1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. ギャンブル依存症が闇金を利用する危険性と問題解決方法

ギャンブル依存症が闇金を利用する危険性と問題解決方法

相談・解決

「ギャンブル依存症で、闇金に手を出してしまった」
「ギャンブルをするお金を闇金から借りている」

このような悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ギャンブル依存症で、闇金を利用している例は少なくありません。ギャンブルのためのお金を借りる際には「勝てば返せる」と、ついつい考えてしまうこともあり、借入のハードルが低くなってしまう傾向があります。しかし、ギャンブルのための資金を闇金業者から借りるのは大変危険な行為です。

今回は、ギャンブル依存症で闇金を利用する危険性を説明すると同時に、ギャンブル依存症で闇金業者を利用した実例をご紹介します。ギャンブル依存症と闇金問題の解決方法についても説明しますので、ぜひ参考にしてください。

ギャンブル依存症で闇金利用は危険!

闇金業者を利用する理由はひとそれぞれですが、ギャンブルが原因という方は少なくありません。しかし、ギャンブル依存症で闇金業者を利用することは、破滅行為と言っていいほどリスキーな行為です。以下では、ギャンブル依存症で闇金を利用する危険性について説明します。

ギャンブルと闇金の関係は根深い

闇金業者と賭場の関係は、洋の東西を問わず、切っても切り離せない関係にあるといってもいいでしょう。ギャンブルで負けて、悪い筋からお金を借りてしまう、という話は昔からよく聞かれる話です。

現代でも、パチンコ屋や競艇場、競馬場等のギャンブル施設付近では、電柱などに闇金業者の広告が貼られていることや、車のバンパーにDMが挟まれている光景がよく見られます。

正常な思考回路を持っていれば、そのような怪しげな業者からお金を借りようとは思わないでしょう。しかし、ギャンブルで負け、うっかり生活資金まで使い込んでしまった人や、巻き返すための掛け金が欲しいと考えている人は、目の前の「10万まで即日融資!」という謳い文句に飛びついてしまうかもしれません。

ギャンブルのために借金をするのは依存症

パチンコや競馬などを、趣味として楽しんでいる方も世の中には存在しますが、借金をしてまでギャンブルをする方は、間違いなくギャンブル依存症といえるでしょう。

ギャンブル依存症になると、最初は予算を決めていたとしても、ギャンブルで勝てば一発逆転できると、有り金を全て掛け金にしてしまいます。しかし、勝てれば良いですが、ほとんどの場合は負けるでしょうし、もし一度は勝ったとしても、その勝利に興奮して止め時を見失い、結局は有り金を使い果たすまでギャンブルを続けてしまいます。そのようなことを繰り返していれば、当然、生活費に事欠くようになり、借金をすることになります。

ギャンブルで闇金に手を出す危険性

ギャンブル依存症で借金をしている場合、借金をギャンブルで返そうと考えてしまいがちです。当然、うまくいかずに借金を重ねるようになり、やがて正規の貸金業者から借入ができなくなってしまいます。

前述した通り、ギャンブル施設の周辺には、闇金業者の広告が目につきます。正規の貸金業者にこれ以上の借入を断られた、返済ができていないのでこれ以上借りることができないという方の中には、闇金だと知りながら連絡をしてしまう方もいるかもしれません。しかし、これは最悪の一手です。

闇金業者から借入をしてしまったが最後、法外な金利と容赦のない取り立てが待っています。返済が滞れば、督促の電話は鳴りやまず、職場や家族にまで取り立てや嫌がらせが及びます。ギャンブル依存症から闇金に手を出してしまった方の中には、失業や、家族離散に至った方も珍しくありません。

このように、ギャンブル依存症で闇金業者を利用することは、身の破滅にしか繋がらない危険な行為ですので絶対に止めましょう

ギャンブル依存症で闇金を利用した実例

ギャンブル依存症で闇金を利用してしまう危険性について前章で説明しましたが、しかし、実際に「ギャンブル依存症で闇金を利用する人なんているのだろうか?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
大手Q&A掲示板には、実際にギャンブル依存症で闇金を利用してしまった方の実体験が複数掲載されています。以下ではその中から数例をご紹介します。

ギャンブルが原因で闇金から借金をして悩んでいる

2017年頃、ギャンブルが原因で闇金から借金をして悩んでいるという方の投稿です。

投稿者の女性は、パチンコが元で、友人からお金を借りたのを始めに、サラ金、闇金へとどんどん借り入れが進んでしまったそうです。闇金業者へ毎週1万円返済しているそうですが、利息分だけで元本は減りません。さらに先日、返済が厳しかったため、「今週は利息分を返済できないかもしれない」と、相談したところ、「自宅まで取り立てに行くぞ」といわれたそうです。投稿者は日中パートで働いており、夫はサラリーマンで、昼間は小学生の子どもが一人いるそうです。

「子どもに危険が及ぶことは避けたい」「闇金問題を解決できる方法はないでしょうか?」という投稿者に対し、回答者からは以下のような意見が寄せられていました。

  • 借金がかさんでいると思われるので、自己破産しかないのでは?
  • 法律の専門家に相談するべき
  • ご主人に打ち明けた方が良い

回答者の意見どおり、このケースではすでに闇金業者以外にも友人・サラ金にも借金がありますので、債務整理が必要でしょう。そのためにも、早急に家族に事情を打ち明け、法律の専門家に相談するのが良いと思われます。

