1. 司法書士法人ジェネシス
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. 闇金を完済した後に起こりやすいトラブルや対処法を解説

闇金を完済した後に起こりやすいトラブルや対処法を解説

相談・解決

「闇金からお金を借りても、後でしっかりと返済すれば問題ない」と考えている人は多いはずです。法外な金利で融資する闇金の場合、たとえ完済したとしてもトラブルが起こることはよくあります。

業者に個人情報が知れ渡っているため、お金を返済しないほうが良い場合もあります。闇金にお金を返済した後に発生するトラブルの事例と業者への対処方法を詳しく解説します。

闇金を完済すると発生するトラブル

法律に反して融資をしている闇金は、利益を得るために悪質な手口で利用者にお金を要求します。何かしらの理由により返済させ続けることで、闇金に関わる組織は成り立っているのです。

例えば闇金の利用者がお金を返済しない場合、何度も電話をかけたり朝晩問わず取り立てたりすることで強引に返済させます。職場や子どもの学校に取り立てて、利用者の人間関係を悪化させることもあります。

また、闇金にお金をすべて返済したとしても、業者は利益を得るためにさまざまなトラブルを引き起こします。あなたが闇金にお金を完済することで起こりうるトラブルは以下の4つです。

  • 借入が残っていると指摘される
  • 契約が勝手に更新される
  • 時間をおいて勧誘がくる
  • 無視していると取り立てがくることも

それぞれのトラブルにおける具体的な内容を解説します。

借入が残っていると指摘される

ブラックリストなど信用が低い人に金を融資する闇金は、利益を得るために法外な金利を設定しています。実際に闇金業者が取り決めている金利の例は以下の通りです。

  • 10日で5割の金利(トゴ):5万円借りると10日で25,000円の利息が発生
  • 10日で3割の金利(トサン):5万円借りると10日で15,000円の利息が発生
  • 10日で1割の金利(トイチ):5万円借りると10日で5,000円の利息が発生

これらの金利は年利に換算すると365%から1825%となり、出資法の上限金利である109.5%を大幅に超えています。また1ヶ月単位の返済ではないため、お金を用意するのが難しい問題点もあります。

闇金を借りる人は手持ちのお金が少ないことが多く、数万円の利息を返済するハードルは高いです。業者によっては利息の支払いだけで許すところもありますが、元金が減らなければ返済はいつまでも続きます。

たとえ業者の暴利に従ってお金を完済したとしても、更新料や手続きのミスなどを理由に返済を要求される場合もあります。業者が利益を取り続けるために、利用者には延々と返済を催促されるのです。

契約が勝手に更新される

闇金はお金を返済できる人から利益を得るために、完済した人に押し貸しすることもあります。完済した利用者の銀行口座にお金を勝手に振り込み、業者が借入契約を勝手に更新します。

本来ならば業者が勝手に振り込んだお金を、利息をつけて返済する必要はありません。ですが個人情報を闇金組織に入手されている以上、返済しないと業者が電話で催促します。

悪質な業者は利用者の職場や実家の電話番号を取得していることもあり、利用者がお金を返済しないと周りの人に取り立てます。実際に闇金から借りていることがバレて、人間関係が悪化するケースは多いです。

借りたお金を完済して闇金との関係が切れたと思っていても、押し貸しされれば返済の催促は続きます。

時間をおいて勧誘がくる

闇金を一度利用すると自宅や携帯の電話番号が記録されて、完済後に勧誘がくるパターンもあります。「またお金を借りてくださいよ」などと連絡して利用者に借金を促すのです。

中には「前回よりも金利を下げて融資額を増やしますよ」と宣伝する業者もいます。返済の実績があれば借入条件が良くなる場合がありますが、それでも法外な利息を要求されることは変わりません。

闇金は複数の電話番号を保有しているため、特定の番号を着信拒否しても勧誘は続きます。完済からすぐに連絡がなくても、半年から1年後に電話がくることもあるため注意しましょう。

無視していると取り立てがくることも

闇金からの押し貸しや勧誘は無視することで一時的に対処することは可能です。しかし業者に自宅や職場の住所が把握されていれば、直接会ってお金を取り立ててくる場合もあります。

「手続きの間違いにより借入残高が残っている」「手数料を支払え」といった理由をつけるのが取り立ての主なパターンです。業者が自ら利用者との関係を切ってくれることは少ないです。

実際に完済した人の体験談

インターネットには実際に闇金を利用して、完済した後にトラブルを経験した人の体験談がいくつかあります。あなたが知っておくべき被害例は以下の3つです。

  1. 完済したのに請求がきた
  2. 完済したらお金が振り込まれた
  3. 返済したのに完済が認められなかった

どのような被害を受けることがあるのか、それぞれの体験談を詳しく説明します。

完済したのに請求がきた

東京都付近に在住していて、闇金に完済した20代女性の体験談です。女性はお金を返済し終えた後に業者から電話がきて、新しい理由によりお金を請求されました。

請求に呆れた女性は携帯で闇金を無料相談できる場所に連絡しましたが、相談所からは相談料支払いを脅されました。仕方なく女性は相談所との電話を切り、完済した闇金に電話をして確認します。

