1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 闇金の手口
  4. 闇金と知らずに借りてしまった時の対処方法について解説

闇金と知らずに借りてしまった時の対処方法について解説

闇金の手口

「闇金と知らずにお金を借りてしまった」
「申し込んでから闇金だと気付いた」

闇金業者の中には、一見、正規の貸金業者のように見せかけている業者も存在します。そのため、闇金業者だと知らずに利用してしまったという方も少なくありません。

本記事では、闇金業者だと気付かせずに利用させる闇金業者の手口と、闇金業者の特徴と見分けるポイントについて説明すると同時に、実際に知らずに闇金を利用してしまった実例をご紹介します。また、闇金業者への対処方法についても詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

気付かせずに借りさせる闇金の手口

借入や申込み後に、その業者が闇金だったと知ったという例は、実際に少なくありません。しかし、なぜ闇金だと気付かずに利用してしまうのでしょうか?

「闇金」とはどこにも書かれていない

闇金業者の中には、自ら「ソフト闇金」などと謳い、端から闇金であること自体を隠していない業者も存在します。しかし、そういった一部の例外を除き、ほとんどの業者が、自らが闇金であることを明記していません

書いていないから気付かなかったというのは、少し苦しい言い訳にも聞こえますが、金策で頭がいっぱいになっていて、リストアップされた貸金業者の中に闇金業者が紛れ込んでいるかもしれないということに思い至ることができなければ、闇金業者だと気づかずに利用してしまうこともあるかもしれません。

何故なら、そのくらい最近の闇金業者は、正規の貸金業者と見分けが付きにくいのです。

整然した公式サイト

最近の闇金業者の中には、大手の貸金業者と見紛うような整然とした作りで、内容も充実しているように見える公式サイトを持っている業者も存在します。また、そうしたサイトは、大手の検索システムで上位の方に表示されることすらあるといいます。

いつも使用している検索エンジンで検索して表示されたのが、きちんとした見た目のサイトだったとしたら、闇金業者のサイトだと気付かなくても不思議はありません

正規の貸金業者と混同させる

闇金業者は、実在する貸金業者に似せた社名を掲げている場合もあります。例えば、株式会社〇〇〇、という名前の業者が実在するとして、闇金業者は〇〇〇(株)と名乗っているというような事例もありました。

これでは、「聞いたことがある会社だから大丈夫」「人に聞いたらちゃんとした貸金業者だといわれた」と、安心して申し込んだ所が闇金業者だったということになりかねません。

丁寧で親身な対応

最近の闇金業者は、従来の闇金のイメージとは異なり、電話口やメールでの対応はあくまでも丁寧かつ親切です。問い合わせ時の対応が感じよく、親身に相談に乗ってくれたから信用してしまったというケースもよく聞かれます

しかし、この親切で丁寧な対応は、あくまで借りさせるための闇金業者の手口であり、本当の姿ではありません。借りる時は感じよくにこやかだった業者も、取り立てに来る時は、従来の闇金のイメージそのままの恐ろしさで恫喝してくるのです。

闇金業者の特徴と見分けるポイント

前章では、闇金業者と正規の貸金業者の見分けが付かないことがあるということについて説明しました。では、正規の貸金業者とは異なる闇金業者の特徴や、見分けるポイントなどはあるのでしょうか?

法定金利以上の利率

闇金業者と正規の貸金業者の大きな違いとして、金利が挙げられます。
利息の上限は、利息制限法により以下のとおりに定められています。

  • 元本が10万円以下 年20%
  • 元本が10万以上~100万円以下 年18%
  • 元本が100万円以上 年15%

これ以上の金利を設定している貸金業者は、基本的に全て違法業者と考えて良いでしょう

固定電話番号の記載がない

貸金業登録をするには、固定電話が必須です。

正規の貸金業者の公式サイトには必ず目立つところに、連絡先の電話番号が記載されています。電話番号がサイト上に見当たらない、もしくは携帯電話番号だという場合は、闇金業者の疑いが高いといえます

また、通常080-1234-5678という表記するところを、08-0123-5678や、0801-234-5678のように記述して、固定電話のように装っているケースがあります。現在、日本で使用されている固定電話番号は基本的に10桁で、11桁は携帯電話番号ですので、間違わないようにしましょう。

検索で調べる

サーチエンジンで調べることは、一部が同じ名前というだけで引っかかってしまい、誤解をしてしまうこともあるためあまりお勧めできません。

その貸金業者が闇金なのか判別したい場合には、以下の検索を使用することをおすすめします。

金融庁 登録貸金業者情報検索入力ページ

日本貸金業協会 ヤミ金(悪質業者)の検索

検索時には、必ず2項目以上、正確に入力するようにしましょう。

闇金業者は貸金業登録をしていませんが、でたらめな貸金業登録番号を掲げていることがあります。上記のサイトで検索することで、本当に登録業者かを判別することができますので、貸金業者を利用する際には一度検索してみることをおすすめします。

知らずに闇金を利用してしまった実例

闇金業者と知らずに借りさせてしまう闇金の手口について上述しましたが、しかし、「本当に、知らずに闇金を利用してしまうことなどあるのだろうか?」と、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

