1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 闇金の手口
  4. 闇金利用で起こりえる二次被害への対策と対処法を解説

闇金利用で起こりえる二次被害への対策と対処法を解説

闇金の手口

「闇金に完済した後で、押し貸しや勧誘などの被害に遭った」
「闇金からお金を借りたことによる二次被害が起きている」

闇金から借金をしている方や、過去に借金をしたことがある方の中には、そのことによる二次的な被害に悩まれている方も少なくないようです。闇金の二次被害は、どのようにすれば防ぐことができるのでしょうか。

本記事では、闇金を利用した際、どのような二次被害が起こりえるかを解説すると同時に、闇金利用後に二次被害に遭った事例を紹介します。闇金利用による二次被害を防ぐ対策と、二次被害に対する対処方法についても説明しますので、ぜひ参考にしてください。

闇金利用した際に起こりえる二次被害

闇金を利用したことによって、強引な取り立てや嫌がらせなどの直接的な被害以外にも、二次的ともいえる被害に悩まれている方も少なくありません。以下では、闇金利用によって起こりえる二次被害の代表的なものと起きる理由について説明します。

電話やDM等による勧誘

闇金を利用した際に最もよくある二次被害として、電話やDM等で融資の勧誘が来るようになるというものが挙げられます。過去に利用したことがある、個人情報を教えたことがある業者からだけでなく、他の闇金業者から連絡が来ることも珍しくありません。

これは、闇金業者同士で利用者の情報を共有しているから起きる現象です。闇金業者は違法業者であるため、個人情報保護法など守りません。そのため、闇金業者に教えた個人情報は、いつどこに漏れてもおかしくないと考えた方が良いでしょう。

押し貸し

闇金を過去利用したことがある方や、申し込み寸前でキャンセルした方などに対し、勝手に振り込んで来て返済を請求するのが闇金の押し貸しです。口座番号と連絡先といった個人情報を知られている場合、被害に遭う可能性があります

押し貸しは、実際には発生するはずのない利息を請求するため架空請求と少し似ていますが、実際に被害者の口座にお金を振り込んで来ているという点が架空請求とは異なります。闇金業者からの借入の場合、正規の貸金業者のように契約書類を交わすことはないため、自分で申し込んでいないという証明が難しいという問題もあります。

架空請求等の特殊詐欺

闇金利用後に架空請求等の特殊詐欺の被害に遭うというケースもあるようです。
これは、闇金業者が持つ顧客名簿が裏社会で売買されたことによって起きたと考えられます。

口座凍結

闇金を利用した後、口座が凍結されたというケースも報告されています。
これは、あなたへの融資金に他の利用者からの返済金を直接宛てる、いわゆる客振りが行われていたからだと推測できます。客振りが行われた場合、他の利用者にとって、あなたの口座は闇金業者の返済口座です。そのため、その利用者が警察や法律家に相談した場合、あなたの口座が凍結されてしまうことになるのです。

口座が凍結された場合、他の銀行に持っている口座まで凍結されることや、凍結された銀行だけでなく、他の銀行にも口座が開けなくなる可能性がありますので、早期に手を打つ必要があります。

被害が周囲に及ぶことも

闇金業者から融資を受ける際には、家族や勤務先の情報も教えなければなりません。そのため、闇金利用後の二次被害は、あなただけでなく、あなたの周囲にまで被害が及ぶ可能性があります。

闇金利用後に二次被害に遭った事例

「闇金を利用したことで二次被害に遭うことなどあるのだろうか?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。大手Q&Aサイトには闇金を利用したことによって二次被害に遭った体験者の投稿が複数掲載されています。今回はその中から数例をご紹介します。

闇金に返済中だが他の闇金から勧誘が来る

2018年頃、現在闇金に返済中の方の体験談です。

体験者の元に、一週間ほど前から『融資しますよ』とか『即日振り込めます。ただ、口座を貸して頂きます』など、闇金業者らしき所から頻繁に電話がかかってくるようになったそうです。

体験者の「電話番号を変えた方が良いか?」という質問に対し、回答者からは以下のような回答が寄せられていました。

  • 情報が回っている可能性がある
  • 電話番号を変えても、今返済中の闇金業者に新しい番号を教えるのなら同じ事になる
  • 返済を止めて法律の専門家に相談するべき

闇金を利用中の方に対し、他の闇金業者が接触してくるというケースは珍しくないようです。もし、その誘いに乗ってしまったら、闇金の多重債務になり大変なことになるでしょう。
参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13186123993?__ysp=6ZeH6YeR44CA5Yun6KqY

完済したのに電話がかかって来る

2013年頃、以前闇金を利用していた方の体験談です。

体験者は、以前闇金を利用しており、現在は完済済みとのこと。しかし、最近になって闇金から頻繁に電話がかかって来るようになったそうです。

「無視していて大丈夫ですよね?」という質問に対し、回答者からは「電話だけなら無視していて問題ない」「電話番号は変更した方が良い」といったアドバイスが寄せられていました。

