1. 司法書士法人ジェネシス
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. 闇金との和解についてや借金問題をうまく解決する方法を分かりやすく解説

闇金との和解についてや借金問題をうまく解決する方法を分かりやすく解説

相談・解決

「闇金から借りたお金を返済できず、取り立てを防ぐために和解を検討している」

「和解によってトラブルが起こることなく、闇金との関係を解消できるのか知りたい」

闇金との借金問題を解決するには返済するのではなく、業者と和解することが重要です。金利が法外に高い闇金には返済義務がなく、借金を返してもトラブルが発生する可能性があるためです。ただし、和解の方法によっては追加の支払いが必要になり、利用者が損する場合があるため注意しましょう。この記事では闇金と和解する方法について詳しく解説します。

闇金と和解することは可能?

一般的に闇金への返済が難しくなった利用者は、法律家に相談して問題を解決する傾向があります。依頼を受けた法律家は闇金と交渉して、借金問題を解決しようと取り組むものです。ほとんどの闇金業者は法律家が介入すると、和解によって借金問題を終わらせようとします。利用者との貸し借りや利息の返済をなくすことで、闇金は穏便に済ませようとするのです。

もし法律家が介入した後に取り立てを続ければ、営業道具である口座や携帯を失うリスクが闇金にはあります。そのリスクを対策するために、闇金は法律家が介入した時点で和解を目論むのです。

和解で闇金との問題は解消できる

「たとえ和解に応じたとしても、後で取り立てに来るのでは?」と思った人はいるでしょう。確かに闇金と和解することを同意したのにも関わらず、後日に取り立てる業者は一部います。ですが利用者が既に法律家と相談している場合、和解後に取り立てられたことを告発することが可能です。和解で問題が解消されないと判断されれば、法律家は闇金に対してしかるべき対応をします。

法律家が振り込め詐欺救済法により闇金の口座を凍結したり、刑事告訴したりすることで対抗できるのです。闇金との和解後にトラブルが起きても、最終的には問題を解消できます。注意すべきポイントは個人で闇金と交渉するのは難しく、1人で和解するのはほぼ不可能です。もし和解により取り立てや返済を解消したい場合は、闇金に強い専門家に依頼することを推奨します。

和解により費用を減らせるのがメリット

闇金が決めている金利は非常に高いものであり、返済し続けるのは簡単ではありません。例えば10日で1割の利息が発生する場合、5万円借りたら10日後に5,000円の利息額が発生します。

法律家との交渉により闇金と和解することで、利用者が返済する費用を減らせるのがメリットです。和解が完了すれば闇金が利用者に取り立てることもなく、借金問題を解消できます。また、法テラスに闇金を電話で相談することで、利用料無料で法律家と相談することが可能です。条件を満たした人であれば、専門家への報酬費用を支払うことなく闇金と和解できる場合があります。

和解で損する場合もある

闇金の利用者に対して「元金を返済して和解しよう」と助言する法律家が一部にはいます。法律家の介入により闇金が元金和解を求めるパターンがあり、借りた金額分を返すことが和解の条件です。

元金和解でも問題を解決することは可能ですが、利用者のコストが増えるリスクがあるため注意しましょう。本来、闇金の借金には返済義務がなく、元金和解しなくても問題はありません。違法な金利でお金を貸し出す闇金との契約は法律上無効であり、たとえお金を借りても返す必要はないです。もし、既に高額な利息を支払っていると、元金和解により返済額が増えてしまいます。

闇金が提案する元金和解に応じてしまうと、闇金業者から「催促すればお金を返済する」と捉えられてしまうことも。闇金のターゲットになれば、和解した後も関係を切るのは難しくなります。闇金からの取り立てを防ぎ、悪徳業者との関係を断ち切りたい人は元金和解を避けるべきです。お金を1円も返さないという姿勢をアピールすることで、闇金は利用者から手を引きます。

実際に闇金と和解する方法とは

「どのようにして闇金と和解できるのか知りたい」と思う人もいるはず。実際に闇金と和解するには以下の3つの方法があります。

  1. 元金を返済して和解する
  2. 元金の分割返済で和解する
  3. 借金を0にして和解する

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

元金を返済して和解する

一部の闇金は法律家が借金に介入してきたとき、元金の返済を条件として和解する場合があります。闇金は貸し倒れのリスクを減らすために、利用者へ元金の返済を求めるのです。

例えば利用者が借りたお金が10万円であり、返済する必要がある利息額は20万円とします。このとき元金和解をすると10万円の返済で借金を解消できるため、利用者にとって負担が減るのがメリット。

元金和解のメリットは返済額を減らせるだけでなく、借りたものを返すことで罪悪感を払拭できることです。「お金を借りたのだから、せめて元金は返したい」という良心がある人に最適です。ですが本来は闇金から借りたお金には返済義務はなく、わざわざ元金和解を選ぶ必要はありません。元金和解に応じることで闇金から目を付けられる場合があるため注意しましょう。

