1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 闇金の手口
  4. 闇金の借金で後悔?利用した人の体験談やトラブルを防ぐ方法とは

闇金の借金で後悔?利用した人の体験談やトラブルを防ぐ方法とは

闇金の手口

「闇金からお金を借りてみたいけど、トラブルにならないか不安」
「実際に闇金を利用して後悔した利用者から、体験談を聞いてみたい」

審査がなくだれでも借りられる闇金を利用して、悪徳業者から被害を受けた人は多くいます。期日までに返済してもトラブルに巻き込まれることは多く、後悔する利用者は後を絶ちません。

借金問題で被害に遭わないためには、体験談や対策方法を知っておくことが重要です。この記事では、闇金で後悔した人の体験談や、悪徳業者とのトラブルを防ぐ方法について解説します。

闇金で後悔した人の体験談

「闇金を利用した人が周りにいないから、体験談を聞くのは難しい」と思った人はいるでしょう。従来に比べて闇金の利用者は減りましたが、インターネットには闇金で後悔した人の体験談が掲載されています。

借金した後のイメージを知りたいあなたが見ておくべき、闇金利用者の体験談は次の7つです。

  1. 工場の資金難で闇金から借りた
  2. 元金の倍以上返済しても完済できない
  3. ギャンブルで借金が膨大な額に
  4. 闇金のDMに連絡して後悔
  5. 子どもを誘拐すると脅された
  6. 完済したのに実家に連絡された
  7. 勝手に宅配ピザや葬儀屋に注文された

それぞれの体験談について詳しく解説します。

工場の資金難で闇金から借りた

2019年9月ごろに父親が闇金を利用してしまった人の体験談です。この利用者は工場を経営している父親を心配して、インターネットにある質問サイトで解決方法を相談しました。

父親は事業の収益性が悪化してしまい、資金難から逃れるために闇金を利用。結果として、お金を返済しても借金が残り続けて、闇金を利用してしまったことを後悔しています。

質問サイトのベストアンサーでは、闇金に強い法律事務所で相談することを勧められて、質問した人は専門家に相談することを決心。法律に強い専門家に任せることで、すぐに闇金からの取り立てに対策できます。

参考:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10213370620?__ysp=6ZeH6YeR44CA5b6M5oKU

元金の倍以上返済しても完済できない

闇金からの取り立てにより精神的に追い込まれて、2016年8月に質問サイトで相談した人の体験談です。この相談者は闇金からお金を借りた後、取り立てや嫌がらせの被害を受けていました。

資金に余裕のない相談者は利息だけ返済し続け、元金の倍以上ものお金を返済。それでも借金を完済させてもらえず、働いている会社にかかってくる返済を催促する電話がなくなりませんでした。

警察に相談しても嫌がらせが止まらなかったため、相談者は弁護士に依頼すれば被害を防げるのか質問します。そこで親切な回答者に法律事務所で無料相談する方法を教えてもらい、さっそく相談者は専門家に相談しました。

闇金との借金問題は民事となるため、警察に相談しても取り立てを防げないことはよくあります。闇金からの嫌がらせを確実に解決するには、法律事務所で相談することがオススメです。

参考:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13162704088?__ysp=6ZeH6YeR44CA5b6M5oKU

ギャンブルで借金が膨大な額に

ギャンブルで勝つために闇金を利用してしまい、後悔した人の体験談です。この利用者は競馬で負けた分を取り返そうとして、闇金から借りたお金で馬券を買っていました。

何度も闇金からお金を借りてギャンブルをした結果、利用者の借金は膨れ上がったのです。毎月の利息を返済するために生活が厳しくなり、借金地獄から抜け出したいと後悔します。

普通の生活に戻るために弁護士と相談すべきか確かめるために、利用者は質問サイトで尋ねました。結果としては、ユーザーからの投票によって「弁護士を見つけるのは難しい」という回答が選ばれています。

一般的に借金の理由がギャンブルである場合、自己破産などによって借金を解消するのは難しいことです。娯楽のために借金を利用してしまうと、裁判所から破産が許可されない場合があります。

しかし、闇金は違法な金利で融資していることもあり、弁護士や司法書士によっては借金問題を解決することは可能です。ギャンブルで闇金を利用してしまった人も、とりあえず法律事務所で相談することを勧めます。

参考:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10154301530?__ysp=6ZeH6YeR44CA5b6M5oKU

闇金のDMに連絡して後悔

闇金からのDMがしつこくて、安易に電話して後悔した人の体験談です。この人は大手金融機関の名称が記載されたDMにうんざりして、メールを止めるために番号に電話しました。

「DMを送らないでくれ!」と言ったところ、「DMを止めてほしいなら申し込みと審査が必要」と業者が回答。借りる意思がないことを主張しましたが、業者は勝手に申し込み手続きを進めようとしました。

手続きを止めるために電話を切り、どうしたらよいか知るために質問サイトに相談したのです。相談者に無視することを勧める回答が多くあり、相談者は無視を決め込んだと推測できます。

闇金の中で働く人たちは、借り手が増えると給料が増えるため、強引に融資する人が少なくありません。借金トラブルに巻き込まれないためには、悪徳業者に連絡しないことが重要です。

参考:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1013378455?__ysp=6ZeH6YeR44CA5b6M5oKU

