1. 司法書士法人ジェネシス
  2. コラム
  3. 闇金の手口
  4. 闇金業者が融資する流れとは?悪質な手口やトラブルの対策方法

闇金業者が融資する流れとは?悪質な手口やトラブルの対策方法

闇金の手口

「闇金からお金を借りる流れが気になる」
「どのような手口でトラブルになるのか知りたい」

違法な金利で融資をして、悪意をもって利用者から搾取するのが闇金業者です。一度でも闇金を利用すると個人情報が知られてしまい、取り立てや嫌がらせの被害に遭う可能性が高くなります。

闇金トラブルを防ぐには悪徳業者の手口を知っておくことが重要。本記事では闇金業者が融資する流れや悪質な手口、利用者がトラブルを対策する方法について解説します。

闇金業者が融資する流れ

国や都道府県に貸金業者として登録することなく、無認可でお金を貸し付けるのが闇金です。

すべての闇金業者が法律を守らず、違法な利息を利用者に請求して利益を得ている実態があります。

テレビなどで悪徳業者の実態が知れ渡った今では、わざわざ金利の高い闇金を利用する人は少ないです。一方、債務整理や滞納などの理由で金融機関を利用できず、闇金に頼らざるを得ない場合もあります。

「闇金がどのように利用者から搾取するのか気になる」と思った読者はいるかもしれません。トラブルに発展する理由を知るために闇金業者が融資する流れを見てみましょう。

チラシやSNSで融資を勧誘

闇金業者は銀行や消費者金融を利用できない人をターゲットにして勧誘します。ブラックや滞納者はお金に困っていることが多く、審査不要で融資を受けられる闇金を利用する傾向があるため。

例えば、SNSでお金を借りたい人を検索して「DMください」といった連絡をします。もし闇金業者の連絡に応えてしまうと、そのまま闇金から借金する流れに進むのです。

また、国が発行している官報を活用して闇金業者がポストにチラシやDMを送付する場合もあります。自己破産などで借金を減らした人は官報に住所・名前が記載され、悪徳業者から狙われやすくなるもの。

過去に裁判所で債務整理をした人は悪徳業者の被害に遭いやすくなるため注意しましょう。闇金から勧誘を受けないためには、怪しいSNSアカウントやDMを拒否することが重要です。

参考:https://kanpou.npb.go.jp/

申込者から個人情報を収集

SNSやチラシで闇金を知り、資金の融資を申し込んでしまう人は一定数います。

もし申込者からの問い合わせがあれば、闇金業者はお金を貸し付ける前に個人情報を収集。

申込者の名前や住所・連絡先だけでなく、勤務先の連絡先や実家の電話番号まで闇金業者は求めます。幅広く個人情報を収集する理由は申込者による借金の返済逃れを防ぐためです。

もし住所や連絡先の分からない相手にお金を融資すると、貸した資金を取り戻せなくなるリスクがあります。闇金が融資する相手は信用が低いことも多く、借りパクされる可能性もあること。

必要な個人情報が集まらなければ、闇金業者は申込者に資金を融資しません。お金を貸し付けた後の取り立てを実現するために、個人情報の提出を要求されることを知っておきましょう。

違法金利で資金を貸付

申込者から個人情報を収集した闇金業者は違法な金利で資金を融資します。

初回の利用では数万円の融資となる場合が多く、利用回数が増えると融資額が大きくなる傾向です。

例えば、インターネットで勧誘する多数の闇金業者は10日3割の利息を利用者に要求します。もし利用者が5万円を借りてしまうと、10日後に6.5万円を返済することが必要です。

10日3割の利息は年1095%(単利)の利息と同じであり、法律上の上限金利である年20%を大幅に違反しています。非常に高い利息を請求して不当な利益を得るのが闇金業者の目的です。

返済できない利用者に取り立てる

違法金利で借りたお金を返済するのは難しく、期日までに返済できない闇金利用者は多くいます。

もし利息すら返済できなければ、闇金業者は滞納者に厳しく取り立てるものです。

過去には闇金や消費者金融などの借金が積み重なり、精神的苦痛で自殺した人もいました。闇金業者からの取り立てで被害に遭わないためには、早めに対策しておくことが重要です。

闇金の悪質な手口

「どのような手口で闇金は搾取するのか不安」と悩む人は少なからずいるでしょう。

最近の闇金業者は上記で紹介した違法融資の他にも、さまざまな方法で人々から搾取しようと働きます。

トラブルを避けたい読者が知っておくべき闇金の悪質手口は以下の3つです。

押し貸し・空貸し

闇金業者は借金を完済した利用者にお金を振り込み、返済を要求する場合があります。

個人情報を把握している業者に押し貸しされると、返済から逃れにくいリスクがあること。

闇金業者が勝手に資金を振り込んでいるため、押し貸しされた被害者には返済義務がありません。ただ、個人情報が知られているので返済しないと取り立て被害に遭ってしまいます。

また、多重債務で借金の総額を把握していない利用者に対して悪徳業者が空貸しする場合もあること。実際には存在しない借金を取り立てて、不当に返済金を得るのが業者の目的です。

空貸しされた被害者は個人情報を知られていることが多く、返済しなければ取り立てや嫌がらせを受ける場合がよくあります。押し貸しや空貸しでお金を搾取していくのが闇金の手口です。