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11169585321?__ysp=44Ku44Oj44Oz44OW44Or44CA6ZeH6YeR

ギャンブルにはまり闇金から借金をしてしまった

2018年頃、ギャンブルにはまって闇金から借金をしてしまったという方の投稿です。

投稿者の男性は、ほんの興味本位でギャンブルにハマり、「次こそは」と繰り返しているうちに、貯金を使い果たし、最終的に借金を作ってしまったそうです。
このままではまずいと思い、なんとかしようとしたそうですが、返済に追われているうちに辛くなり、息抜きにとまたギャンブルをしてしまい、返済分まで使ってしまったそうです。そんな時に、「多重債務でも融資可能」という文字が神に見えて、闇金から借りてしまった、とのことです。
現在は闇金と消費者金融に返済するために、食費まで削って生活しているそうですが、それもそろそろ限界なので、自己破産を考えているそうです。

ただ、自己破産は闇金には効果がないと聞いたそうで、「自己破産して、闇金に返済していくしかないでしょうか?」という内容に対し、回答者からは以下のようなアドバイスが寄せられていました。

  • 自己破産しても闇金は追ってくる
  • 自己破産より先に、闇金対応に慣れた法律の専門家に相談するべき
  • ギャンブルでの自己破産は、原則免責がおりないとされているが、おりることもあるので、まずは相談に行くべき

こちらの方は、一度は何とかしようと考えたにも関わらず、返済のストレスから再度ギャンブルに手を出してしまっているという、ギャンブル依存症で闇金を利用してしまった典型的なケースといえます。債務整理・闇金問題の解決と並行して、ギャンブル依存症の治療も必要でしょう

参考記事:
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11198948436?__ysp=44Ku44Oj44Oz44OW44Or44CA6ZeH6YeR

ギャンブル依存症と闇金問題の解決方法

ギャンブル依存症で闇金業者を利用してしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?
以下では、ギャンブル依存症の対処方法と、闇金問題の解決方法、2つの問題解決を同時に行うことが必須であるということについて説明します。

ギャンブル依存症の対処方法

前述したように、借金をしてでもギャンブルをしてしまうことや、「止めよう」と決めたにも関わらず、またギャンブルに手を出してしまうのは、ギャンブル依存症の可能性が高いです。ギャンブル依存症は病気ですので、治すためには適切な治療が必要です。
ギャンブル依存症の相談先として、精神科や心療内科、自助団体などが挙げられます。

どこに相談すればいいかわからないという方は、厚生労働省の公式サイトの依存症対策のページを参考に、まずは保健所や精神保険福祉センターに問い合わせてみることをおすすめします。

参考サイト:厚生労働省の公式サイト(依存症対策)

闇金問題の解決方法

闇金問題を警察に相談することは可能ですが、警察は原則として民事不介入のため、積極的に動いてくれて即座に問題が解決するというようなことは、あまり期待できません。

確実かつ迅速に闇金問題を解決したいと考える場合は、法律の専門家に相談するのが一番でしょう。闇金業者は自らが行っている行為が違法だと承知していますので、法律の専門家の介入を嫌います。実際、介入を知った時点で手を引く闇金業者も少なくありません。

しかし、闇金問題を相談する際は、相談先を選ぶ際にも注意が必要です。闇金対応は法律家の中でも専門性の高い分野といわれており、不慣れな法律家が下手に介入すれば、余計問題がこじれてしまう危険性もあります。依頼する場合は、必ずホームページなどで評判を調べ、闇金問題の対応実績を複数持つ法律の専門家を選ぶようにしましょう。

2つの問題解決を同時に行うことが必須

ギャンブル依存症と闇金問題は重なり合っているため、どちらか一方を解決するのではなく、2つの問題解決を同時に行うことが必須と考えられます

闇金問題を解決しても、ギャンブル依存症の問題を放置したままでは、またいつギャンブルに手を出し、闇金から借入をしてしまうか分かりません。「一度ひどい目に遭ったのだから、もう大丈夫。」と思われるかもしれませんが、一度依存症の回路が脳に作られしまった方は、ストレスを感じた時や、気が緩んだ時に、またその依存症が再発する可能性が高いのです

ギャンブルが元で闇金を利用してしまったという方は、必ずギャンブル依存症の治療も同時に行うことをおすすめします。

まとめ

本記事では、ギャンブル依存症で闇金を利用する危険性とギャンブル依存症で闇金業者を利用した実例のご紹介と同時に、ギャンブル依存症と闇金問題の解決方法についても説明しました。

ギャンブル依存症は病気です。適切な治療をせずに、意志の力だけで治すことは困難でしょう。そのことを理解し、「ギャンブルを止められない自分はダメな奴だ」などと思わずに、専門家の力を借りるようにしましょう。闇金問題も同時に抱えている場合は、ギャンブル依存症の治療と並行して、闇金対応の専門家に相談することをおすすめします。

我々ジェネシスは、借金問題に詳しい司法書士と元警察官が力を合わせて闇金トラブルを解決する司法書士事務所です。相談は無料で、着手金については後払い・分割払いにも対応しています。24時間・年中無休で受付しておりますので、ギャンブル依存症で闇金問題を抱えているという方は、一人で悩まずにぜひ一度ご相談ください。