1. 司法書士法人ジェネシス
  2. コラム
  3. 闇金の手口
  4. 整理屋とは何か?悪質な手口や被害例、詐欺から身を守る方法を解説

整理屋とは何か?悪質な手口や被害例、詐欺から身を守る方法を解説

闇金の手口

「借金を少しでも減らしたいけど、債務整理はお金がかかる」
「整理屋が本当に自分の借金問題を解決してくれるのか気になる」

余裕がなくて借金を返済するのが難しい人を集客して、お金をだまし取るのが整理屋です。違法な業者である整理屋は利用者の借金を整理せず、むしろ負債を増やしていくのが特徴といえます。

この記事では整理屋の悪質な手口や被害例、詐欺被害を防ぐ方法について解説します。

整理屋とは

銀行や消費者金融から借金した人が返済額を減らす方法として債務整理があります。

弁護士・司法書士に依頼することで合法的に借金を減らせて、金銭的な余裕を取り戻せるのがメリットです。

これに対して、債務整理したい人を集めて、実際にはお金をだまし取るのが整理屋です。

悪意をもった弁護士や闇金などが債務整理を引き受けて、依頼者から理由をつけて返済金や手数料を徴収します。

違法な業者による債務整理では返済額を減らすことができず、むしろ依頼者の負担が増えてしまいます。どのようにして整理屋が詐欺を働くのか、悪質な手口を詳しく見てみましょう。

借金に悩む人を集客

借金で生活が苦しい人を集客するために、整理屋はポスティングやインターネットを活用します。

次のような謳い文句で依頼者を呼び寄せて、お金を搾取できる機会を得ていくのです。

  • ○○弁護士があなたの借金をすぐに解決!
  • 滞納・破産でブラックリストになってしまった人でもOK
  • 増えすぎた借金をおまとめして、毎月の返済を楽にします

また、「借金相談所」「国民負債相談センター」といった名称を用いて、信頼できる機関であることをアピールする場合もあります。

信頼しやすい名前であれば、依頼者が申し込むハードルが低くなるためです。

実際に提携弁護士がいたとしても、その業者が合法的に活動しているとは限りません。違法業者は相手を信頼させるために、偽の情報でだましてくるため注意しましょう。

返済金や手数料を要求

上記で紹介した方法により依頼する人が現れたら、整理屋はさまざまな方法により依頼者からお金をだまし取ろうとします。次のようなセリフで整理屋は依頼者に支払を要求してきます。

「お客様は毎月20万円返済していますが、こちらに10万円振り込めば代行で返済しますよ」
「こちらで提携している弁護士を紹介するため、紹介料を支払ってほしい」

このような言葉で依頼者にお金を振り込ませて、違法業者は利益を増やしていきます。

実際には代行で返済したり弁護士を紹介したりすることはほとんどなく、だました後は依頼者との関係を切るのが整理屋の手法です。

依頼者の借金を膨らませる

一部の整理屋では、依頼者からお金をさらに搾取するために、依頼者の借金を膨らませるパターンもあります。

例えば「借金を代行で返済しますよ」と勧誘して、整理屋が実際に借金を返済するパターンです。

ただし、整理屋は受け取ったお金をすべて返済するのではなく、なるべく少ない金額を毎月返済します。利息額や最低返済額だけ代行で返済して、残った分は整理屋の利益となるのです。

整理屋が毎月返済することで取立てや催促を防ぐため、依頼者は搾取されていることに気づきません。

そして返済額があまり減っていないことに依頼者が気づいたとき、整理屋は連絡を取れなくして関係を絶ちます。

整理屋から勧誘を受けた例

インターネット上の質問サイトを通して、整理屋が借金に悩む人を勧誘する場合もあります。

例えば「主人が借金を増やしていて不安」という質問に対して、業者が勧誘する事例がありました。

相談者は夫が金融機関に毎月6万円を返済しているのを知り、借金の総額を知るために質問サイトで相談したところ、「お悩み解決広場で相談してみてください」という回答がつきます。

知識のある他の回答者が、その回答をしたのは整理屋であると指摘したため、相談者は悪徳業者にだまされずに済みました。

もし指摘してくれる回答者がいなかったら、借金を解決するために相談者が整理屋に連絡してしまったかもしれません。

参考:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1145584916?__ysp=5pW055CG5bGL44CA6KmQ5qy6

借金で注意すべき悪徳業者

「整理屋以外にも悪徳業者がいないか不安」と思った人もいるでしょう。整理屋は闇金融の一種であり、あなたが注意すべき悪徳業者は他にも複数存在します。

借金を検討している人が注意すべき悪徳業者は次の3つです。

  1. 紹介屋
  2. クレジットカードの現金化
  3. (ソフト)闇金

それぞれの違法な業者について特徴を解説します。

紹介屋

収入や信用などの理由で借金するのが難しい人を集客して、融資先を紹介するのが紹介屋です。「審査なしで融資OK」「ブラック可」といったチラシやDMで利用者を集めます。

申し込みがきたら他の業者を紹介すると伝えて、さまざまな金融機関に融資を申し込ませるのです。融資審査が通れば借入可能金額の20%から40%を紹介料として徴収します。