大手Q&Aサイトには、実際に闇金業者と知らずに利用してしまった事例が、複数掲載されています。以下では、その中から数例をご紹介します。

知らずに闇金に申し込んでしまった

2020年4月頃、知らずに闇金に申し込んでしまったという方の投稿です。

投稿者は、先日、お金に困り、闇金と知らずに借入を申し込んでしまったそうです。後日、その業者が闇金と気付いたそうですが、申込時に職場の連絡先(市役所勤務だそうです)まで書いてしまったため、「断ると、職場に連絡が来るのではないか」と、不安を訴えていました。

こちらの質問には、複数の回答が寄せられており、「断れば連絡は来ないだろう」「職場に電話が来ないとも限らないので、上司に相談しておくべき」と、回答者の中でも見解が分かれていました。

市役所という職場へ闇金業者が連絡をしてくるか否かは未知数ですが、早急に断りを入れて、念のため上司に相談しておくことが望ましいでしょう。

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11223820526?__ysp=6ZeH6YeR44CA55%2Bl44KJ44Ga44Gr

途中で闇金と気付きキャンセルしようとしたが拒否された

2016年頃、闇金と気付きキャンセルしようとしたが拒否されたという方の投稿です。

投稿者は、闇金と知らずに電話で申し込みをしたものの、途中で怪しさを感じ、「やっぱり止めます」と、断ろうとしたのですが、「もう口座に振り込んだので無理」と断られてしまったそうです。また、勤務先などの個人情報を教えてしまっていたため、すでに電話が会社にかかって来るようになってしまい、「これ以上の嫌がらせをされたら怖い」と、困っている様子でした。

回答者からは、「すぐに法律の専門家に相談するべき。会社には事情を話して相手にしないようにしてもらい、携帯への着信は拒否した方が良い」という、大変具体的なアドバイスが寄せられており、こちらがベストアンサーに選ばれていました。

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11155479681?__ysp=6ZeH6YeR44CA55%2Bl44KJ44Ga44Gr

闇金業者への対処方法

上述してきたように、闇金業者と知らずに利用してしまうことは、決して珍しいケースではありません。では、闇金業者と知らずに借りてしまった時、どのように対処をすれば良いのでしょうか?
以下では、闇金業者への対処方法について詳しく説明します。

業者との連絡を絶つ

誤って闇金業者を利用してしまった場合、ひとまず、携帯の着信を拒否する等、闇金業者との連絡手段を断ってしまうことをおすすめします。
闇金業者は電話で、こちらの動揺を誘うような脅し文句を口にします。それに乗せられてしまっては、闇金業者の思うつぼです。そうならないためにも、連絡手段は断った方が良いのです。

闇金業者は余計な手間を割くことを嫌いますので、借入金が振り込まれる前など初期の段階の場合は、連絡が取れなくなるだけで諦めてくれることもあります

しかし、後日、すっかり忘れた頃に再び連絡が来る可能性もありますので、可能であれば携帯電話の番号自体を変更することをおすすめします。また、勝手に振り込んで来て返済を迫る、いわゆる押し貸しの被害に遭う危険性もあるため、闇金業者に教えた口座は解約するか、口座番号を変更した方が良いでしょう。

法律の専門家に相談する

取り立てや嫌がらせ行為を受けている等、すでに闇金業者とトラブルになってしまっている場合は、早急に法律の専門家に相談することをおすすめします

闇金業者は、自分たちが行っている行為が違法であることを承知しているため、法律の専門家の介入を嫌います。法律の専門家の介入を知った時点で、手を引く闇金業者も多いといわれています。

ただし、法律の専門家にとって闇金対応は専門性が高い分野といわれています。不慣れな法律家に交渉を任せると、余計話がこじれてしまう能性もあるので、なるべく闇金対応の実績が豊富な専門家に依頼するようにしましょう。

警察に相談した方が良いケース

闇金問題は基本的には民事扱いのため、警察に相談したとしても、解決に向けて積極的に働きかけてくれるようなことはあまり期待できません。

ただし、闇金業者に直接暴力を振るわれた、脅迫され身の危険を感じているというような場合は、何かあった時のためにも、警察に相談して被害届を作成しておくことをおすすめします。その際は、できる限り具体的な証拠(怪我の診断書・音声の録音等)を用意しておくと良いでしょう。

まとめ

今回は、付かせずに借りさせる闇金業者の手口、闇金業者の特徴と見分けるポイント、実際に知らずに闇金を利用してしまった実例、闇金業者への対処方法等について説明しました。

闇金業者の手口は日々巧妙化しており、一見しただけでは、正規の貸金業者と区別がつかないような業者も存在します。お金を借りる時は、すぐに飛びつかないで、その業者が闇金でないことをよく確認してから申し込むようにしましょう
もし闇金業者を間違えて利用してしまいトラブルになってしまった場合は、速やかに法律の専門家に相談することをおすすめします。

我々ジェネシスは、借金問題に詳しい司法書士と元警察官がタッグを組んで、闇金トラブルを解決する司法書士事務所です。相談は無料で、着手金については後払い・分割払いにも対応しています。知らずに闇金から借りてしまい困っているという方は、一人で悩まずにぜひお気軽にご相談ください。