1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. 闇金の借用書は法的に有効?危険性と対処法を解説

闇金の借用書は法的に有効?危険性と対処法を解説

相談・解決

「闇金の借用書にサインをしてしまったが大丈夫か知りたい」
「闇金の借用書は法的に有効なのか知りたい」
闇金業者の中には、契約時に借用書を求める業者も存在します。闇金に借用書を渡してしまうと、そうでないケースにはないリスクが生じるといわれています。

今回は、闇金の借用書のリスクと闇金の借用書は法的に有効かについて説明すると同時に、闇金に借用書を渡した事例を紹介します。闇金に借用書を渡してしまった時の対処法についても説明しますので、ぜひ参考にしてください。

闇金に借用書を渡した時のリスク

闇金は高利で強引な取り立てを行う違法業者ですので、普通に利用しただけでもリスクが伴います。しかし、単に利用しただけでも危険な闇金に借用書を渡してしまった場合、更にリスクが増すといわれます。闇金に借用書を渡すと、具体的にどのようなリスクがあるのでしょうか。以下では、闇金の借用書のリスクについて説明します。

勝手に都合よく改ざんされる

借用書を作成する際、通常は原本を2通作成し、債権者・債務者双方が持つことになります。しかし、闇金の場合は債務者に借用書を渡すことはまずないでしょう。闇金があえて借用書を作成する場合、後から改ざんする目的があるため、債務者が借用書を持っているのは不都合だからです。

闇金の用意する借用書には空欄が多いといわれています。それは、後から業者が勝手に書きこむためです。闇金の借用書は、債務者の知らないところで闇金の都合よく改ざんされてしまう可能性があるのです。

個人情報を利用される

闇金が借用書を作成する際には、免許証や健康保険証等、本人確認書類の提出も求められます。また、勤務先や家族や知人の情報なども、聞き出されることが多いです。こうして収集された個人情報は、取立ての際に必ず利用されます。また、免許証や健康保険証のコピーは、それだけで成立してしまう契約も存在するため、万一悪用された場合のリスクは大変に高いといえます。

返済できなければ裁判を起こされる

借用書がある場合、返済が滞った時それを証拠として、裁判所に訴えられる可能性があります。しかし、闇金は違法業者です。違法業者が裁判所に訴えたところで、勝ち目はあるのでしょうか。

次の章では、闇金の借用書の法的な有効性について説明します。

闇金の借用書は法的に有効か

闇金は法外な金利と乱暴な取り立てを行う違法業者ですが、闇金の借用書は法的に有効なのでしょうか。以下では、闇金の借用書の有効性について説明します。

上限金利以上の借入契約は法的に無効

闇金は一般的に恐ろしく高利です。トイチ(10日で1割)はまだ低い方で、高いところでは、10日に3割~5割もの利息を請求されます。貸金業法で定められている法定金利の上限は、15~20%(元本によって変動)です。10日で1割を年利に換算すると、単利で365%ですので、違法であることは間違いありません。もし貸金業者でなく個人であったとしても、年109.5%以上の利息の請求は禁じられており、契約は無効となるとされています(貸金業法第42条)。

最近の闇金は借用書がないことが多い

2006年の貸金業法の改正に伴い、ヤミ金融対策法が施行されたことで、闇金業者に対する取り締まりは強化されました。以後、捕まりやすい対面式の店舗型の闇金業者はほとんど見かけなくなり、最近の闇金業者はもっぱら携帯電話での連絡のみで契約を成立させます。そのため、借用書が作成されるケースは少なくなっています。ただし、今でも対面で営業を行っている闇金業者も皆無ではありませんし、郵送するなどして借用書を作成することもあるかもしれません。

闇金の借用書には利率が載っていない

闇金の借用書は前述した通り、空欄が多いといわれています。
一般的な借用書には、利息についても記載するものですが、闇金は利息についての説明は口頭で行い、借用書には記載しません。そのため、借用書だけではその貸付契約が違法であるかの判断はつきません。

裁判を起こされると勝てない可能性

借用書を作成する闇金業者は、債務者が返済できなくなった時、裁判所に訴えることがあります。前述した通り、借用書だけでは違法な契約であることは分かりません。また、裁判所に訴える際、闇金業者はその契約が違法であったことが分からないように細工するでしょう。そのため、訴えられた時、債務者がその契約が違法なものであった証拠を示すことができなければ、裁判に負けてしまう可能性があります。そうなれば、預貯金や不動産、車などの財産や場合によっては給料まで差し押さえられてしまうこともあります。

闇金に借用書を作成された事例

闇金の借用書のリスクについて前述しましたが、「闇金が借用書を作ることなどあるのだろうか?」と、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。大手Q&Aサイトには、実際に闇金に借用書を作成された事例が複数掲載されています。今回は、その中から数例をご紹介します。

闇金に返済せずにいたら訴えられた

2010年頃、借用書のある闇金から訴えられた方の体験談です。

投稿者は、10日で2割の利息の闇金から、どうしても必要で10万円借りたそうです。しかし、最初の三回までは利息を返済したものの、アホらしくなり連絡を絶ってしまい、その結果訴えられたとのことです。借用書があるそうですが、10日ごとに返済するという記載のみで、利息に関しては一切記述がないそうです。