元金の分割返済で和解する

闇金の利用者には金銭的な余裕がなく、元金すら返済できない人もいるかもしれません。一部の闇金業者では元金を分割返済することで、借金の和解に応じるケースがあります。

例えば利用者が10万円のお金を借りていて、毎月2万円までしか返済できないと仮定。その場合では元金を5回にわけて返済することにより、利用者は利息の支払いから逃れられます。

「どうしてもお金を返済したい」と思う人には最適な和解方法ですが、返済が滞ると闇金から取り立てられるため注意しましょう。また、分割返済が終わった後に闇金から融資の誘いを受ける場合もあります。和解により借金問題を解決したのに、また闇金からお金を借りては意味がありません。法律家に依頼して闇金との問題を解決するのであれば、次に説明するゼロ和解を選ぶことがオススメです。

借金を0にして和解する

闇金の知識がある法律家は返済義務がないことを知っているため、基本的に闇金との交渉ではゼロ和解を要求します。利用者の返済額を0円にすることで、取り立てや催促をやめさせるのが目的です。

例えば利用者が闇金から10万円を借りていた場合、その元金や利息額をなくすことで和解します。場合によっては利用者が返済したお金の返還を求めるケースもあるのです。0和解には返済から解放されるメリットがありますが、闇金とのトラブルになる可能性が高いため注意しましょう。一度も返済していないときや返済したお金の返還を求める場合、和解した後に嫌がらせを受けるケースがあります。

闇金と和解するときの注意点

違法に貸金事業を営む闇金には返済義務がなく、和解することで業者とのトラブルを防げます。しかし適切な方法で闇金と交渉しなければ、和解できずに問題が続く場合があるため注意しましょう。闇金との和解を検討している利用者が知っておくべき注意点は以下の3つです。

  1. 安易に自分1人で和解しない
  2. 信頼できる業者に和解を依頼する
  3. 闇金からの和解に乗らない

それぞれの注意点について詳しく解説します。

安易に自分1人で和解しない

闇金業者が和解に応じる理由は、法律家と交渉決裂すれば口座や携帯が凍結されるリスクがあるため。利用者本人が闇金と和解しようとしたところで、リスクのない闇金が応じることは少ないです。むしろ利用者が闇金と直接交渉してしまうと、闇金業者が逆上する場合があります。「利息に納得して金を借りたくせに、返済日にケチを付けるな」と闇金業者から言われるのがオチです。

ほとんどの利用者は闇金であることを知っていて、お金を借りています。金利が法外に高いことを知っていて借金したのに、お金を返さずに和解を求める行為には闇金が納得しません。法律上では闇金にお金を返す必要はありませんが、法律に従って実際に対処できるのは法律家だけです。闇金と和解したい人は自分で交渉するのではなく、法律家に依頼して交渉しましょう。

信頼できる業者に和解を依頼する

インターネットやチラシで「闇金に困ったら相談」「代行で闇金対策」といったことを宣伝する業者は一部います。もし法律家が闇金と交渉しないサービスであれば、それを活用するのはやめるべきです。

法律面における資格や知識がなければ、闇金に第三者が交渉するのは難しいこと。もし第三者が闇金と適切に交渉できなければ、依頼した利用者が不利益を被る可能性があります。また、一部では闇金問題の相談をした後に、法律事務所を宣伝するサービスもあること。法律に詳しくない第三者が宣伝する法律事務所には、信頼性が怪しいところもあるため注意しましょう。

闇金からの元金和解に乗らない

法律家に闇金との交渉を依頼した後に、闇金から元金和解を促される場合があります。たとえお金を借りた罪悪感があったとしても、元金和解に応じることは非推奨です。

既に利息を返済している人の場合、元金返済に応じることで返済額が増えてしまいます。返済義務がないのに闇金へ元金を返すのは合理的ではなく、無駄な損失を被るだけです。元金和解は利用者が断ることで、ほとんどの闇金はゼロ和解を受け入れてくれます。よっぽどの事情がない限りは、元金を返済して和解しようとする必要はありません。

闇金との和解を依頼するには

「どのような法律家に相談すればいいのか分からない」と思う人はいるはず。弁護士や司法書士のいる法律事務所に相談することで、闇金問題を相談することが可能です。闇金問題を扱っている法律家は解決費用として、1社あたり4万円から5万円の料金を設定しています。ほとんどの事務所で分割払いや後払いできるため、お金が手元にない人でも安心ですね。

まとめ

法律を守らずに貸金業を行う闇金は、法律家が介入することで和解に応じてくれます。もし闇金からの借金に悩んでいる人は、法律事務所に相談して闇金との和解を目指しましょう。