1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 闇金の手口
  4. 揉め事が多い闇金を利用した人の怖い体験談や避け方を紹介

揉め事が多い闇金を利用した人の怖い体験談や避け方を紹介

闇金の手口

「闇金からお金を借りたら、どのような恐怖を味わうのか興味がある」と思う人はいるはず、最近では優しいイメージのあるソフト闇金も存在していて、お金を返せば問題ないイメージがあります。

ですが法律を破ってお金を貸す闇金業者の手口は恐ろしいものであり、一度借りてしまうとトラブルに発展するケースがよくあること。実際に闇金を利用して被害にあった人が多く存在します。

どのような被害を受けるのか、実際に利用した人の体験談と闇金の手口を詳しく解説します。

闇金を実際に利用した人の怖い話

インターネットにより闇金の情報が普及している今では、被害を受けた人の体験談が多く掲載されています。実際に闇金を利用した人の話を知ることで、どのような恐怖があるのか分かるものです。

お金を借りようか迷っている人が参考にすべき怖い体験談は以下の5つです。

  1. 完済したのに催促が続く
  2. 見覚えのないクレジットカードを作られた
  3. 押し貸しされて借金が増えた
  4. 怖い業者のために多額の資金を返済
  5. 完済したのに業者から脅された

自分が遭うかもしれない恐怖を知るために、それぞれの体験談を詳しく見ておきましょう。

完済したのに催促が続く

借金をすべて返済したのに闇金から嫌がらせを受けている人の体験談です。被害者は闇金業者に断ったのにも関わらず、お金を自分の口座に振り込まれて返済するよう命じられました。

業者が貸した金額は1万円であり、1週間後に3万円を返済することで完済できる約束だったのです。しかし返済日の前に業者の事前連絡が遅れたため、完済せずに2万円の振り込みを被害者に指示しました。

借金をすぐにでも完済したい被害者は、業者の言われたことを無視して3万円振り込んだのです。そしたら業者が電話で「差額の1万円を振り込みます」と言われたため、被害者は「警察いきます」と告げて電話を切りました。

結局、被害者はその日に警察へ行かず、闇金に対して放置していたのです。すると被害者の職場や子どもが在籍する学校から電話があり、業者からの電話があったことを伝えられました。

怖くなった被害者はその後で警察に通報して、さらには司法書士と相談、業者に個人情報がバレている以上、たとえ借金をすべて返済していても催促されることはよくあります。

見覚えのないクレジットカードを作られた

悪意をもった人物により自分名義のクレジットカードや銀行口座を作られた人の体験談です。この体験談は必ずしも闇金業者であるとは限りませんが、犯行の可能性が十分にあるため記載します。

被害者はある日突然、80万円以上の請求金額が記載された催促状がカード会社から届きました。カードを作った覚えのない被害者はカード会社に連絡して、申込書の筆跡を確認したのです。

結果としては以前に不動産の名義変更をするために、委任状を渡した関係者の筆跡と申込書の筆跡が似ていました。つまり他人が被害者の名義でカードを作って不正利用していたのです。

面識のある被害者は不正利用した人に連絡しようとしますが、相手と連絡を取ることはできません。カード会社は不正利用した人と連絡が取れない場合、裁判をするよう被害者に指示しました。

明らかに悪質な被害を受けているのに、自分で警察などに連絡して問題を解決しなければなりません。勤務先や電話番号などの個人情報が奪われると、カードや銀行口座が勝手に作られる可能性があるため注意しましょう。

押し貸しされて借金が増えた

義兄が10社以上の闇金業者から借り入れている人の体験談です。被害者の兄が多重債務者になってしまった理由は、ある業者から8,000円のお金を押し貸しされたことが原因です。

お金を借りてしまった義兄は業者から脅されるようになり、仕方なくお金を返済してしまいます。継続的に返済できると見られて、義兄には複数の闇金業者が連絡を取るようになったのです。

違法な金利でお金を借りていれば、支払う利息はもちろん高額になっていきます。返済するために他からお金を借りていた義兄は、被害者の実家に嘘をついてお金を持ち出すこともありました。

最終的に返済できなくなった義兄が被害者の姉に相談して、そこで周りの親戚が事態に気づいたのです。警察や弁護士に相談しましたが、その間にも自宅や職場などに対する取り立ての電話は鳴りっぱなしでした。

もしお金を闇金から押し貸しされると、支払う必要がまったくないのに利息を支払うよう脅してきます。被害を抑えるには押し貸しされないよう、自分の口座情報を教えないことが重要です。

怖い業者のために多額の資金を返済

親族経営の会社で土木業を行っている義父が困難な返済に遭遇している女性の体験談です。義父は経営の悪化により税金を滞納していたところ、友人から勧められて闇金に手を出しました。

業者から借りた金額は200万円であり、過去には毎月60万円の資金を返済していたのです。闇金業者は法外な金利を決めているため、2年間で800万円返済しても完済には至りません。