「10万円を返済するしかないのでしょうか?」という投稿者の問いに対し、回答者からは以下のような回答が寄せられていました。

  • 闇金には、元本を含め返済義務する必要はない
  • 相手が闇金であることを立証する必要がある
  • 裁判になると10万円以上がかかる可能性もある

回答者の指摘通り、闇金からの借入は「不法原因給付」として扱われるため、元本すら返済しなくて良いという判決が過去の最高裁判断で下されています。しかし、そのためには、相手が違法業者であることを証明する必要があります。また、裁判で争うとなると、費用が掛かることも事実です。

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1237323397?__ysp=6ZeH6YeR44CA5YCf55So5pu444CA6Ki044GI44KJ44KM44Gf

返済できなくなったが借用書がある

2019年頃、夫が闇金からお金を借りているがいよいよ返済が難しくなったという方の投稿です。

投稿者の夫は、知人の紹介で、個人でお金を貸しているところからお金を借りているそうです。何度か借りたそうなのですが、いよいよ返済ができなくなり金利が膨れ上がっている段階とのこと。貸主の名前は分からず、電話番号しか分からないが、今までの借用書はないが、今回だけはあるそうです。ちなみに、利息は10日に1割とのことです。

「どう対処すれば良いでしょうか?」という投稿者の質問に対し、回答者からは以下のような回答が寄せられていました。

  • 法律の専門家に相談するべき
  • 無視して、何か言ってきたら警察に行くと良い

2番目の回答者のように、闇金からの借金は法的な根拠のないものなので、無視していればいいと主張する方もいます。しかし、闇金はそう簡単にあきらめるものではありません。あの手この手で返済するよう、脅しをかけてきます。また、上記のケースでは、借用書が存在するため、裁判所に訴えられる可能性もあります。最初の回答者のアドバイスにあるとおり、法律の専門家に相談した方が良いでしょう。

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11213845016?__ysp=6ZeH6YeR44CA5YCf55So5pu4

闇金に借用書を渡してしまった時の対処法

借用書がある場合、返済できなければ闇金側から裁判を起こされる等のリスクがあることを前述しました。では、闇金に借用書を渡してしまった時は、どのように対処すれば良いのでしょうか。以下では、闇金に借用書を渡してしまった時の対処法について説明します。

入金や返済等の記録を取っておく

闇金に借用書を欠かされた場合、訴えられる可能性があります。そうなった際、相手が違法な金利を請求していたことを証拠として示すことが必要です。そのため、もし闇金に借用書を渡してしまった場合、闇金からの融資金の入金や返済時の振込み領収書を必ず取っておくようにすることをおすすめします。また、闇金からの督促の電話の通話履歴や通話内容の録音なども、違法な取り立ての証拠となる可能性があるので、取っておくと良いでしょう。

法律の専門家に相談する

闇金に借用書を渡してしまった時は、速やかに法律の専門家に相談することをおすすめします。前述した通り、借用書がある場合、裁判を起こされてしまう可能性があります。裁判になってしまってから相談すると、手間も費用も余計にかかってしまう可能性が高いため、その前に問題を解決しておく方が良いでしょう。

闇金問題は、法律の専門家に相談することで、ほとんどの場合、問題を解決することが可能です。闇金業者は自分の行為が違法であることを承知しているため、法律の知識と実行力を持った専門家が介入してくると諦めることが多いです。

しかし、法律の専門家なら誰でも闇金問題の解決ができるわけではありません。闇金へ対応は、専門家の中でも難しいといわれています。また、法律は幅広い分野をカバーしているだけあって、専門家も専門外のことについてはあまり詳しくないこともあります。もし闇金対応に不慣れな専門家に相談した場合、問題解決に時間がかかることや解決できない可能性もあります。

そのため、闇金問題を相談する際は、闇金対応への知識と実績が豊富な専門家を選ぶことが必要です。情報収集を行い、闇金対応を専門としている法律家に依頼するようにしましょう。

まとめ

今回は、闇金に借用書を渡した時のリスク、闇金の借用書は法的に有効であるか、闇金に借用書を作成された事例、闇金に借用書を渡してしまった時の対処法などについて説明しました。

闇金に借用書を渡している場合、都合よく書き換えられてしまうことや、返済できなかった時に訴えられてしまうリスクがあります。裁判になってから、法律の専門家に相談すると、時間も費用も余計にかかってしまうことになります。そうした事態を防ぐためにも、闇金に借用書を渡してしまった時は、速やかに法律の専門家に相談して問題解決することをおすすめします。

我々ジェネシスは、借金問題に詳しい司法書士と元警察官が協力して、闇金トラブルに対応する司法書士事務所です。相談は無料で、着手金については後払い・分割払いにも対応しています。闇金業者に借用書を渡してしまいお困りの方は、一人で悩まずにぜひ我々へご相談ください。