1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 返済停止
  4. 闇金問題を今すぐ解決したい!即日解決する方法はある?

闇金問題を今すぐ解決したい!即日解決する方法はある?

返済停止
闇金即日解決

闇金の問題を独力で解決しようとしても、基本的に個人では解決することは難しいです。
元金の返済が困難なほど、金利を高く設定されますし、仮にお金を用意できたとしても闇金は完済させてくれないこともあるからです。
しかし、闇金問題は解決までに時間がかかればかかるほど、金銭的、社会的、精神的な被害は大きくなります。闇金問題はできる限り早く解決するに越したことはありません。

本記事では、闇金の督促の手口とリスク、闇金問題を長期化した時の金銭的なリスク、闇金問題を早期解決する方法、闇金問題を法律の専門家に相談するメリット、闇金問題を法律の専門家に相談するデメリット等について説明します。闇金問題を相談する専門家を探す際の注意点についても詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてください。

闇金の督促の手口とリスク

闇金からお金を借りて期日までに支払うことができないと、執拗な取り立てがあらゆる手段で行われることになります。

通常の貸金業者からの督促には貸金業法による規制があり、以下の行為は禁止されています。

  • 正当な理由なく、早朝や深夜の時間帯(午後9時~午前8時)に電話をかける、またはFAXを送信すること
  • 正当な理由なく、債務者の自宅以外の職場などに連絡を入れること
  • 債務者以外の、債務者の家族等に債務の弁済を求めること
  • はり紙等で、債務者の借入に関する事実や債務者の私生活について他社に知らしめること

しかし、闇金業者は違法業者であるため、上記のルールを守ることはありません。それどころか、上記のような行為こそが闇金の取立てにおける常套手段です。

闇金が行う取り立て行為は、具体的に以下のようなものです。

「鬼電」と呼ばれる執拗な電話

闇金の督促は主に電話を使って行われます。

返済しない人間に対しては早朝から深夜まで、途切れなく督促の電話が続きます。
これを通称「鬼電」などと呼びますが、早朝から深夜まで合計数百回もの電話が、電話に出ても出なくても、返済が行われるまで続くことになります。

これだけでも精神的なストレスは相当なものになることが想像に難くありません。

家族にも容赦なく取り立てる

電話による督促は、携帯電話だけでなく自宅の固定電話にも行われます。
「子ども相手に脅迫はしないだろう」と考えて、子どもに電話応対させる方もいらっしゃいますが、闇金は「お前の父ちゃんが借りた金を返さないから、お前が金を返せ!」など、子ども相手にも、容赦なく脅迫を行うといいます。

また、妻に対して、「お前が体を売って旦那の借金を返せ」などという脅迫めいた発言をする等、債務者の家族相手にも問答無用で取り立てを行います
もし、妻の携帯番号が知られていれば、当然そちらに対しても督促の電話が来ますし、実家を知られていれば、親に対しても「お宅の息子さんが金を返さない。代わりに返して欲しい」、などと返済を迫ります。

このような行為が繰り返されるため、債務者のみならず家族にとっても大変なストレスになるでしょう。
債務者の家族に対する闇金の取り立ての手口については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はご参照ください。

参考記事:闇金の取立てが親・兄弟・親戚に及んだ際の対策と相談先

勤務先への取り立て

闇金の取立ては、家族だけではなく職場にも催促の電話をかけることがあります。
闇金は借入の際に、審査に必要であるだとか緊急時のためなどの口実を付け、職場の連絡先を聞き出します。もちろん、それは返済が滞った際に連絡を入れるためです。そのため、返済が滞った時には、債務者の職場に連絡が来ることになります。
その際、電話口に債務者を呼び出すだけでなく、対応しただけの人間に対しても「あんたんとこの従業員が金を返さない。どういう教育をしてるんだ!」などと、恫喝を行います

こうした闇金の取立て行為は、会社員にとって大変な痛手となります。
借金問題を会社に知らされるだけでなく、ひっきりなしにかかってくる電話の対応で、会社の業務にも支障を来してしまう上、無関係の同僚まで闇金に恫喝されるなど、会社や同僚にまで迷惑をかけてしまうことになるからです。

