1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. 街金と闇金の違いとは?各業者の特徴と見分け方、借金するときの注意点

街金と闇金の違いとは?各業者の特徴と見分け方、借金するときの注意点

相談・解決

「街金と闇金は何が違うのかよく分からない」
「信頼できる業者からお金を借りたい」

お金に困っている消費者に融資してくれる業者として街金と闇金があります。高利貸しなどの問題で街金に悪いイメージをもつ人が多いですが、法律を守っている点で闇金とは異なるものです。

本記事では街金と闇金の違いを知ってもらうために、各業者の特徴や見分け方について解説します。

街金の特徴とは

街金とは特定の地域やエリアで個人向けローンを提供している小規模の消費者金融です。

大手の消費者金融と仕組みは同じですが、以下のような特徴があることで街金と呼ばれています。

  • 街の中心部にある雑居ビルで営業していることが多い
  • 街のいたるところに消費者金融の所在地がある
  • 街角の営業所でローンを勧誘している

街金は地域に密着して消費者に融資する傾向があり、大手消費者金融に比べて審査基準が優しめです。そのため銀行や大手消費者金融のカードローンを断られた人が主に街金を利用しています。

ただ、審査基準が甘いと貸し倒れリスクが高まるため、街金の金利は大手よりも高いです。借金が長引くと高金利で利息が増大してしまい、利用者が返済するハードルが高くなります。

闇金との違い

街金と似たようなイメージがある貸金業者として闇金があります。闇金は無登録で消費者にお金を融資する違法業者であり、かなり高い金利により高額な利息を徴収するのが特徴。

また、闇金は返済できない利用者に対して電話でしつこく取り立てます。1日に100件以上も電話をかけたり、返済しない人の自宅にピザや寿司などの出前を注文したりして嫌がらせすることも多いです。

利用者から搾取する傾向が強く、借金の完済を認めない闇金も一部にはいます。「指示を待たずに入金した」「追加の手数料が発生した」などの理由で返済を認めない悪徳業者は少なからずいるもの。

国や都道府県に登録して営業する街金とは異なり、闇金に手を出すとトラブルにつながるため注意しましょう。

サラ金との違い

街金と似たような意味合いで使われる言葉としてサラ金があります。サラ金は「サラリーマン金融」の略称であり、サラリーマンを相手に融資する消費者金融やカードローンを意味するものです。

サラ金は消費者金融すべてを対象とするのに対して、街金は小規模の消費者金融のみを指すのが特徴。ただ、サラ金と呼ばれていた頃は金利などの法律がなく、悪質な業者も中にはいました。

過去にはサラ金が高い金利でお金を貸し付けたり、利用者にしつこく取り立てたりしたのです。多重債務による自殺が社会問題になったことでサラ金に悪いイメージを持つ人は多くいます。

法整備により貸金業者への規制が強くなり、今では悪質なサラ金がほとんど存在しません。また、多くの金融機関がサラ金という言葉を避けるようになり、消費者金融をサラ金と呼ぶ人は少なくなりました。

上限額や金利

「街金から借りられる金額や金利が気になる」と思った人は多くいるでしょう。インターネットで利用できる街金の場合、利用上限額や金利は以下の通りです。

  • キャネット:利用上限額は50万円(2回目以降は300万円):金利は年15%から20%
  • フクホー:利用上限額は200万円:金利は年7.3%から18%
  • アロー:利用上限額は200万円:金利は年15%から19.94%

基本的に街金の金利は法律で定められた上限金利に近く、利用者の返済負担が大きくなる傾向。一方、メガバンクのカードローンを利用した場合、上限額や金利は以下のようになります。

  • 三菱UFJ銀行:利用上限額は500万円:金利は年1.8%から14.6%
  • 三井住友銀行:利用上限額は800万円:金利は年4.0%から14.5%
  • みずほ銀行:利用上限額は800万円:金利は年2.0%から14%

規模の小さい街金は大手金融機関に比べて借りられる上限額が低く、金利が高くなりやすいことを知っておきましょう。

利用するメリット

生活費などお金に困っている人が街金を利用するメリットは審査基準が大手よりも優しいことです。例えば、収入や属性などで信用が高くなく、銀行から融資を断られた人がいるとします。

街金であれば積極的に融資してくれることが多く、他で断られた人でも融資を受けることが可能です。国や都道府県から登録された金融機関だから、悪質な取り立ての被害にあう心配もありません。

利用するデメリット

街金は他の金融機関と提携していない場合がよくあり、大手に比べてサービス面が弱いです。今では即日融資を受けられるカードローンは多数ありますが、街金で即日融資を受けるのは難しいこと。

また、大手消費者金融に比べて借りられる上限額が低いデメリットもあります。例えばキャネットは初回利用時の限度額を50万円としていて、2回目以降から多額の資金を借りられる仕組みです。

