されるために人生を投げ出す・命を投げ出すことまで考える方もいます。ただ闇金による悩みの解決方法はあります。

そこで今回はこの闇金相談方法につきまして、相談先を探す際のポイントにも触れながら解説します。

警察はなかなか動けない

民事不介入

闇金によるトラブルは、一見いかにも警察が対応しそうな凶悪事件のように思われます。ただ闇金トラブルは、あくまで貸金業者と借りた側によるもめごとというトラブルで民事案件となります。警察は基本的に、事件性がある刑事事件に介入します。よって民事不介入により、警察はなかなか民事である闇金トラブルには即刻直接対応し難い傾向があります。ただ過去に全く対応例がないというわけではありません。

証拠がないと動き難い

仮に被害届を出して受理されても、証拠がないと警察は動きがたい傾向があります。体にけがを負わされたなど証拠があれば、傷害罪として刑事事件に発展しまだ警察も動きやすくはなります。

警察に相談して状況が悪化する場合も

警察によっては警告や注意をしてくれる場合があるかもしれません。ただこのことがきっかけで貸金業者側が逆上し、さらなる嫌がらせに発展しかねず状況が悪化する可能性すらあります。

注意!自分で対応してはいけないこと

携帯電話を契約して業者に譲渡する

融資希望者の信用度を計るために、新しい携帯電話を契約して電話そのものは当方(貸金業者)へ譲渡するようになどといった旨を指示されても従ってはいけません。仮にこのことと引き換えに返済内容を緩和するからなど、といった旨を提案してきたとします。

もしこの提案が話通りに進んだとしても、携帯電話不正防止法違反に融資希望者自身が加担したとします。そうなると、知らず知らずのうちに法律違反を犯してしまう可能性すらあります。

銀行口座の譲渡・売却

「今回は利息の支払いを半額に負けるから」などといった口実をつけて、銀行口座の譲渡や売却を求めてきても応じてはいけません。もし応じると犯罪収益移転防止法違反で、気付かないうちに犯罪に手を染めてしまう可能性があります。

そして仮に譲渡・売却が発覚した場合、既にある銀行口座も強制解約・一生新しい口座を作れなく可能性すらあるといった事態に至りかねません。

家族・友人・知人に関する個人情報を伝える

高圧的な言い方で法律の難しい専門用語や言い回しを使い、家族・友人・知人の個人情報を教えるよう求めてきても応じてはいけません。業者から家族・友人・知人本人に連絡がいくのはもちろん、状況次第ではさらにその家族・友人・知人・勤め先にまで連絡がいってしまうという懸念すら生じえます。

電話に出ない・着信拒否をする

電話がつながらなければ取り立てを諦めるのかといいますと、むしろ逆であの手この手で他の連絡先を入手する可能性すらあります。そして借金とは無関係のところへ、嫌がらせ電話がいくことも考えられます。

自力のみで交渉しようとする

自分は法学部出身だ・自分はある程度法律を勉強したことがあってある程度の交渉経験もある、ということで自力にて交渉を試みようとする方もいます。ただ相手もそれなりに法律を勉強している、闇金としてのプロです。

やはり弁護士・司法書士といった正式なプロに依頼するのが、適切ではと予想されます。

相続先を探す際のポイント

即日対応してくれるところ

闇金からの催促に悩んでいる方が最も希望することの一つに、一気に根本解決まではならずともなるべく早く何らかの対応が欲しい・催促が緩和されて欲しいといったようなことです。

仮にその場で闇金業者に電話しても、一歩目の対応に時間がかかるとします。こうなると闇金業者は「この法律家は経験がそう多くなく、こちらにまだぶはあるな」となめられ、解決が遠のいてしまう可能性すらあります。

その場で何らかの対応をしてくれる・その日のうちに何かアクションを起こしてくれる・対処方針を示してくれるなどといった相談先がおすすめといえます。

弁護士という肩書のみを信じ込まない

素人から見ると弁護士さんというのは、最強の法律家とイメージする方が少なくありません。ただ闇金の案件というのは、交渉が他の案件と比べて難しくその割にそう大きく儲けられるというわけではない業務の傾向もあります。

