1. 司法書士法人ジェネシス
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. 異動情報が登録されるとどうなる?クレヒスがブラックになる理由

異動情報が登録されるとどうなる?クレヒスがブラックになる理由

相談・解決

「返済を延滞してしまいブラックになってしまった」
「異動情報の登録理由や対処する方法を知りたい」

カードローンなどの返済状況は信用情報機関に保存されていて、滞納や延滞した人には異動情報を登録されます。異動情報は信用が低いことの証であり、銀行や消費者金融の審査に悪影響を与えるもの。

クレヒスがブラックになっていないか確認するには、異動情報の有無をチェックすることが必要です。

本記事では異動情報がクレヒスに登録される理由や対処法を解説します。

異動情報が登録される理由

異動情報とはキャッシングやローン、クレジットカードを利用している人が何らかのトラブルにより信用が低下したとき、金融機関が共有する信用情報やクレヒスに登録されるものです。

例えば多数のクレジットカード会社が加盟する信用情報機関「CIC」の場合、返済を一定期間以上延滞したり債務整理したりすることで異動情報を登録します。

そして延滞した人のクレヒスが傷ついてしまい、数年間は金融機関の審査に通りにくくなるもの。借金を返済しないことでブラックになり、新たなローンやクレジットカードを利用できなくなります。

「クレヒスがブラックになる具体的な理由を知りたい」と思う人は多くいるでしょう。信用情報機関がクレジットカードの利用者に異動情報を登録する理由は主に3つあります。

  1. 返済期日から61日以上延滞
  2. 保証履行
  3. 債務整理

それぞれの登録理由について詳しく見てみましょう。

返済期日から61日以上延滞

クレジットカードで買い物したあとに、購入代金をカード会社に返済しなければブラックになります。異動情報が登録される目安はクレジットカードの支払日から61日以上も延滞することです。

例えば3月31日に5万円の支払いがあるとして、料金を返済せずに放置するとします。すると5月末にはCICにより異動情報が登録されてしまい、金融機関のブラックリストになるのです。

返済を延滞し続けている限りは異動情報が更新され、返済終了後から5年間はブラックとなります。長期間の延滞によりクレジットカードを作るのが難しくなり、不便な生活を強いられるでしょう。

保証履行

クレジットカード会社は料金を返済しない利用者がいた場合、保証会社に代理返済を求めます。貸し倒れリスクをなくすため、延滞した人の代わりに借金を返済するのが保証会社の役割です。

そして保証会社による代理返済が完了すると、延滞した人は保証履行により異動情報が登録されます。少なくとも保証履行日から5年間はブラックになり、カードやローンの審査が厳しくなるのです。

また、保証履行による異動はクレジットカードの延滞以外でも発生します。例えば、家賃を支払わなかったときに大家が保証会社から家賃分の金額を受け取ると、滞納した住居者はブラックになるのです。

60日以内にカード料金を返済したとしても、クレジットカード会社による保証履行で異動情報が登録されるため注意しましょう。

債務整理

クレジットカードの使い過ぎで料金を支払えなくなり、法律事務所で債務整理した人はいるでしょう。法的手続きにより自分の借金を減らしたときも信用情報機関が異動情報を登録します。

債務整理には任意整理や民事再生、自己破産という方法があり、クレヒスを保管するCICでは自己破産のみ5年間も異動情報を保存。任意整理や民事再生ではクレヒスが傷つきません。

ただ、他の信用情報機関では任意整理や民事再生も記録され、ローンなどの審査に悪影響を与えます。もし借金の返済で苦しい場合は早めに法律事務所で債務整理を相談することがオススメです。

自分の異動情報をチェックする方法

「支払いの延滞で異動情報が登録されていないか不安」と思った人はいるかもしれません。

自分がブラックになっていないかチェックするには、信用情報の開示を依頼することが必要です。

CICが記録するクレヒスに異動情報がないか調べるには、以下の手順に従って手続きを進めましょう。

CICに情報開示を依頼する

自分の信用情報を確認するにはまず、CICに情報開示を依頼します。CICの「情報開示とは」から申込み方法を見たり、インターネットで情報を開示したりすることが可能です。

例えばCICのインターネット開示を申し込む場合、パソコンまたはスマホとカード契約で利用している電話を用意します。そしてインターネット開示から手続きを始めることで、難なく開示報告書を受け取れるでしょう。

インターネット開示の手数料は1,000円であり、クレジットカードの1回払いのみ対応しています。もしクレジットカードがない場合は郵送開示または窓口開示で情報を開示することがオススメです。

国内の主要都市にあるCIC開示窓口に訪問すると、500円の手数料と必要書類だけで自分の信用情報をチェックできます。

参考:https://www.cic.co.jp/mydata/sp/index.html

お支払の状況を見る

CICに情報開示を依頼して報告書を受け取ったら、まずは報告書内にある「お支払の状況」を確認しましょう。

一般的な開示報告書では「お支払の状況」が以下のように掲載されています。

  • 報告日:令和1年6月20日
  • 請求額:100千円
  • 入金額:0千円
  • 残債額:100千円
  • 返済状況:異動(異動発生日:平成31年2月1日)