闇金はそうした事情を熟知しているため、返済が滞った場合はまず「会社にばらすぞ!」と脅しを入れ、それでも支払わなければ会社に連絡をしてくるのです。

自宅を訪問されることも

督促は電話だけでは済まないこともあります。
最近では少ないといわれていますが、闇金が自宅まで訪ねてきて、直接取り立てが行われる可能性もゼロではありません。
玄関先で「金を返せ!」と怒鳴られる、玄関に督促状を貼られる、近所中に誹謗中傷が書かれた張り紙をされるなどの嫌がらせをされることもあります。また、子どもがいる場合は、子どもを標的に付きまとい等をされることもあります。

他にも、SNSアカウントを知られている場合など、債務者のSNS上の友人やフォロワーへ「〇〇さんが金を返さない。かわりに返済して欲しい」などと言う内容のDMを送り付けることや、SNS上に「〇〇が金を返さない」などと書き込まれることもあります。

このように、闇金は債務者本人だけでなく、家族や職場や友人など、思いつく限りのありとあらゆる場所へ督促を行うため、闇金から借りていることを周囲の人間全てに知られるリスクがあります
こうして、債務者を精神的に追い込むことで、「救われるためには、何か何でも金を支払わなければならない」と思い込ませ、返済を迫るのです。

問題が長期化すると人間関係にひびが入る

上述したようなことから、闇金問題は問題が長期化するほど、本人だけでなく家族や周囲の人間にまで迷惑をかけることになります。
お金を支払わない限り、自宅や会社への攻撃は止みません。しかし、闇金の金利は高利なため、一度返済が滞ってしまうと、もはや返済を続けることは不可能です。

会社としても、業務に支障がある状態のまま長く放置することはできませんので、「この状態がずっと続くのであれば辞めてもらうしかない」と、言われてしまうかもしれません。

家族にしても、朝も夜も関係なく闇金から脅されるような生活に長期間耐えることはできないでしょう。問題の元になっている夫から離れれば、闇金に脅かされることもなくなるという考えから、子どもを連れて出て行ってしまうかもしれません。

このように、闇金問題を長期間放置すると、仕事や家族までも失ってしまう可能性があるのです。

闇金問題を長期化させた時の金銭的なリスク

前述した通り、闇金問題を長期化させると、仕事や周囲の人間関係に支障が生じます。それだけも大変な損害ですが、闇金問題を長期間抱えていると、莫大な金銭的被害も生じることになります。
闇金問題を長期化させた場合に生じる金銭的な損害の主な要因は以下の通りです。

膨大な利息の支払い

闇金はそもそも大変な高利です。
トイチという言葉で表されるように、闇金の金利は「10日で1割」というのが、昔ながらの相場です。
10日で1割ということは1ヶ月30%です。例えば、闇金から10万円借りた場合、利息の支払いだけで毎月3万円になります。闇金へ1年間返済を続けた場合、利息の支払いだけで実に36万円もの支払いになってしまいます。

しかも、最近では「10日で1割」というのは低い方で、「10日で3割」という利息を設定する業者も存在します。もしこの金利で10万円の借り入れをした場合、利息だけで1カ月9万円、年間では108万円もの利息負担になります。

闇金問題の解決が遅くなるほど長期間返済をすることになり、膨大な利息を支払うことになりますので、経済的な意味でも闇金問題は早期解決するに越したことはありません

元金は減少しない

闇金問題を長期化させないためには、早期に完済してしまえばいいのではないか、と考える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、そもそも闇金からお金を借りるような人はお金に困っている人です。
また、闇金の返済周期は、大抵の人間の給料周期より短い、10日もしくは7日となっていることがほとんどです。お金に困っている方が給料日も来ないのに、高額な金利と元本を合わせた金額を用意できる可能性は低いでしょう。

闇金の狙いもそこにあるといえます。元本を含めた金額を用意できない債務者に対し、闇金業者はジャンプという方法を勧めてきます。ジャンプとは、元金部分を含めない利息のみを返済することをいいます。元本返済を先延ばしし、利息のみ支払うことになるのです。

これを繰り返すことで完済は遠のき、完済が遅くなればなるほど、闇金から搾取される利息の金額は多くなり、返しても返しても元金は減らない蟻地獄の中にはまってしまうことになるのです。

闇金の返済できないからくりについては以下の記事で説明していますので、詳しく知りたい方は併せてご覧ください。

考記事:いくら返しても完済できない闇金のからくりとは?