以前、闇金を利用していた方に対し、再貸しの勧誘の電話がかかって来ることはよくあります。勧誘の電話は基本的に無視して大丈夫ですが、以前利用していた方の場合、押し貸し等に発展する可能性もあるため注意が必要です。

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14116850554?__ysp=6ZeH6YeR44CA5a6M5riI

二次被害を防ぐ対策

闇金を利用した場合、二次被害に遭う可能性があるということについて上述しましたが、では二次被害はどのようにすれば防ぐことができるのでしょうか。
闇金業者の二次被害に遭わないためには、以下の方法で対策することをおすすめします。

電話番号を変更する

闇金の二次被害で最も多いのが、電話による勧誘です。かかってくる番号が特定できている場合は、着信拒否でも対処できるかもしれません。しかし、闇金は複数の電話番号を持っていることが多いです。電話による勧誘を完全に防ぐためには、電話番号を変更してしまうのが良いでしょう。

教えた口座を解約する

上述したように、押し貸しや口座凍結の被害に遭う可能性を防ぐため、闇金に教えた銀行口座は解約することをおすすめします。「給料の受け取りに利用しているから変更したくない」など解約できない・したくない理由がある場合、こまめに記帳を行い不審な入金があれば銀行に確認する、凍結されることがあればすぐに銀行や警察に事情を説明しに行く等の対応が必要です。

闇金と関りを持たないことが大切

闇金の二次被害を防ぐ最も簡単な手段は、最初から闇金業者と関りを持たないことです。

闇金は違法業者であり、法外な利息を請求してきます。闇金からお金を借りると、完済することは難しいです。しかも、もし完済できたとしても様々な二次被害に遭う可能性があります。お金に困ってもできるだけ他の手段を考え、闇金を利用することだけは止めるようにしましょう。

闇金利用の二次被害への対処法

闇金の二次被害の防止策について上述しましたが、では闇金の二次被害に遭ってしまった場合や、闇金トラブルに対してはどのように対処すれば良いのでしょうか。
闇金の二次被害と闇金トラブルに遭った場合は以下の手法で対処することをおすすめします。

勧誘は無視する

電話やDMでの勧誘は無視することで退けることが可能です。闇金業者も暇ではありませんので、相手にされないと分かればそのうち連絡もこなくなると思います。ただし、闇金業者側に連絡先を知られていると様々なリスクがありますので、根本的な解決策として前述したように電話番号を変更した方が良いでしょう。

お金を払わない

闇金利用後に、様々な口実でお金を請求されるケースがあります。そうした場合、お金を払ってしまうとさらに請求されることになるため、絶対にお金を払うことは止めましょう

現在返済中の方についても、返済を続けた所で闇金の違法な高利では完済できない可能性が高いです。そもそも、闇金業者への借金は不法原因給付に該当するため、法律上は元本を含め一切の返済義務はないのです。

闇金への返済義務については以下の記事で詳しく説明していますので、併せてご参照ください。

参考記事:闇金に返済義務はあるのかを検証!踏み倒しは可能?

警察に相談する

闇金の押し貸しや特殊詐欺などの被害については、警察に相談することも可能です。「闇金被害で警察に行っても相手にされない」というイメージを抱いている方もいらっしゃるかもしれませんが、ヤミ金融対策法の施行後、警察の対応も変わってきています。

ただし、警察に相談して被害届を出したとしても、必ず捜査をしてくれるというわけではないということも覚えておきましょう。そのため、警察に相談したからといって、問題が解決しない可能性もあります。

法律の専門家に相談する

闇金利用による二次被害や闇金トラブルを早期に解決したいと考えた場合、闇金業者の対応実績が豊富な法律の専門家に相談することをおすすめします。

闇金業者は自らが違法な存在であることを承知しており、逮捕や罰金などの刑事罰を受けることを恐れています。そのため、法律の専門家が介入したことを知ると、本格的に捜査されることを避けるため、多くの場合すぐに手を引きます。中にはしつこく取り立てをしてくる業者もいるかもしれませんが、そういった場合は、闇金が使用している携帯電話や銀行口座を凍結する手続きを取るなどの措置を行いますので、近日中に確実に闇金からの連絡を失くすことができます。

まとめ

今回は、闇金利用した際に起こりえる二次被害、闇金利用後に二次被害に遭った事例、二次被害を防ぐ対策、闇金利用の二次被害への対処法などについて説明しました。

闇金を利用すると単に高利を請求されるというだけでなく、闇金業者という犯罪者集団に個人情報を知られてしまうことによって、様々な二次被害を引き起こす可能性があります。お金に困ったとしても、闇金を頼ることだけは止めましょう。
すでに闇金を利用してしまったという方は、早めに法律の専門家に相談することをおすすめします。

我々ジェネシスは、借金問題に詳しい司法書士と元警察官がタッグを組んで、闇金トラブルに対応する司法書士事務所です。相談は無料で、着手金については後払い・分割払いにも対応しています。闇金業者とのトラブルを解決したいという方は、一人で悩まずにぜひお気軽にご相談ください。