電話したところ相談所が闇金に連絡した形跡はなく、女性は問題に対処するために弁護士と相談、弁護士からは「電話のやり取りに請求や脅しがないため、このまま無視すること」を指示されました。

利息と元金をすべて返済したとしても、何かしらの理由で請求される場合はあります。闇金に関わることで面倒なトラブルや被害にあう可能性は大きくなるのです。

完済したらお金が振り込まれた

2012年に闇金を完済した利用者の体験談です。この人はお金を借りたところ闇金に引っかかってしまい、完済した後に業者から勝手に銀行口座へお金が入金されました。

業者からの押し貸しに遭った利用者は弁護士と警察、どちらに相談すべきかYahoo!知恵袋で質問していたのです。その後、ベストアンサーによって利用者は弁護士と相談したことを推測できます。

勝手にお金が振り込まれただけでは事件性が乏しく、警察が取り合ってくれない可能性は高いです。闇金に引っかかったら専門家と相談したほうが良いことが、この体験談から分かります。

返済したのに完済が認められなかった

2002年に闇金から高額な借入をして被害を受けた利用者の体験談です。利用者は「といちや」という闇金から約90万円の資金を借りて、なんとか180万円程度の金額を支払って完済しました。

すると業者は完済した利用者に「完済して良いと誰が言った?」という様に怒鳴ったのです。利用者がこれ以上返済する義務がないことを指摘すると、業者はさらに怒鳴り返済を促しました。

怒鳴られまくった利用者は電話で「分かりましたよ」と言って対処しましたが、返済しようか悩んだのです。そして質問サイトで他のユーザーからアドバイスをもらい、闇金問題を解決しました。

一部の闇金は指定した方法以外で返済すると、完済が認められない場合もあります。お金を単純に返済しただけでは、トラブルが起こる可能性があるため注意です。

なぜ闇金問題は完済した後も続くのか?

「お金を返済したのだから、返済すれば問題はないはず」と思う人はいるかもしれません。しかし闇金組織には以下の3つの要素があるから、完済した後にもトラブルが起きるもの。

  1. 顧客の情報はすべて管理されている
  2. 業者が提携してデータを共有している
  3. 実態がないから対処が難しい

それぞれの要素を詳しく解説します。

顧客の情報はすべて管理されている

パソコンやスマホで顧客情報を記録できる今では、利用者の個人情報は業者によってすべて管理されています。借りている金額や返済状況なども細かく把握されているものです。

また、信用情報や商品の購入履歴まで記録されているから、お金の借りやすさや流されやすさも情報から判断できます。信用情報に問題があり、お金を借りやすい人はターゲットになりやすいです。

業者が提携してデータを共有している

闇金は複数の業者が提携していることが多くあり、利用者の個人情報はデータで共有されています。データの共有によりターゲットに業者が勧誘して、効率的に利用者の負債を増やすのです。

実態がないから対処が難しい

闇金からの借金が増えた利用者は、自分で問題を対処するのが難しくなります。利息の支払いで家計が厳しくなることや、取り立てにより被害を受けることは多いです。

たとえ警察に相談したとしても、何かしらの証拠がなければ取り合ってくれません。実態のない闇金から被害を防ぐのは難しいことです。

完済後のトラブルを防ぐには

「お金を返済した後に被害を受けるのは避けたい」と思う人は多くいるはずです。あなたが完済後のトラブルを防ぐのにオススメの方法は以下の3つです。

  1. 電話番号を変更する
  2. 銀行口座を解約する
  3. 弁護士や司法書士に相談する

なぜこれらの方法により闇金を対策できるのか、詳しく解説します。

電話番号を変更する

携帯電話の番号が業者にバレている人は、契約しなおして番号を変更することがオススメです。番号が変われば業者があなたに電話するのが不可能になり、勧誘や催促の連絡がなくなります。

銀行口座を解約する

お金を借りるときに利用した銀行口座は早めに解約することが重要です。口座を解約しておくことで押し貸しの被害を防ぎ、借入契約が自動で更新されることを避けられます。

弁護士や司法書士に相談する

自分で対策しても闇金からのトラブルを防げない人は、弁護士や司法書士に相談することがオススメです。専門家が闇金と交渉することで債務をなくしたり、取り立てをやめさせたりできます。

まとめ

闇金は利用者からお金を取り続けるために、完済した後にトラブルを引き起こすケースがよくあります。契約を勝手に更新して押し貸しすることや理由をつけて借入の返済を催促することもあるのです。

完済後のトラブルを防ぐには電話番号や口座を解約したり、司法書士などの専門家に相談したりすることがオススメです。闇金を借りた人は完済後もリスクがあることを知っておきましょう。