1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 取り立て対策
  4. 闇金を着信拒否しても大丈夫?事例と解決方法を解説

闇金を着信拒否しても大丈夫?事例と解決方法を解説

取り立て対策

闇金業者は取り立てや勧誘に電話を使います。特に取り立ての場合は、支払いをするまで昼夜を問わずしつこくかけて来る上、出たら出たでヤクザのような口調で恫喝したりするため辟易する方も多いでしょう。なり続ける電話にうんざりし、着信拒否設定をしようか検討している方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、着信拒否設定にすれば電話攻撃から解放され、平穏な日常を取り戻せるかもしれません。しかし、闇金業者を着信拒否することにはリスクも伴います。

今回は、闇金業者を着信拒否した時のリスクと、闇金業者の連絡を着信拒否した事例をご紹介します。闇金トラブルの解決方法についても説明しますので、ぜひ参考にしてください。

闇金を着信拒否した時のリスク

闇金業者からの度重なる連絡に閉口し、着信拒否した・着信拒否しようか検討している方もいらっしゃるかもしれません。確かに電話が鳴らなくなれば、闇金業者から逃れられた気分になれるかもしれません。しかし、着信拒否をしたくらいで、あの闇金業者が諦めるなどということがあるでしょうか?

利用者が着信拒否をしていると知った闇金業者は、さらに強硬な手段に打って出る可能性があります。以下では闇金を着信拒否した時に起こりえるリスクについて説明します。

職場や家族に連絡が行く

闇金業者から借入をする際には、必ず勤務先や親族の連絡先を記入させられます。
携帯や自宅の電話を着信拒否すれば、真っ先にそちらに連絡が行くことになるでしょう。

勤務先へ連絡が入るようになれば、闇金を利用したことが同僚に知られ信用を落とすだけでなく、業務の妨げになり、最悪職を失うことになりかねません。
また、連絡が取れなくなった本人の代わりに、親族が取り立てに遭うという事例は昔からよく聞かれます。「息子の作った借金は親が返せ!」は、闇金業者にとっては当然の常識です。

着信拒否をすれば、ほぼ確実に職場や家族に迷惑をかけることになるでしょう。

嫌がらせをされる

着信拒否をしたところで、住所は知られているため、自宅に嫌がらせをされる可能性があります。

典型的な所で、宅配のピザや出前の寿司を大量に発注される、救急車や消防車を呼ばれるといったケースが挙げられます
こういった嫌がらせは、子供じみているようにも思えますが、相手に事情を話して謝罪しなければいけませんし、近所からも奇異な目で見られるため、精神的なダメージは計り知れません。

他にも、罵詈雑言や誹謗中傷を書き連ねたFAXを延々と流される、近所に張り紙をされるといった嫌がらせをされるケースもあります。
最近の闇金業者は、直接接触してくることは少ないので殴られるなど暴力を受けるといった被害は少ないですが、こうした間接的ですが相手に確実にダメージを与える嫌がらせを仕掛けてくることがあるのです。

別の電話番号で連絡が来ることも

闇金業者は、闇ルートで入手した他人名義の携帯電話を使用しているため、止められた時に備え、複数の携帯電話を所持しているケースが多いです。そのため、着信拒否をしても別の電話番号で連絡をしてくる可能性が高いです。
登録番号以外の着信を拒否する設定にすれば良い話ですが、仕事などで使用しており、登録番号以外からの電話も受けなければいけない場合はできません。

新たな闇金の番号を再度着信拒否しても、また別の番号を使ってくるだけですので、きりがありません。

借りていない場合

闇金業者からの度重なる連絡に悩んでいる人の中には、闇金からお金を借りていない方も存在します。

闇金に審査を申し込んだが直前で思い直した、以前借りていたが今は借りていない、という方はまだ分かりますが、全く闇金と関わったことがないにもかかわらず、闇金から連絡が来て困っているという事例も報告されています。後者の場合は、まるきりランダムにかけてきているようなケースもあるため、着信拒否をしているだけでかけて来なくなる可能性もあります。

ただ、審査を申し込んだことがある方や以前利用していた方は、闇金側に電話番号以外の個人情報も知られているため、着信拒否だけでは対処できないかもしれません。

闇金を着信拒否した事例

闇金を着信拒否するリスクについて前述しましたが、「闇金業者を着信拒否すると実際にどうなるのか?」と、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
大手Q&A掲示板には、闇金業者からを着信拒否しているという事例が複数掲載されています。今回はその中から数例をご紹介します。

着信拒否していたら諦めてもらえるか

2015年頃、闇金を着信拒否しているという方の投稿です。

投稿者は、闇金からお金を借りてしまったそうですが、2回目ということもあり、家族にはとてもいえないということです。闇金からの電話は携帯も家電も、ご主人の携帯(前の闇金だと思っているそうです)まで含めて着信拒否設定しているそうです。
無視していたら1件 以外からは催促の電話は来なくなったそうですが、「これで諦めてくれたのでしょうか?」という質問でした。

