1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. 闇金業者から迷惑料を請求された!被害者の実例と対処法

闇金業者から迷惑料を請求された!被害者の実例と対処法

相談・解決

「闇金業者から迷惑料を請求された」
「迷惑料を払わないと会社に連絡するといわれた」
このようなトラブルを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

闇金業者から借入れのキャンセル料等、理不尽とも思える口実で迷惑料を請求されるという事例は珍しくありません

本記事では、闇金業者から迷惑料を請求された場合、払う必要があるのかを検証、迷惑料を請求された実例をご紹介するのと併せて、迷惑料を請求された場合の対処法を説明します。

闇金業者から迷惑料を請求される理由

闇金業者は様々な口実を付け、迷惑料を請求してきます。以下では、闇金業者が請求理由として多く利用する名目について説明します。

キャンセルしたという名目

最もよく聞かれるのが、借入を直前でキャンセルした場合のキャンセル料です。申し込む寸前で、相手が闇金業者だと気付いたというケースや、借入を直前で思いとどまったというケースが該当します。断ったのにも関わらず、「待たせておいてキャンセルする場合にはキャンセル料が必要だ」「キャンセルするには迷惑料としていくらか払え」と要求されるといいます。

このようなキャンセル料としての名目での迷惑料請求の場合、申込寸前まで手続きが進んでいるため、連絡先や勤め先を知らせてしまっていることが多く、会社や家族に連絡をすると脅され、払わざるを得なくなるというケースが多いようです

返済が遅れたからという名目

返済が遅れた場合に請求されたという事例もあります。

延滞料ならまだ理解ができますが、返済が遅れたことに対する迷惑料というのは不自然にも思えます。ですが、実際に延滞料の他に返済が遅れたことに対する迷惑料も加算されて請求されたというケースも少なくないようです。

このように、闇金業者はあらゆる口実を使い、利用者から少しでも多くの金銭を巻き上げようとします。

完済してから請求されることも

中には、完済した後で迷惑料を請求されたというケースもあります。

闇金業者は返済が終わった後にも、「利息が不足しているから迷惑料を払え」等と理不尽に請求してくることがあります。また、再度の借入れを執拗に勧誘されることや、勝手に口座に振り込んできて返済を迫る、いわゆる押し貸しの被害に合うこともあるようです。

闇金業者を一度でも利用してしまうと、顧客データはいつまでも残るため、完済後にもいつまた連絡が来るかわかりません。「少しだけだから」、「すぐ返せば大丈夫だろう」などという軽い気持ちで闇金業者を利用することは、絶対に止めましょう。

闇金業者へ迷惑料を支払う必要はない

前章では闇金業者が様々な理由で迷惑料を請求してくることを説明しましたが、それでは迷惑料は払う必要があるのでしょうか?

借入のキャンセル料は請求できない

結論から申し上げると、闇金業者へキャンセル料を支払う必要は全くありません

一般的にキャンセル料とは、客から一方的にキャンセルをされたことにより事業者が被った損害を補填するためのものです。借入をキャンセルされたからといって、貸金業者に損害は認められないはずです。合法で営まれている貸金業者からの借入を直前にキャンセルしたとしても、キャンセル料は発生しません。
闇金業者の場合は、借入直前にキャンセルすると、必ずと言っていいほどキャンセル料を請求されますが、これに応じる義務はありません。

支払うように催促された場合、架空請求に該当するため無視して大丈夫ですが、会社に連絡が来る、家族に請求をされる等の場合は、早めに闇金対策を得意とする法律の専門家に相談することをおすすめします。

違法業者へは返済の義務すらない

闇金業者は、貸金業登録を行わずに営業している違法な存在です。違法業者に対しては本来、迷惑料どころか元本を返済する義務すらありません

義務がないといっても、返済をしなければ苛烈な取り立てを受けることになります。闇金業者とトラブルになれば、会社まで連絡が来て仕事に影響が出ることや、家族や友人にまで迷惑が及ぶことも珍しくありません。また、闇金業者のバックには反社会勢力が存在します。「返済しなくていいのなら借りてみようかな」というような甘い考えは捨てましょう。

支払えばさらに請求されることも

迷惑料を支払ってしまった場合、さらに追加で請求されるというケースがあります。これは、一度支払ってしまったばかりに、闇金業者にいいカモだと思われてしまったからです。

このように、「闇金業者とこれ以上もめたくない」と、お金を支払っても、逆効果になることがあるため、迷惑料の請求には決して応じてはいけません。

闇金業者から迷惑料を請求された事例

闇金業者から迷惑料を請求されるようなことが実際あるのかと、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。大手Q&Aサイトには闇金業者から迷惑料を請求されたという投稿が複数記載されています。その中から数例ご紹介します。

闇金業者にキャンセル料を払ってしまった

2015年頃、闇金業者へキャンセル料を支払ってしまったという方からの投稿です。

質問者の方は、直前で契約をキャンセルしたところ、キャンセル料を請求され、支払ったそうです。業者からは「データ消去料を差し引いた額を返金する」と言われたそうですが、当然振り込まれてはいないとのこと。この後、迷惑行為のようなことをされるのではないか、と心配になり質問サイトへ投稿したそうです。