生活保護費・年金担保

闇金業者はお金を借りた利用者が滞納しないよう、生活保護費や年金を担保にする場合もあります。

国から支給される資金を担保にして、違法な利息を確実に得るのが業者の目的。

生活保護費・年金を担保にする場合、融資前に業者は申込者に通帳や印鑑・年金手帳の提出を要求します。そして利用者に代わって保護費や年金を引き出し、返済に充てるのが業者の手口です。

もし生活保護や年金を担保にお金を借りてしまうと、受け取れるお金が少なくなり生活苦となるリスクがあります。闇金業者に要求されても、通帳や印鑑などの貴重品を提出するのはやめましょう。

脱法質屋

闇金業者は警察からの摘発を防ぐため、質屋に偽装して資金を融資する場合があります。

質屋には法律で年109.5%の金利が認められていて、高い利息を合法的に請求することが可能です。

本来の質屋ではまず、申込者から価値のある質草を受け取ります。そして質草の価値を考慮した資金を融資して、3か月以内に返済できなければ質流れとなる仕組みです。

一方、脱法質屋では利用者から受け取った質草の価値を考慮せずに資金を融資。利用者は質流れで返済から逃れることができず、借金を滞納すれば悪質業者から取り立てられます。

また、融資前に必要書類にサインさせられて、返済日に口座から引き落とされる場合もあること。全国質屋組合連合会を参考にして、安全性の低い質屋を避けることがトラブル防止につながります。

参考:http://www.zenshichi.gr.jp/

闇金業者が取り立てる流れ

「闇金からどのように取り立てられるのか気になる」と思った読者は多くいるでしょう。

一般的に闇金業者は以下の流れで借金を取り立てて、利用者に返済を催促します。

本人に何度も連絡

闇金業者は期日までに返済しなかった利用者本人にまずは連絡します。

最初のうちは親切に対応しますが、滞納している利用者が反抗すると業者は厳しく取り立てるものです。

例えば、深夜や早朝に何度も電話をかけたり、1日に100件以上も連絡したりします。借金を返済させるために自宅への訪問や家族の誘拐を示唆して、利用者に脅す場合もあること。

実家や勤務先に電話で催促

何度も本人に連絡して意味がなければ、闇金業者は滞納者の実家や勤務先に取り立てます。

本人と同じく1日に何度も電話をかけて、日常生活や業務に悪影響をおよぼすのが業者の手口。

過去には勤務先の電話回線がパンクしてしまい、返済を延滞していた利用者が退職を迫られた事例があります。借金を放置することで闇金トラブルは大きくなるため注意しましょう。

デリバリーや通報で嫌がらせ

借金返済を延滞し続けると、滞納者の自宅にデリバリーや通報をして嫌がらせされる場合もあります。

周囲に迷惑をかけて滞納者の世間体を悪化させ、精神的苦痛を与えるのが闇金業者の目的です。

例えば、大量のピザや料理を電話で注文して、滞納者の自宅に送りつける事例があります。嫌がらせによる注文を受取拒否すれば、お店からマイナスな印象を持たれる原因になるでしょう。

また、嫌がらせの緊急通報で消防車などが自宅に来て、周囲から変な目で見られるケースもあります。問題を起こすことなく生活を続けるには、取り立てや嫌がらせを対策することが重要です。

闇金トラブルを対策する方法

本記事では闇金業者が融資する流れや滞納者に取り立てる流れについて解説しました。

「悪質な闇金被害を防ぎたい」と思った読者は多くいるかもしれません。

闇金からお金を借りてしまった人は、以下の3つの方法で闇金トラブルを対策しましょう。

闇金業者と連絡しない

脅しや暴言による取り立てを防ぐためには、闇金業者との連絡を拒否することがオススメです。

例えば、登録外番号着信拒否により見知らぬ電話からの着信を簡単にブロックできます。

もし悪質業者とSNSで連絡している場合、ブロックやプライベート機能を活用して連絡手段を潰しましょう。闇金業者との連絡を拒否することで取り立て被害をうまく防げます。

危険なときは警察に通報する

一部の闇金業者は返済しない利用者にキレて、直接会って取り立てる場合があります。

もし不審者によるストーキングなどを感じたときは、早めに警察へ通報しましょう。

闇金に強い法律事務所に相談する

「確実に闇金トラブルを解決したい」と考えている読者はいるかもしれません。

司法書士法人ジェネシスでは取り立てで悩んでいる人に闇金問題のスピード解決を提供しています。

最短即日で闇金業者の取り立てをストップでき、専門家との相談料は無料です。家族や職場に知られることなく手続きでき、件数が増えるほど1社あたりの費用が下がるメリットがあります。

闇金トラブルに悩んでいる人はぜひ、電話またはメールでジェネシスにご連絡ください。

まとめ

闇金業者は他から借金できない人に宣伝して、違法な金利でお金を貸し付けます。

闇金から借金すると高額な利息を請求されてしまい、返済できなければ厳しく取り立てられるもの。

闇金トラブルを防ぐためには連絡を拒否したり、法律事務所で相談したりすることがオススメです。悪徳業者による手口を知っておき、被害に遭わないよう注意しましょう。