紹介された金融機関と紹介屋には基本的に関係がなく、本来は利用者が紹介料を支払う必要はありません。

ただ、申込時に紹介屋は利用者から個人情報を聞き出しているため、利用者が支払を断るのは難しいです。

クレジットカードの現金化

クレジットカードにおけるショッピング枠を現金化したい人を相手に商売する違法業者もいます。本来、ショッピング枠の現金化は不可能ですが、次のような手口で資金を調達できるのです。

  • 特急券やブランド品などの高価な商品をカードで買い、業者に転売する
  • クレジットカードを活用して信販会社から立替金を引き出す

ショッピング枠を現金に変えるのは規約違反であり、カード会社に知られれば利用停止や一括返済のリスクが存在するため、クレジットカードの現金化には関わらないようにしましょう。

(ソフト)闇金

法律の上限を大幅に超えた金利で利用者に融資を行い、利息で儲けるのが闇金です。

従来ではチラシやDMで勧誘するのが一般的でしたが、最近ではSNSやホームページで宣伝する闇金が多く存在します。

インターネット上で営業するソフト闇金の場合、10日間で3割の利息を要求するパターンが多いです。例えばソフト闇金から5万円を借りた場合、10日後に65,000円の返済を求められます。

実際には闇金が理由をつけて完済させなかったり、勝手にお金を貸し付けたりしてさらなる返済を求める場合もあります。

返済できなくなればトラブルに発展するため、闇金の利用は避けましょう。

悪徳業者からの詐欺被害を防ぐには

借金に悩む人が詐欺被害を防ぐには、不適切な方法で債務整理をしないことが重要です。違法な業者に債務整理を依頼したところで、借金は減らずに問題だけが増えてしまいます。

これから債務整理したい人が注意すべきポイントは次の3つです。

  1. 法律事務所で債務整理をする
  2. SNSや質問サイトの勧誘に注意
  3. 整理屋に口座や携帯を渡さない

それぞれのポイントについて解説します。

法律事務所で債務整理をする

借金を減らしたいときはインターネットを活用して、信頼できる法律事務所を探しましょう。司法書士に債務整理を依頼することで、比較的安い費用で借金を減らせるメリットがあります。

相手が信頼できる専門家であるのか確かめるためには、依頼前に登録番号を確認することがオススメです。

日本司法書士会連合会のサイトに掲載されている「司法書士検索」により、本物の専門家であるかをチェックできます。

参考:http://kensaku.shiho-shoshi.or.jp/search/

法律に基づいた債務整理を専門家に依頼することで、依頼者の借金が減額されて毎月の返済が楽になるものです。高い評価や実績のある専門家であれば、債務整理に失敗してしまうリスクを抑えられます。

SNSや質問サイトの勧誘に注意

匿名で利用できるSNSや質問サイトでは、一般ユーザーになりすまして違法業者が勧誘するパターンがあります。

SNSで聞いたことのない業者から勧誘されたときは、詐欺である可能性を疑いましょう。

例えば「お金を借りたくて悩んでいる」とSNSで発信すると、怪しいアカウントから「DMでやり取りをしましょう」とリプライが来る場合があります。

そこで相手とDMでやり取りをしてしまうと、個人情報を悪用されたり高い手数料を請求されたりするリスクがあります。

トラブルに遭遇しないためにはSNSや質問サイトでの勧誘を無視すべきです。

整理屋に口座や携帯を渡さない

一部の整理屋では紹介料を請求しない代わりに、依頼者の銀行口座や携帯を要求するケースがあります。

しかし、整理屋に銀行口座や携帯を渡してしまうと、違法業者の詐欺行為に加担してしまいます。最悪の場合では警察から取り調べを受けたり、信用を失ったりするリスクがあるのです。

たとえ紹介料を支払えない場合であっても、自分の銀行口座や携帯を業者に渡すのは避けましょう。

悪徳業者の詐欺に遭遇したら

「整理屋に依頼してしまい、トラブルにならないか不安」と悩む人も中にはいるはずです。もしあなたが悪徳業者の詐欺に引っかかったら、次のような手順で問題を解決しましょう。

闇金に強い法律事務所に相談

紹介屋や整理屋、闇金といった違法業者に対抗するには、闇金に強い法律事務所に相談することがオススメです。闇金融の知識がある専門家と話し合うことで、業者とのトラブルを解消できます。

例えば闇金から借金返済を催促されている場合、専門家が交渉して取立てをやめさせることが可能です。利用者と悪徳業者の間に専門家が介入することで問題の早期解決につながります。

専門家に借金整理を任せる

消費者金融やカードローンで借金を抱えているときは、法律事務所に債務整理を依頼することも重要です。適切な方法で債務整理をすることにより自分の借金を大きく減らすことができます。

被害を受けたら警察にも相談

悪徳業者から脅しや恫喝などの被害を受けたら、証拠を記録して警察にも相談しましょう。条件によっては警察が悪徳業者を摘発して、トラブルを解決できる場合があります。

整理屋に注意しよう

債務整理や借金の一本化をアピールして、依頼者からお金をだまし取るのが整理屋です。違法である整理屋に依頼しても借金は減らず、むしろ負担が増大するリスクがあります。

借金を少なくしたいときは信頼できる専門家に相談して、適切な方法で債務整理を行いましょう。