回答者からは、「返金の話は嘘だろう」、「借入をした人間の99%は闇金業者の“カモリスト”に載ってしまうので、携帯電話の番号を変更するように」などというアドバイスを受けていました。

回答者の指摘通り、一度でも闇金業者へお金を支払った人間は、カモだと認定されてしまうため、闇金業者の理不尽な請求には絶対に応じてはいけません

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13153217983?__ysp=6ZeH6YeR44CA6L%2B35oOR5paZ

借りてもいないのに職場にまで連絡が来る

2008年頃、借りてもいないのに連絡が来て困っているという方からの投稿です。

質問者の方は、メールの一括送信で間違えて闇金業者へ連絡をしてしまったようだということでした。その後、借りてもいないのに闇金から職場にまで電話が来るようになり、金はいらないとはっきり伝えたところ、「職場にいられなくする」「迷惑料を払え」などと言われたということです。「職場にも迷惑をかけてしまい、本当に困った、何か解決策はありませんか?」という内容でした。

すでに警察には相談したが「警察が動けばエスカレートする可能性があるので、様子を見てくれ」と言われたという質問者に対し、回答者からは、「職場の電話を着信拒否設定にしてもらうといい」「国民生活センター・消費者センターに相談しましょう」などのアドバイスが寄せられていました。

この事例のように、闇金業者とのトラブルについては、暴力行為や度を越えた脅迫行為がある場合を除き、警察は積極的に動いてくれないことが多いです。

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217958972?__ysp=6ZeH6YeR44CA6L%2B35oOR5paZ

完済しているのに迷惑料だの利子だのを請求される

2016年頃、父親が闇金に手を出していたという方からの投稿です。

質問者の父親が闇金業者から初めに借りたお金は3万円だそうですが、利子を含み総額で40万円もの金額を請求されているそうです。借りた分の3万円については、すでに返済しているにも関わらず、毎日のように実家や父の携帯に利子分や迷惑料などの理由をつけて催促の電話がくるとのこと。さらに、母のパート先にも電話がくるようになり、精神的にまいってノイローゼ気味になってしまったそうです。このままでは家族が崩壊してしまう、どうしたら良いか教えてください、という内容でした。

この質問については、「法律の専門家へ相談するべき」という回答がベストアンサーに選ばれており、質問者からも「早速相談を行い、解決に向けて動いてもらっている」というコメントが付いていました。

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14156445479?__ysp=6ZeH6YeR44CA6L%2B35oOR5paZ

闇金業者から迷惑料を請求された場合の対処法

闇金業者から迷惑料を請求されても払ってはいけないということを上述しましたが、ではどのように対処すれば良いのでしょうか?以下では具体的な対処方法について説明します。

連絡を拒否する

闇金業者から迷惑料を請求された場合、まずは連絡をシャットアウトするようにしましょう。最近の闇金業者は、姿を現すことを嫌うため、ほとんどの場合、電話で連絡をしてくるのみで、実際に家まで来るということはまずありません。そのため、電話を着信拒否してしまえば、連絡手段はなくなります。

ただし、闇金業者の中に顧客データとしていつまでも残ってしまうため、可能であれば携帯電話を解約し、電話番号を変更することをおすすめします。

お金を支払わない

何度も申し上げた通り、闇金業者に迷惑料を払う必要はありません。

要求に応じてお金を支払ってしまうと、闇金業者からカモ認定されてしまい、さらなる請求を受ける羽目になってしまう可能性があるため、お金を支払うことは絶対に止めましょう

闇金対策の実績が豊富な専門家に相談する

闇金業者とのトラブルの相談先としては、

  • 警察
  • 消費者センター
  • 国民生活センター

等が挙げられます。ただし、前述の通り、警察は闇金被害では積極的に対処してくれることは少ないです。また、消費者センターや国民生活センターでも、対処方法の相談には乗ってもらえますが、実際に闇金業者に対応してもらえるわけではありません。闇金業者とのトラブルを速やかに解決したいと思った場合は、法律の専門家へ相談することをおすすめします

闇金対応の実績が豊富な専門家に相談すれば、闇金業者への対応を任せることが可能です。自分で対処する必要がなくなると思えば、それだけで気が楽になるのではないでしょうか。また、大抵の闇金業者は、法律の専門家が出てきた時点で、逮捕されることを恐れ、引いていきます。闇金業者からしつこく迷惑料を請求され困っている場合は、闇金対応の実績豊富な法律の専門家へ相談するようにしましょう。

まとめ

今回は、闇金から迷惑料を請求された場合、支払う必要があるのかどうかの検証と、実際に請求された実例の紹介、闇金業者から迷惑料を請求された場合の対処方法について説明しました。

闇金業者から迷惑料を請求されても支払う必要はありません。通常、無視していればそのうち諦めるはずですが、無視し続けても執拗に請求してくる場合や、家族の元にまで連絡されるなど、トラブルに発展した場合は、速やかに闇金対策の豊富な実績を持つ法律の専門家へ相談するようにしましょう。

我々ジェネシスは、借金問題に詳しい司法書士と元警察官がタッグを組んで、闇金トラブルに対応する司法書士事務所です。相談は無料で、着手金については後払い・分割払いにも対応しています。闇金業者から迷惑料を請求されて困っている、闇金業者とのトラブルを解決したいという方は、一人で悩まずにお気軽にご相談ください。