子どもを誘拐すると脅された

2010年7月ごろに夫から満足に生活費をもらえず、闇金に手を出してしまった女性の体験談です。女性は闇金からお金を借り始めたところ、たくさんの業者から勧誘の電話がきました。

借金を返済するお金がなく、女性は勧誘した闇金から借りたお金で借金を返済したのです。闇金からの借金と返済を繰り返したところ、9月には借りている闇金業者の数が9件まで増加します。

なんとか闇金に借金を返済していると、女性の仕事場にある業者から架空請求がきました。業者に対して反論したところ、女性の夫に電話で「子どもを誘拐する」と脅されたのです。

弁護士や警察に相談しましたが、不幸なことに闇金との関係を断ち切れませんでした。後悔した女性は被害を防ぐためのアドバイスを求めて、質問サイトに体験談をそえて相談したのです。

質問に回答してくれた人のアドバイスに従って、女性は他の弁護士に相談しました。弁護士や警察に相談しても問題が解決できない場合は、他の法律事務所に相談すべきであることが分かります。

完済したのに実家に連絡された

2013年3月に闇金を利用してしまい、悪徳業者からの電話で悩んでいる人の体験談です。元利用者は借りたお金を闇金に完済しましたが、数か月後に自分の携帯に闇金からの着信が何度もありました。

着信を無視し続けたところ、元利用者の実家に闇金が友人のふりをして電話をかけたのです。完済したのに実家に電話をかけてきたことが不安で、警察に相談すべきか質問サイトで助言を求めました。

「警察の生活安全課に相談すべき」という回答がベストアンサーにあるため、元利用者は警察に相談したと予想できます。既に借金がない場合、トラブルを解決するのには警察と相談するのがオススメです。

参考:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12109110112?__ysp=6ZeH6YeR44CA5a6f5a62

勝手に宅配ピザや葬儀屋に注文された

2014年ごろに闇金に引っかかってしまい、取り立てや嫌がらせを受けた人の体験談です。この人は間違って闇金を利用してしまった結果、仕事場や親族、子どもの学校に闇金から電話で取り立てられました。

警察や弁護士に相談しても、「お金を払うな、トラブルが収まるのを待て」としか言われませんでした。取り立てを無視し続けた結果、自宅に宅配ピザや葬式屋がくる嫌がらせを受けたのです。

闇金の嫌がらせを止めるには、闇金に強い法律事務所に相談することが重要です。闇金を取り扱わない弁護士や警察に相談しても、嫌がらせや取り立ての被害に遭遇してしまう場合があります。

参考:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10138729870?__ysp=6ZeH6YeR44CA44OU44K2

闇金に引っかかって後悔しないためには

「悪質な闇金に引っかかって後悔したくない」と思う人は多くいらっしゃるでしょう。悪徳業者からお金を借りてトラブルになるのを防ぐ方法は主に3つあります。

  1. 怪しい業者に個人情報を伝えない
  2. ブラック融資可能なところから借金しない
  3. 闇金を利用している親戚がいないか確認する

それぞれのポイントについて詳しく見てみましょう。

怪しい業者に個人情報を伝えない

闇金は他の悪徳業者とつながっていることが多く、保有している個人情報を共有します。実家や勤務先への嫌がらせを防ぐためには、自分の個人情報を安易に教えないことが重要です。

お金を借りるときに実家の住所や電話番号を聞かれたら、相手が闇金でないかチェックしましょう。登録貸金業者情報検索サービスで正規の貸金業者であるのか確認できます。

参考:https://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php

ブラック融資可能なところから借金しない

信頼性のある銀行や消費者金融は、申込者の信用を確認してブラックな場合は融資しません。信用がなければお金が返済されない可能性が大きくなり、金融機関に不利になるからです。

チラシやパンフレットに「ブラック融資可能」と記載されていたら、その業者は闇金である可能性が大きいです。闇金はかなり高額な利息によって、貸し倒れリスクを抑えています。

闇金を利用している親戚がいないか確認する

たとえ自分が借金をしていなくても、親戚が闇金を利用してトラブルへと巻き込まれてしまうことがあります。お金に困っている親戚が近くにいる時は、闇金を利用していないか本人に確認しましょう。

闇金からお金を借りてしまったら?

既にお金を闇金から借りていて、悪質な取り立てや嫌がらせで後悔している人はいるかもしれません。闇金からの被害を抑えるためには、次のような方法があります。

  1. 闇金にお金を返済する必要はない
  2. 業者からの連絡は無視する
  3. 嫌がらせを防ぐために法律事務所で相談

それぞれの方法について簡単に見てみましょう。

闇金にお金を返済する必要はない

闇金が決めている金利や利息は違法であり、お金を借りても返す必要はありません。お金を返済してしまうと、「こいつからはお金を搾り取れる」と認識されるため注意しましょう。

業者からの連絡は無視する

最近は闇金に対する取り締まりが厳しく、利用者に直接会って取り立てる業者は少ないです。知らない番号からの着信を無視して、闇金の取り立てを避けることを勧めます。

嫌がらせを防ぐために法律事務所で相談

闇金からの取り立てを無視すると、自宅や実家などに嫌がらせをされる場合があります。悪徳業者からの被害を完全に止めるには、闇金に強い法律事務所で相談しましょう。

闇金は後悔する可能性が大きい

実際に闇金を利用した人はさまざまなトラブルに遭遇することが多く、安易に借金してしまうと後悔します。何かしら事情があったとしても、悪質な闇金に手を出さないようにしましょう。