日時や金額は開示した人によって異なり、返済状況により異動の有無を確認できるものです。

上記の場合では請求額に対して入金額が0円であり、61日以上の延滞により異動となっています。

入金情報を見る

自分のクレヒスをより詳しく確認したい人は、開示報告書の「入金状況」をチェックしましょう。入金状況には過去2年間において申請者が借金を返済したのか記録されています。

CICでは入金状況を記号で記録していて、基本的には以下のような記号が使われる傾向です。

  • $:請求額どおりに借金が返済された
  • A:申込者の事情で期日までに借金が返済されなかった
  • (空欄):クレジット会社などから情報が更新されなかった

もし開示報告書の見方がイマイチ分からないときは、CICの「信用情報開示報告書の見方」を参考にしましょう。

見方を理解することで借金の総額や延滞の有無をスムーズにチェックできます。

参考:https://www.cic.co.jp/mydata/report/documents/kaijimikata-2.pdf

異動情報によるデメリット

CICで信用情報を開示した結果、お支払の情報に「異動」が記載されていた人はいるかもしれません。

もし異動情報が登録されてしまうと次のような3つのデメリットがあります。

クレジットカードを作れなくなる

異動情報の登録により信用が低下すれば、クレジット会社の審査がかなり厳しくなります。たとえ年収や属性などの条件に問題がなくても、新たなクレジットカードを作りにくくなるのです。

特に銀行系や独立系といった種類のクレジットカードは異動情報があると審査がほぼ通りません。

また、ステータス性の高いゴールドカードやプラチナカードを申し込んでも、信用情報で落とされてしまいます。

クレジットカードを作れなくなれば、キャッシュレス還元や会員特典を利用できないデメリットがあるもの。料金支払いを延滞することでお得なサービスを受けられなくなります。

銀行から借金できなくなる

異動情報により金融機関からブラック認定されれば、新たに借金する難易度も高くなります。多くの銀行では貸し倒れリスクを避けるため、異動のある人に融資を許可しません。

例えばクレジットカードの料金を延滞し続けることで、住宅ローンやカードローンなどが利用不可能になります。ローンを検討している人は滞納で異動情報が登録されないよう注意しましょう。

スマホの分割払いが不可能になる

CICには国内大手キャリアであるドコモやau、ソフトバンクが加盟しています。もしCICに異動情報が登録されれば、高額なスマートフォンの分割払いが通らない可能性もあること。

スマホの分割払いはローンと同じであり、支払いを延滞する人には少額のローンすら許可されません。異動情報により高価なスマホやパソコンなどを分割払いで購入できなくなるデメリットもあります。

異動情報のある人が借金する方法

異動情報を登録されると信用が下がり、多くの金融機関からお金を借りられなくなります。ただ、一部の消費者金融などでは独自の審査により、移動のある人に融資してくれる可能性もあること。

異動情報のある人が借金するオススメの方法は以下の3つです。

  1. ACマスターカードを利用する
  2. 規模の小さい消費者金融を申し込む
  3. 生活福祉資金貸付制度を活用する

それぞれの方法について詳しく見てみましょう。

ACマスターカードを利用する

ACマスターカードは大手消費者金融のアコムが発行するクレジットカードです。自動契約機ですぐにカードを発行でき、最高300万円までクレジットを利用できるメリットがあります。

年収や属性などの利用条件はなく、異動情報のある人でもカードを発行できる可能性はあるもの。「どうしてもクレジットカードが必要」という人にACマスターカードはオススメです。

規模の小さい消費者金融を申し込む

自店舗を全国展開していない中小消費者金融では、信用情報が悪い申込者に融資する場合があります。

異動情報があることで借金が0円と判断され、貸す側のリスクが減るためです。

もし大手の消費者金融から融資を断られたときは、規模の小さい消費者金融で融資を申込みましょう。

生活福祉資金貸付制度を活用する

「どこからも借金できないけどお金が必要」と思ったときに役立つのが生活福祉資金貸付制度です。住民税非課税世帯や高齢者世帯であれば生活福祉資金の貸付対象となります。

連帯保証人がいなくても生活福祉資金貸付制度は利用でき、年1.5%の低金利で融資を受けられるのがメリット。近くにある社会福祉協議会に相談することで貸付制度を申し込めます。

まとめ

本記事ではあなたのクレヒスに異動情報が登録される理由や対処法について解説しました。

もし支払いの延滞により異動が記録されると、ローンやクレジットカードの審査がかなり厳しくなります。

一方、金融機関からブラックと認定されても一部のクレジットカードやカードローンを利用可能です。

信用情報機関から異動情報を登録されても違法な闇金に頼るのはやめましょう。消費者金融や福祉協議会に相談して、自分の暮らしに必要なお金を借りることがオススメです。