1. 司法書士法人ジェネシス
  2. コラム
  3. 闇金の手口
  4. 闇金の嫌がらせとは?滞納者が受ける被害例や期間、対処方法

闇金の嫌がらせとは?滞納者が受ける被害例や期間、対処方法

闇金の手口

「闇金からお金を借りた後に嫌がらせをされないか不安」
「返済するのが難しくなり、闇金の借金を滞納しようか悩んでいる」

闇金は利息による収入を増やし続けるために、滞納した利用者に嫌がらせをすることがよくあります。悪質な嫌がらせによって人間関係や世間体が悪化するリスクは大きいです。

もし闇金からお金を借りてしまったら、嫌がらせを受けないよう対策することが重要です。この記事では闇金による嫌がらせの被害例や対処方法について解説します。

闇金は滞納者に嫌がらせをする

闇金は違法な金利によって儲けるために、利用者を精神的に追い込むことで搾取します。

最初は利用者に同情する姿勢でお金を融資して、その後に高額な利息を請求してくるのが一般的です。

借金を残し続けることで利息が発生し続け、闇金はいつまでも利用者から利益を得られます。

ほとんどの闇金は「借金を返済しろ」と主張しますが、完済は妨げるように対応を変えてきます。

そのため利用者が返済困難になれば「利息だけの返済でいいですよ」「他の闇金から借りてください」と闇金は指示するのです。利用者の借金は増え、返済するのはより難しくなります。

もしお金を返済するのが難しくなれば、取り立てるために闇金はさまざまな嫌がらせをします。収入源である利息を得るために、闇金は手段を選ばないことを知っておきましょう。

無視しても終わることは少ない

滞納者が闇金から嫌がらせを受ける期間は一般的に1か月程度です。お金を取れる見込みがある利用者に取立てを行うため、1か月を超えると闇金の嫌がらせは沈静していきます。

ですが闇金は利用者の個人情報を把握していて、時間をおいてから連絡してくるパターンもよくあります。連絡を無視しても完全に関係を切ることは難しいです。

例えば滞納した数か月後に「融資を受けませんか?」という勧誘がくる場合があります。

勧誘を受けてお金を借りてしまうと、滞納していた闇金から「借りた金で返済しろ」と脅される可能性が大きいです。

また、個人情報が悪徳業者の間で共有されてしまい、他の闇金から架空請求や押し貸しの被害にあうリスクもあります。

闇金の嫌がらせを無視しても、トラブルがなくなることは少ないです。

無返済やけんかにより長期化する

闇金は返済できる利用者に執着する傾向があり、取立てを無視し続ければ手を引く傾向があります。

しかしお金をまったく返済していない場合や口げんかした場合では、嫌がらせが長期化しやすいため注意しましょう。

例えば闇金からお金を借りた後に無視した場合、闇金は貸した金額分だけ損をします。損失をなくすため無返済の滞納者には一層厳しく取り立てて、借金を返済させようとするのです。

また、借金で口げんかしてしまった利用者に対しても、闇金は長期的に嫌がらせをする傾向があります。

世間からの恐ろしいイメージを保つために、闇金はけんかを売ってきた相手に容赦をしません。

無返済や口げんかといったマイナスの要素があると、専門家や警察が介入してもトラブルの解決が長引きやすくなります。

長引くと被害が拡大することも

闇金による嫌がらせが長引くと、自分や周囲へのトラブルが拡大するリスクがあります。

実際に闇金とのトラブルで人間関係が悪化してしまい、退職や離婚を迫られた人も少なくないです。

なるべく早く闇金との借金問題を解決することで、嫌がらせが長期化することを防げます。

闇金問題に対処できる法律事務所に相談して、早めに専門家へと解決を依頼することがオススメです。

闇金の悪質な嫌がらせとは

「どのような手口で闇金が嫌がらせをするのか気になる」と思う人は多くいるでしょう。闇金は借金の返済を滞納している利用者に対して、次のような嫌がらせをしてきます。

  1. 1日に何回も電話をかける
  2. 勤務先の営業時間に連絡し続ける
  3. 実家や友人を脅す
  4. デリバリーや救急車などを呼ぶ
  5. SNSで滞納者の個人情報を公開する