回答者からは、以下のような意見が寄せられていました。

  • 業者は資金回収ができない場合、回収業者に委託する可能性がある
  • 連絡が来ないからといって闇金が諦めたとは限らない
  • 次に請求が来るときは利息が嵩んで恐ろしい金額になっているかも

回答者の意見にもあるように、着信拒否をしても闇金業者が諦めるとは限りません。闇金業者が回収業者を利用するかは分かりませんが、回収業者を装って脅しをかけて来るというような事例もあるため、連絡が来なくなったからと安心するのは早いのではないでしょうか。

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10142112385?sort=1&page=2

完済後の勧誘が多くノイローゼになりそう

2015年頃、闇金完済後に勧誘の電話がたくさんかかって来るようになったという体験談です。

投稿者は、1ヶ月程前に闇金から借入れしました が、現在は利息含め完済しているそうです。しかし借りて数日後から複数の知らない携帯番号から電話がかかって来るようになったそうです。
登録番号以外は着信拒否にしているそうですが、「あまりの数にノイローゼになりそうです。ほっておいたら、いつかは電話こなくなりますか?」という内容でした。

回答者からは、以下のようなアドバイスが寄せられていました。

  • 無視していれば大丈夫
  • 電話番号は変えた方が良いだろう

闇金に一度知られた個人情報は、利用した闇金業者以外の闇金業者の手に渡る可能性も高いため、アドバイスにもあるように、できれば着信拒否をするより電話番号を変更した方が良いでしょう。

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11143264531?__ysp=6ZeH6YeR44CA552A5L%2Bh5ouS5ZCm

闇金トラブルを解決する方法

闇金トラブルは、着信拒否をするだけでは解決できないことがほとんどです。では、闇金トラブルを確実に解決するには、どうしたら良いのでしょうか?
以下では、闇金トラブルを解決する方法について説明します。

警察に相談する

闇金トラブルを相談するのに、真っ先に思い浮かぶのが警察かもしれません。闇金業者は、明らかに違法行為を行っているため、警察も地域にもよりますが、相談窓口を設けていることがあります。
ただし、闇金問題は基本的には民事扱いとなるため、よほどのことがない限り、警察が闇金を逮捕して解決、という流れにはなりません。

では、闇金トラブルを速やかに解決したい場合は、どこに相談するのが良いのでしょうか?

法律の専門家に相談する

闇金問題を早期に解決したいと考えた場合、最もおすすめの相談先は法律の専門家です

闇金業者は自らが行っている行為の違法性を承知しているため、法律の専門家の介入を嫌います。法律の専門家に下手に逆らって、事を荒立てれば逮捕につながる恐れがあるからです。それよりも、手を引いて逃げることをほとんどの業者が選びます。
中にはしつこい業者も存在するでしょうが、法律の専門家に対応を任せることで、自分で対処する必要が無くなります。

ただし、法律の専門家なら誰でもいいわけではありません。法律家の中でも、闇金対応は専門性の高い分野といわれています。闇金問題をあまり扱ったことがない方や、そもそも取り扱っていない法律の専門家も存在します。闇金対応に不慣れな法律家では、闇金業者に言いくるめられて、言いなりになってしまうような可能性もあるため、闇金トラブルを相談する際は、闇金対応の実績豊富な法律の専門家を選ぶことが大切です。

我々ジェネシスは、借金問題に詳しい司法書士と元警察官が力を合わせて、闇金トラブルを解決する司法書士事務所です。相談は無料で、着手金については後払い・分割払いにも対応しています。24時間・年中無休で受付しておりますので、闇金業者からのしつこい電話攻撃にお悩みの方は、一人で悩まずにぜひお気軽にご相談ください。

携帯番号を変更する

闇金業者は一度トラブルが解決した後も、勧誘などの連絡をしてくることが少なくありません。その際、連絡をしてくるのは以前関りがあった業者ではないかもしれません。
何故そのようなことになるかと言えば、闇金業者に一度渡してしまった個人情報は闇金業界内で売り買いされ、いつまでも残ってしまうからです。

連絡内容が勧誘だけであれば、着信拒否をすれば済むかもしれませんが、かかって来る番号がいつも同じとは限りませんし、通知は残るため、落ち着かない気分で過ごすことになります。
ですので、可能であれば着信拒否ではなく、番号自体を変更した方が良いでしょう

また、勝手に振り込んで来て取り立てをする、いわゆる押し貸しの被害に遭うケースや、闇金業者が客の返済金を融資金に充てる「客振り」を行っていた場合、口座が凍結されてしまったというケースもあるため、闇金利用時に使用した銀行口座も、番号を変更するか解約することをおすすめします。

まとめ

今回は、闇金業者を着信拒否した時のリスクと、闇金業者の連絡を着信拒否した事例、闇金トラブルの解決方法などについて説明しました。

闇金業者からの度重なる連絡は、精神的に負担になる上、日常生活にも支障が生じる可能性もあります 。着信拒否をしたくなるかもしれませんが、それは対処方法に過ぎず、根本的な問題解決にはならないでしょう。闇金問題を根本から解決したい場合は、法律の専門家に相談することをおすすめします。