闇金解決の実績がありながらも、この方は弁護士資格がないからあまり頼りにならなさそうだなと自分のイメージのみで決めつけるのは避けておきたいところです。

司法書士は相談料無料

弁護士の場合相談だけで30分5,000円という、安いとは言い難い費用が掛かってきます。司法書士なら相談料は無料です。

闇金の和解案に同意してはどうかと提案する弁護士は要注意

闇金業者の中には、違法な業者が多い傾向にあります。そもそも違法に貸し付けられたお金には、法的に返済義務がありません。にもかかわらず「元本だけで良いですよ」という闇金の和解案に同意してはどうかと提案する弁護士は、避けておいた方が良いのではとも思われます。

解決まで一緒に戦ってくれること

当たり前といえば当たり前かもしれませんが、綿密な作戦を作って100%解決まで一緒に戦ってくれるという点は不可欠といえます。

予め費用を明確に示す

解決してほっとした時点で、予想を超える報酬を請求されるのは困ります。初期の時点で費用を定めておくのも重要です。

よくある相談内容

闇金業者とは知らずに借金

闇金業者とは知らずに借金をしてしまったが、どのように対処すれば良いのですか?といった旨の内容です。

とにかくなるべく早く、司法書士・弁護士などといった専門家に相談することが大切です。上記でも述べていますが法外な異常高金利の貸し付けは、貸付行為それ自体が法律上無効となります。借り入れたお金そのもの(元本)さえ、一切の返済必要性がありません。

ただ闇金への返済が滞ると本人や自宅はもちろん、勤務先など様々な場所へ執拗な連絡がいくようになります。自力での対応は非常に困難だと予想されます。傷が広く深くならないためにも、一度専門家への連絡・問い合わせがおすすめといえます。

闇金という証拠を示せ、借りた金を返すのは人間として筋だろうといわれる

依頼者が言っていること自体でも立派な証拠になりえます。どうしても諦めずに返済を求めるのなら、裁判を起こしてくださいと返答がなされます。仮に裁判所が支払うようにと命じれば、支払いを検討しますとも伝えられます。

司法側にある裁判所が、違法である闇金側の要求が正しいと判決を決める可能性は極めて低いと予想されます。そして手間がかかる・負けるリスクがある・話次第では警察が関係してくる可能性がある裁判を、闇金側が起こしてくるのは予想し難いです。

追い込みをかけることも辞さないといわれました

本当に取り立てにきて「帰ってくれ」といっても帰らなければ、警察を呼ぶように伝えます。この状況は、刑法上の不退去罪となりますから、警察が対応できる段階へと進むわけです。

プラスアルファの対応も

支払ったお金を取り戻す

相談した側としては取り立ての連絡・高圧的な要求がおさまるといった時点で、一安心となる方もいます。ただ既に支払ったお金に関しては勉強料だったと無理やり言い聞かせ、諦めようと考える方が少なくありません。

しかしながら闇金に返済した金額については、全額返還を求められます。判例上、被害者の方が支払った額は全て返還するのが認められています。ただ実際に返還に応じさせることは、容易ではありません。相談先によっては、粘り強く交渉してくれます。

さらなる債権整理アドバイスも

相談者に闇金以外からも諸事情により借入金がある場合、この借入金についても以下の対応方法がアドバイス・手助けされる場合も予想されます。

  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 民事再生
  • 自己破産

債務整理も借金から解放される、有効な方法の一つです。

しつこい嫌がらせへの措置も

借入金そのものへの取り立て連絡などは解決しても、電話番号などの個人情報は闇金側へある以上他の嫌がらせといった被害が生じ続ける可能性があります。この他の嫌がらせに対して、さらなる対応を取ってくれる場合もあり得ます。

まとめ

以上闇金の相談方法ついて述べてきました。様々な話が展開されましたが、特に重要なことは以下4つの事柄ではないかと思われます。

  • 家族などに知られるのは覚悟でなるべく早く専門家に相談する
  • 闇金から借りたお金には返済義務がない
  • 高圧的なものの言い方や執拗な連絡はあっても、闇金は法律や司法の場には弱い傾向がある
  • 話や状況次第では警察も介入できる

早い場合専門家の方がその場で電話し、その日に解決できるという場合すら望めます。後ろに反社会的勢力組織がついていればさらなる危険性があるのではといった懸念があるかもしれませんが、専門家による熟練した対抗措置が有効的といえます。

勇気ある対応で一日も早く、元の平穏な生活を取り戻してください。