悪質な闇金の手口について詳しく見てみましょう。

1日に何回も電話をかける

期日までに借金を返済できなかった利用者に対して、闇金が最初にする嫌がらせは電話による取立てです。1日に100回以上の電話をかけて、利用者に借金の返済を促します。

利用者が電話に出れば暴言や恫喝で脅して、心理的に追い込んでいくのが闇金の手口です。

深夜や早朝といった時間帯にも電話をかけてきて、滞納者に対して常にプレッシャーをかけます。

最近ではスマホを利用する人が多く、外出中や仕事中に闇金から嫌がらせの電話がくるパターンもあります。

こうした電話によって常に闇金を意識するようになり、落ち着いて物事を考えるのが難しくなるのです。

勤務先の営業時間に連絡し続ける

闇金は融資前に利用者から会社の連絡先を聞いておき、滞納したときには会社にも嫌がらせをします。

滞納者の上司や同僚などに闇金が滞納を知らせたり、営業妨害をしたりするのです。

利用者が闇金に手を出したことが周知されれば、勤務先での信頼や立場は失ってしまうものです。

また、営業妨害が続けば会社の被害が拡大して、借金を滞納したまま働き続けるのが難しくなります。

実際に闇金が会社にかける嫌がらせの電話により、退職を迫られた利用者もいました。

会社で働き続けるのが不可能になれば収入がなくなってしまい、今後のキャリアや生活に大きな影響を与えます。

実家を脅す

闇金は利用者の実家の電話番号などを融資前に確認して、滞納したときの緊急連絡先として利用します。

実家を脅すことで利用者の両親が借金を返済し、利息による収入を得るのが闇金の目的です。

本来、闇金から貸し付けられたお金は不法原因給付の対象となり、法律上は返済する必要がありません。

しかし闇金による脅しに耐えられず、子どもの借金を肩代わりしてしまう親族は一定数います。

そして「利用者の親からは搾取できる」と思われて、闇金から実家に対して電話で嫌がらせが続くようになるのです。不当に収入を得るために闇金は滞納者の身内にも嫌がらせをします。

デリバリーや救急車などを呼ぶ

滞納者本人や周りに電話をかけても効果がなければ、闇金は滞納者の自宅に嫌がらせします。ピザや料理のデリバリーなどを自宅に頼んで、滞納者に圧力をかけていくのです。

見知らぬデリバリーが届いた滞納者は注文を断らなければならず、周囲のお店や人々に迷惑をかけてしまいます。

「自分の借金で周りに迷惑をかけている」と思うようになり、精神的な苦痛はよりきつくなるものです。

また、闇金によって救急車や葬儀屋が自宅に訪れれば、近隣から不審な目で見られるリスクもあります。

最終的には自宅に居づらくなってしまい、引越しを検討する滞納者は少なくないです。

SNSで滞納者の個人情報を公開する

最近では闇金が匿名のアカウントを作成して、SNSに滞納者の個人情報を公開するパターンもあります。

インターネット上にプライバシーが公開されることで、闇金以外の第三者から嫌がらせを受ける場合があります。

闇金の嫌がらせをやめさせるには

違法な取立てや嫌がらせをすることで、利用者に返済を促すのが闇金の特徴です。既に嫌がらせを受けている人が闇金とのトラブルを解消するには、次のような方法があります。

  1. 警察に通報する
  2. 闇金に強い法律事務所に相談する

それぞれの方法について詳しく見てみましょう。

警察に通報する

闇金から電話で脅迫や暴言により脅されたら、警察に被害を受けたことを通報しましょう。

契約書や音声データといった証拠を提出することで、警察が闇金に対応してくれる場合があります。

今ではヤミ金融対策法があるため、警察に通報することで対応してくれます。ただ、警察に通報して必ず闇金の嫌がらせが止まるとは限らず、闇金から報復される場合もあります。

実際に警察が介入してから嫌がらせが酷くなり、状況が悪化してしまったパターンはあります。

警察に通報してもトラブルが解消されないときは、法律事務所に相談することがオススメです。

闇金に強い法律事務所に相談する

一部の法律事務所では闇金から被害を受けている人に向けて問題解決の支援をしています。専門家に任せることで簡単にトラブルを解消できて、闇金との関係を切れるのが特徴です。

費用の相場は闇金1社あたり5万円程度であり、事務所によっては分割払いや後払いに対応しています。

「実績や知識のあるプロに問題を任せたい」と考える人に法律事務所はオススメです。

闇金の嫌がらせを長引かせないためには

警察や法律事務所が介入することで、法的措置によるリスクを嫌う闇金は利用者に取り立てるのをやめます。

しかし、間違った対応により闇金の嫌がらせが長引いてしまう可能性もあります。

闇金による嫌がらせを長期化させないためには、次のようなポイントを参考にすることが重要です。

  1. アフターフォローしてくれる専門家を選ぶ
  2. 闇金からの連絡をすべて無視する

それぞれのポイントについて簡単に解説します。

アフターフォローしてくれる専門家を選ぶ

専門家には闇金と電話で1回だけ交渉して、その後のフォローをしない人もいます。フォローが不十分なことで闇金に隙を与えてしまい、嫌がらせが続くケースがたまにあります。

闇金とのトラブルをしっかりと解消するには、アフターフォローしてくれる専門家に依頼することが重要です。

対応してくれる範囲が広い専門家を選ぶことで、嫌がらせの長期化を防ぎやすくなります。

闇金からの連絡をすべて無視する

法律事務所や警察で闇金の対応をしてもらったら、その後は闇金からの連絡を無視することが重要です。

「何を言われてもお金を支払わない」という姿勢をもつことで、闇金に諦めさせることができます。

逆に専門家が介入した後に連絡し続けていると、いつまでも嫌がらせが続く原因になります。着信拒否や番号の変更などを活用して、闇金からの連絡を無視できる環境を作りましょう。

闇金の嫌がらせは早めに解決しよう

なるべくお金を搾取したい闇金は、違法な嫌がらせによって利用者を精神的に追いつめます。警察に相談しても闇金が摘発されないことは多く、無視しても嫌がらせは続きます。

スムーズに闇金との関係を断ち切りたい人は、闇金に強い法律事務所で相談することがオススメです。なるべく早くプロの専門家と相談して、トラブル拡大を防ぎましょう。