1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. 給料ファクタリングは違法?悪質な手口や手数料・対策法を解説

給料ファクタリングは違法?悪質な手口や手数料・対策法を解説

相談・解決

「給料日よりも早くお金を手に入れたい」
「給料ファクタリングは違法なのか気になる」

税金が高くなり可処分所得が減っていく今、給料ファクタリングに頼る人が増えています。社会人は給料債権を業者に買い取ってもらうことで、自分の給料を前借りすることが可能です。

ただ、闇金業者が給料ファクタリングを提供することが多く、違法性が高いサービスであるリスクもあること。

本記事では給料ファクタリングの手口や対策法について解説します。

給料ファクタリングとは

法人から売上債権を買い取り、現金化に対応する金融取引がファクタリングです。一般的に資金繰りが厳しい企業がファクタリングを利用し、売掛債権の売却で早く現金を調達します。

そして会社で働く社会人が賃金を現金化できるよう、複数の業者が提供するサービスが給料ファクタリング。スマホから簡単に申し込める業者が多く、給料日よりも前に現金を手に入れられるのがメリットです。

給料債権の買い取りであるため、消費者金融を利用できないブラックでも給料を限度額として借金できます。ただ、給料ファクタリングは手数料がかなり高く、利用者が不当に損する事例が少なくありません。

どのようにして業者は給料を現金化するのか、給料ファクタリングという手口について詳しく見てみましょう。

給料の前借りを勧誘

給料債権を買い取りたい業者はホームページやSNSなどで給料ファクタリングを宣伝します。

例えば「給料ファクタリング」でネット検索すると、以下のようにアピールする業者が多数いるもの。

  • 借金ではないから利息は発生せず、返済で生活を圧迫しない
  • カードローンや消費者金融とは異なり、ブラックでもOK
  • 社会保険に加入している人なら誰でもサービスを利用可能

また、業者がSNSで「即日振込」「他店で断られた人もOK」などと発信して、さまざまなユーザーに給料ファクタリングを勧誘。そして電話やメールでお問い合わせがきたら、業者は手続きを始めます。

希望者を審査して契約

給料ファクタリングでは給料を買い取る必要がある以上、業者は希望者を審査します。

もしあなたが給料ファクタリングを申し込んだ場合、審査のために以下にある書類の提出を求められるのです。

  • 顔写真付きの本人確認書類(運転免許証など)
  • 保険証(社会保険)
  • 最近受け取った数カ月分の給料明細(または給料振込が記載された通帳のコピー)

これらの書類を参考にして、業者は希望者から給料債権を買い取れるか判断。

もし給料ファクタリングが可能であれば、希望者に給料債権の買い取りについて記載した契約書を送信します。

手数料を引いた資金を振込

給料の前借りを希望した人は業者の契約書を承諾することで、給料額から手数料を引いた資金が振り込まれます。

手数料の相場は10%から30%であり、給料が多いほど手数料は安くなる傾向です。

例えば、20万円の給料を貰っている人が手数料20%で給料を前借りした場合、4万円の手数料を引いた16万円が振り込まれます。実際には振込手数料も引かれるため、15万円ほどの資金が入金されるもの。

ほとんどの業者は即日振込に対応していて、営業日の19時までに申し込めば当日に資金が振り込まれる場合もあります。お金に余裕がない人が困らないよう、申込みから入金まで時間はあまりかかりません。

給料日に利用者が支払い

給料ファクタリングで前借りした利用者は期日までに給料全額を業者に支払うことが必要です。

返済期日は給料日から数日以内であることが多く、分割払いは基本的に認められません。

もし期日までに給料を業者に支払わなければ、業者が利用者に支払いを催促します。場合によっては利用者が働く会社に連絡する業者もいるため、支払いから逃れるのは難しいです。

給料ファクタリングの違法性

「給料を前借りするだけなら安全では?」と思った人はいるでしょう。

ただ、給料ファクタリングの実態は高利貸しと同じであり、出資法や利息制限法に違反しているパターンがよくあります。

例えば、30万円の給料を貰っている人が10%の手数料で給料を前借りし、10日後に3万円の手数料を支払うとします。手数料を利息として見れば、この場合の金利は年135%程度です。

出資法では年109.5%の上限金利を定めているため、上記の例では利用者と業者との契約は無効になります。

違法な金利である給料ファクタリングは数多くあり、法律上では利用者が給料全額を業者に支払う必要はありません。

給料ファクタリングが危険な理由

「上限金利を守って給料を前借りさせてくれる業者もいる」と考える人は少なからずいます。出資法が認知されている今では手数料を調整して、低金利を約束する業者も複数いるもの。