完済させてくれない

では、仮に元本と利息を含めた金額を用意して、完済すれば問題は解決できるのでしょうか。

解決できる可能性もありますが、完済を拒否される可能性もあります
闇金は前述の通り、長期間に渡って債務者から利息を搾取することを目的としている節があるため、完済を望みません。そのため、完済できるだけの金額を用意しても、口実を付けて完済させてもらえないケースもあります。「延滞金があるからそれでは足りない」「完済すると連絡がなかったから受け取れない」等、難癖のような口実を付け、完済を拒まれます。
闇金が完済をさせない手口については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方は併せてご参照ください。

参考記事:闇金からの借金を完済できない!完済させない闇金の手口とは?

闇金にとって債務者は利息を払い続けるカモですので、完済されてしまうことは闇金にとって都合が悪いのです。
もし完済を認めてもらえたとしても、すぐに再度お金を借りるように強要してくるというケースもあります。

一度関わりを持つとトラブルが長期化する可能性が高い闇金問題を早期に解決するには、どのように対処すれば良いのでしょうか。次の章では、闇金問題を早期に解決する方法について説明します。

闇金問題を早期解決する方法

闇金問題を解決するには、個人ではまず不可能でしょう。闇金問題の相談先の代表的なものとして、警察と法律の専門家があります。以下では、早期解決するためにはどちらが良いか説明します。

闇金問題を相談するのは警察?

闇金被害に遭った場合、真っ先に思い浮かぶ相談先は警察かもしれません。
しかし、警察に闇金被害を訴えたとしても、それで早期解決に繋がる可能性は低いでしょう。
なぜなら、警察は基本的に民事不介入であり、闇金問題は一般的に民事事件として扱われるからです。
それでも警察に闇金問題を相談したいという方は、以下の記事で警察に闇金問題を相談する方法を説明していますので、ぜひご参照ください。

参考記事:闇金問題は警察に相談すべき?民事不介入と言われないための方法

早期解決可能なのは法律の専門家

闇金被害を早期解決したいと考えた場合は、法律の専門家に相談することをおすすめします。
法律の専門家へ闇金対応を依頼することで、早ければ即日に取り立てを止めさせることができることもあります。

法律の専門家に闇金対応を依頼すると、闇金に対し介入を知らせる受任通知を送付します。
闇金業者は自らが行っているのが違法であることを承知しているため、法律の専門家と正面から戦うことは避ける傾向があります。そのため、法律の専門家が介入した時点で手を引くことも珍しくないのです。

闇金問題を法律の専門家に相談するメリット

前述した通り、闇金問題は法律の専門家に相談することで早期解決が可能です。法律の専門家に闇金問題を相談することは、他にも多くのメリットがあります。
以下では、法律の専門家に闇金問題を相談するメリットについて詳しく説明します。

督促がストップする

法律の専門家に依頼を行うと、闇金業者は債務者に対して直接連絡や督促を行うことができなくなります。依頼を受任した後は、法律家が債務者に代わって交渉を行う形になるからです。もし、闇金業者がそれを無視して債務者に直接連絡を取るようなことや、督促を止めなかった場合は、法的な措置が取られることになります。

法律の専門家の介入後に闇金の督促が止むまでの平均所要時間は、即日~3日と言われています。早く相談すればするほど、自分も周囲の人間も闇金に悩まされなくずに済むのです。

利息の返済をしなくて良くなる

専門家に相談することで、闇金へこれ以上返済をする必要はなくなります

闇金業者からの借入はそもそも違法な金利による貸付です。闇金業者は違法を承知で高額な利息を取っていますが、それだけに法律の専門家が介入してくると勝ち目がないことも知っています。素人相手には、「法律なんて知ったことか!」と言えても、法律の知識と実行力を持った法律の専門家相手にはそうはいきません。法律の専門家は、警察へ情報提供を行うこともあるため、真っ向から戦って逮捕されることを嫌い、法律の専門家が介入してくると闇金は早々に諦めることがほとんどです。