街金と闇金を見分ける方法

違法な闇金を避けて合法な街金からお金を借りるには、街金と闇金を見分ける方法を知っておくことが重要です。

以下にある3つの方法により業者が合法であるのか判断できます。

  1. 住所や電話番号を確認する
  2. 登録番号をチェックする
  3. 利用者の評判を調べる

それぞれの方法について詳しく見てみましょう。

住所や電話番号を確認する

警察から摘発されて営業できなくなる事態を防ぐため、闇金は住所や固定電話番号を隠します。

悪徳業者が提供するチラシやホームページには、携帯電話番号しか掲載されていない場合が多いです。

一方、法律に従って合法的に営業している街金では、住所や固定電話番号をチラシやホームページに記載しています。街金が運営している各支店の住所と電話番号が掲載されていることも多いです。

お金を借りるために消費者金融を検討するときは、ホームページやチラシに住所・固定電話番号が掲載されているか確認しましょう。

登録番号をチェックする

消費者に融資して利息収入を得る貸金業を行う場合、国や都道府県から登録を受ける必要があります。もし登録番号をホームページなどに掲載していなければ、その業者は闇金である可能性が高いです。

チラシやホームページに掲載された登録番号を見て、登録貸金業者情報検索サービスで検索してみましょう。正規の消費者金融であれば貸金業者の住所や電話番号などが表示されます。

もし、以下にある2項目のどちらかに当てはまった場合、その業者は違法に営業している可能性が高いです。

  1. 登録番号を検索しても検索結果に何も表示されなかった
  2. 結果が表示されたが、ホームページと検索結果で住所や電話番号が異なる

最近の闇金は登録業者であることを偽るために、電話番号以外の情報を他社からパクる場合があります。たとえ検索結果が現れても、検討している業者が街金であるとは限らないため注意しましょう。

参考:https://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/

利用者の評判を調べる

SNSや掲示板などで誰もが口コミを呟ける今では、ネット検索で利用者の評判を調べることも有効です。例えば「〇〇(店名) 評判」で検索するとさまざまな人の口コミをチェックできます。

ただ、評価を高くしたい業者が利用者を偽って口コミを書いているケースが少なくないです。あくまでもインターネットの評判は参考程度に留めておくことをオススメします。

街金を利用するときの注意点

小規模の消費者金融である街金は審査のハードルが低い分、利用者が不利益を被る場合があります。

これから街金でお金を借りたい人が知っておくべき注意点は以下の4つです。

  1. 大手に比べて金利が高い
  2. 審査が甘いとは限らない
  3. 取り立てられる場合がある
  4. 借り過ぎると返済が難しくなる

それぞれの注意点について詳しく解説します。

大手に比べて金利が高い

街金は大手消費者金融や銀行に比べて金利が高く、利用者の返済負担が増えやすい欠点があります。

例えば50万円を借りて1年で完済する場合、街金と銀行における毎月の返済額は以下の通りです。

  • 銀行(三菱UFJ銀行の場合):45,034円
  • 街金(キャネットの場合):45,900円

この場合では銀行から借りられる人が街金を利用してしまうと、返済額が千円弱も増えてしまいます。あくまでも大手金融機関の審査に断られたときに街金を利用することがオススメです。

審査が甘いとは限らない

街金は大手に比べて経営基盤が弱く、貸し倒れが増えると倒産するリスクが高くなります。そのため融資の審査基準が必ずしも甘いとは限らず、人によってはお金を借りられない場合もあること。

安定した収入を得られない人や無職の人は街金であってもお金を借りるのは難しいです。もし街金すら利用できないときは生活福祉資金貸付制度の利用をオススメします。

取り立てられる場合がある

多くの街金では滞納による損失を防ぐために、返済していない利用者に取り立てます。業者によっては利用者の自宅を監視して、出てきたタイミングで返済を催促する場合もあること。

もし街金からの取り立てを防ぎたいときは、法律事務所に相談して街金に受任通知を発送してもらいましょう。司法書士の介入により街金は利用者に借金を直接取り立てることが不可能になります。

借り過ぎると返済が難しくなる

街金の金利は大手のカードローンよりも高く、借金が数百万円まで増えると返済が難しくなります。

例えば200万円を上限金利で借りて3年で返済する場合、毎月の返済額は7万円程度になるもの。

借金が増えすぎて返済が苦しいときは、なるべく早めに法律事務所で債務整理を依頼しましょう。司法書士があなたの収入状況などを確認して、最適な方法で借金を減らしてくれます。

任意整理や個人再生といった方法で手続きすることで、自分の財産を手放すことなく返済額を軽減することも可能です。債務整理により毎月の返済額を抑えることで生活の余裕を取り戻せます。

まとめ

店舗を全国展開していない小規模の消費者金融を街金と呼びます。街金は大手消費者金融に比べて審査が優しい分、金利がカードローンよりも高いのが特徴です。

もし銀行や大手消費者金融のローンを断られたときは、街金の融資を申し込んでみましょう。他の金融機関で審査に落ちた人でも、街金であれば融資を受けられる可能性があります。

街金を利用するときは住所や電話番号、登録番号を確認して闇金でないか確認することが重要です。闇金や借金によるトラブルにあったときは早めに法律事務所で相談しましょう。