会社の利益や家族全員の給料分を返済に回しても支払いスケジュールには追いつかず、女性の夫は2年間の給料が0円となっていました。女性が自身の給料で生計を立てたところ、貯蓄がほとんど無くなってしまったのです。

お金を借りた義父は契約書を処分していて、闇金から借りた証拠が手元には残っていません。「仕返しが怖いから」という理由で、義父家族はいつまでも闇金の返済を続けていました。

完済したのに業者から脅された

緊急の用事でどうしてもお金が必要であり、闇金のDMで融資を申し込んだ人の体験談です。被害者は業者から信用調査の名目で1万円だけ借りれて、1週間後に23,000円完済するよう指示されました。

返済期限は月曜日であり、被害者はその前の土曜日にお金を指定の口座に振り込んだのです。そして月曜日の18時に返済したことを連絡したところ、業者から以下のように返事がきました。

「電話で連絡する前に振り込むのは話が違う」「18時を少し過ぎているから完済の手続きができない」「今回は利息のみの支払いになるから、1万円は預かる」

このような説明をされた被害者が反論したところ、業者から怒鳴られて電話が切られました。最終的には専門の機関に相談して、業者との問題を解決したのです。

利息によりお金を取り続けたい業者は、何かと理由をつけて完済を防ぎます。闇金業者から脅されて返済させられないよう、お金を借りる業者に注意しましょう。

怖い闇金を避けるには

闇金を実際に利用した人の話を見てみると、誰だって怖い業者からお金を借りたくないと思うはず。あなたが恐怖の闇金を避けるには以下の4つのポイントがあります。

  1. 金利が違法でないかチェックする
  2. 所在地と固定電話番号があるか確かめる
  3. 名前が正しいか比較する
  4. ソフト闇金にも注意

どのようにして闇金の被害を防ぐのか、それぞれのポイントを理解しておきましょう。

金利が違法でないかチェックする

借金を借りた消費者が搾取されることを防ぐために、利息制限法によって金利の上限は定められています。元金額に対する上限金利は以下の通りです。

  • 元金が100万円以上:年率15%まで
  • 元金が100万円未満:年率18%まで
  • 元金が10万円未満:年率20%まで

また借金の返済が遅れたときに発生する遅延損害金も制限されています。元金額に対する遅延損害金の上限金利は以下の通りです。

  • 元金が100万円以上:年率21.9%まで
  • 元金が100万円未満:年率26.28%まで
  • 元金が10万円未満:年率29.26まで

もし貸金業者の金利が上記を超えている場合、法律を遵守しない闇金である可能性が高いです。お金を借りる前に金利が適切であるのかチェックしましょう。

所在地と固定電話番号があるか確かめる

消費者にお金を貸す貸金業を行う場合、国や自治体の登録を受けることが必要です。もし所在地や固定電話番号が掲載されていない場合、無登録でお金を貸している可能性があります。電話番号が090から始まる090金融も存在しますが、それも同様に賃金業登録がされていません。トラブルを防ぐために固定電話番号と所在地を明らかにしない業者からお金を借りるのはやめましょう。

名前が正しいか比較する

闇金業者のなかには大手のサラ金と似たような名前で営業しているところが存在します。名前が似ていても金利や契約条件が同じであるとは限らないため、名前が正しいか確かめておくと良いです。

ソフト闇金にも注意

最近では闇金の怖いイメージを防ぐために「悪質な取り立てなし」「返済日の延長に対応」という宣伝をしている貸金業者も存在します。消費者に対してソフトな対応をするため、ソフト闇金と呼ばれることが多いです。

利用者に対して暴力性は比較的少ないですが、法外な金利でお金を貸している事実は変わりません。搾取されないために問題がある業者と関わらないことを勧めます。

怖い闇金を対処するには?

闇金からお金を借りた後に返済が滞ると、業者からの恐ろしい取り立てが始まります。怖いイメージがある闇金を対処するには、ヤミ金融に対応できる事務所に相談することがオススメです。

事務所は電話やメールでが相談できて、専門家のヒアリングにより被害者の状況を把握してくれます。その後に事務所で弁護士や司法書士と相談することで、具体的な対処方法が決まる流れです。

闇金問題に対して対応可能であれば、被害者が契約書などを作成して契約を締結します。そしたら専門家が闇金問題を対処してくれるため、怖い闇金からの被害を阻止できるでしょう。

もし暴行や暴言などの被害を受けている場合は、スマホカメラで記録したうえで警察に通報することがオススメです。逮捕されるリスクがあれば闇金業者は取り立てるのをやめるのですから。

まとめ

実際に闇金を利用した人の体験談には恐ろしいエピソードもあり、怖いイメージをもった人も多くいるはず、生活費などが足りなくて闇金を使うと、取り立てや返済で大きく損してしまいます。金利や固定電話、所在地といったポイントで闇金業者かどうか判断することは簡単です。暴力などの被害にあわないために闇金を使わないよう注意しましょう。