闇金問題を法律の専門家に相談するデメリット

闇金問題を法律の専門家に相談するデメリットとして、費用の面が挙げられます。
闇金問題を法律の専門家に相談した場合、場合によっては相談料が発生することがあります。また、正式に依頼する際には、着手金がかかります。着手金は一般的に闇金業者一件につき、5万円程度です。

しかし、闇金業者へ返済を続けていればそれ以上にお金がかかることは間違いありませんので、最終的に見ればどちらが得かは一目瞭然です。また、闇金対応を行っている事務所の中には、分割払いや後払いに対応しているところもあります。すぐにお金が用意できないけれど、今すぐ解決したいという方は、そういった対応を行っている事務所を探すと良いでしょう。

闇金問題を相談する専門家を探す際の注意点

闇金問題は法律の専門家に依頼すれば、早ければ即日解決することができます。
しかし、全ての法律家が闇金問題を即日解決することができるわけではありません。
以下では、闇金問題を相談する法律家を探す際の注意点について説明します。

闇金問題に強い法律家を選ぶ必要がある

法律と一口にいっても、幅広い分野があるため全てを網羅することは不可能です。そのため、闇金に詳しい法律家もいれば、闇金問題は扱ったことがなく、離婚問題を専門としている法律家もいます。

できる限り早く闇金問題を解決するためには、闇金問題に強い専門家に相談する必要があります

闇金問題に強い法律の専門家を探すには、ネットで調べるか、地域の弁護士会などへ問い合わせて、闇金問題に強い法律家の紹介を頼むことも可能です。

法テラスを利用する場合

闇金問題を探す際に、法テラスを利用される方もいらっしゃるかもしれません。
法テラスは、国が設立した法的トラブル解決の総合案内所で、闇金問題の相談をすることも可能です。
法テラスでは資産や収入が少ない方に向けて、無料で法律相談を行っています。また、一定の条件を満たせば、費用を立て替えてもらうことも可能です。

ただし、費用の立替に関する審査には時間を要します。そもそも、法テラスは多くの人が利用するため、弁護士との相談を依頼してから実際に面談できるまでに1ヶ月以上の時間がかかることも珍しくありません。また、法テラスで紹介される法律家が必ずしも闇金問題に詳しいとは限らないという点にも注意が必要です。

闇金問題を早期に解決したい場合は、法テラスに頼むより、直接自分で闇金に強い法律家を探すのが、最も早い解決策でしょう。

闇金業者とグルになる悪徳法律家に注意

法律家の中には、闇金業者とグルになって被害者をカモにする悪質な法律家もいるため注意が必要です。このような悪質な法律家に引っかかってしまうと、さらに高い金額をむしり取られることになってしまいます。

悪徳法律家の特徴については、以下の記事で説明していますので、詳しく知りたい方は併せてご参照ください。

参考記事:闇金業者とグル?悪徳法律家の手口と見分け方

まとめ

今回は、闇金問題を長期化した時の取立てのリスク、闇金問題を長期化した時の金銭的なリスク、闇金問題を早期解決する方法、闇金問題を法律の専門家に相談するメリット、闇金問題を法律の専門家に相談するデメリット、闇金問題を相談する専門家を探す際の注意点などについて説明しました。

闇金問題は長引けば長引くほど金銭的な負担が大きくなり、周りの人にも精神的なストレスをかけることになります。自分や家族を守るためにも、できるだけ早期に法律の専門家に相談することをおすすめします。

我々ジェネシスは、借金問題に詳しい司法書士と元警察官がタッグを組んで、あなたの闇金トラブルを早期解決に導く司法書士事務所です。相談料無料・着手金については後払い・分割払いにも対応しております。秘密厳守でスピーディーに対応いたしますので、闇金への借金でお困りの方は、一人で悩まずにぜひジェネシスにご相談ください。