ただ、金利が違法でなくても給料ファクタリングには危険性があり、業者から給料を前借りするのは避けるべきです。

給料ファクタリングが危険な理由は主に3つあります。

  1. 手数料が割高
  2. 取り立てで会社にバレる
  3. 自宅に嫌がらせされる

それぞれの理由について詳しく見てみましょう。

手数料が割高

給料ファクタリングの手数料は給料により変動して、給料が少なくなるほど手数料が割高になります。

例えば、日経新聞の給料ファクタリング記事には以下のような事例が掲載。

  • 10万円が振り込まれ、1か月後に手数料を含む15万円を返済
  • 6万円を借りて1か月後に13万円の返済を続けて自己破産

業者から給料を前借りすることで自分の取り分は少なくなり、より生活に余裕が無くなってしまいます。「お金がないから」という理由で給料ファクタリングに頼るのはかなり危険です。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52860000S9A201C1ACYZ00/

取り立てで会社にバレる

もし資金の余裕がなくて業者に返済できなかった場合、利用者は給料債権を厳しく取り立てられます。

電話やメールで何度も催促されるほか、暴言や恫喝の被害にあうリスクも大きいです。

実際に日本ファクタリング業協会の相談事例には「会社に取引内容を告知して嫌がらせされた」「19時までに返済しないと会社に連絡」というケースが紹介されています。

給料の前借りで会社が取り立てられると、自分の信用を失って退職を迫られるリスクがあること。安定して会社で働き続けるには給料ファクタリングを利用しないことが重要です。

参考:http://www.j-factoring.or.jp/15560060947688

自宅に嫌がらせされる

給料ファクタリングの支払いが遅れてしまい、悪質な業者から自宅に嫌がらせされる場合もあります。

ファクタリング業協会の相談事例には「マンションのドア、掲示板に張り紙をされた」という場合もあること。

周囲の人たちに借金の滞納をバラされることで、世間体や人間関係が悪化する可能性が高いです。何も対策しなければ悪徳業者から追い詰められて、精神的に苦しみ続けることになります。

悪質な給料ファクタリング業者の対処法

「給料の前借りで被害にあわないか心配」と思った利用者はいるかもしれません。

もし給料ファクタリングに手を出してしまったときは、以下にある3つの方法で対処しましょう。

給料を振り込まない

給料ファクタリングを提供する業者は、高金利や無登録営業などで法律に違反している可能性が高いです。

違法な業者から不当に損しないために、自分の給料を支払うのはやめましょう。

出資法に違反した契約は無効となり、利用者が給料を支払わなくても法律上は問題ありません。もし業者から給料の支払いを催促されても、連絡を無視して振り込まないことが重要です。

業者と連絡しない

悪質な業者は何とか利用者から給料を徴収するために、脅しや暴言で取り立てます。

支払い催促で嫌な思いをしないためには、業者との連絡手段をブロックすることがオススメです。

例えば、電話の場合は登録外番号着信拒否機能により、業者からの電話をすべて拒否できます。メールであれば迷惑メール機能を利用したり、スパムメールとして報告したりするのが有効です。

法律事務所で相談する

返済しないことで自宅や勤務先に嫌がらせされて、精神的苦痛を受けている人はいるかもしれません。

もし業者からの嫌がらせが止まらない場合、法律事務所で相談しましょう。

法律事務所に債務整理を依頼することで、業者からの取り立てや嫌がらせを対策できます。また、違法な業者は摘発を避けるために法律の専門家と関わった利用者を避ける傾向です。

安全にお金を調達する方法

「給料を前借りしないと生活できない」と悩んでいるときは信頼できる金融機関などを利用しましょう。

以下にある3つの方法により誰でも安全にお金を調達できます。

  1. 消費者金融を利用する
  2. キャッシングを申し込む
  3. 社会福祉協議会に相談する

それぞれの方法について簡単に解説します。

消費者金融を利用する

銀行のカードローンに比べて審査のハードルが低く、お金を借りやすいのが消費者金融です。

消費者金融であれば収入の少ない人でもお金を借りられて、生活に必要な資金を確保できます。

利息制限法により利息が高額にならないから、給料ファクタリングよりも返済負担は少ないもの。一部の消費者金融では即日融資にも対応しているから、すぐにお金が欲しい人も安心です。

キャッシングを申し込む

クレジットカードを持っている人は、キャッシングでお金を調達しましょう。

審査が比較的緩い信販系であれば利用するハードルは低く、収入が少ない人でもキャッシング枠を得られます。

社会福祉協議会に相談する

「消費者金融やキャッシングすら利用できない」と悩んでいるときは、社会福祉協議会に相談することがオススメです。

担当者に収入状況などを伝えることで生活福祉資金を借りられる場合があります。

社会福祉協議会から借りたお金の金利は年1.5%程度であり、消費者金融よりも返済負担は少ないです。

生活するためのお金に困っている人はお近くの社会福祉協議会に訪問しましょう。

まとめ

社会人に給料を前借りさせて、後日に給料全額を支払わせる手口が給料ファクタリングです。

利用者にかなり高額な手数料を要求する違法業者が多く、嫌がらせなどの被害を受ける人が大勢います。

もし生活するためのお金に困っているときは、消費者金融や社会福祉協議会を活用することがオススメです。

また、悪質業者からの取り立てに悩んでいるときは法律事務所に相談しましょう。