1. 司法書士法人ジェネシス
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. 闇金を返済できない場合と返済後のトラブルや対処法を解説

闇金を返済できない場合と返済後のトラブルや対処法を解説

相談・解決

「闇金を借りた後にお金を用意できず、借金を返済できない」と悩む人は多くいるはずです。法律上では闇金の借入は不法原因給付となり、借りたお金を返済する義務はありません。

しかし闇金は利用者に対して厳しい取り立てをする場合が多く、借金を返済してしまう人も一定数います。本当に闇金は返済しなくて大丈夫なのか、業者とのトラブルや対処法を解説します。

闇金に返済したときの問題点とは

「お金を借りたんだから、返せばトラブルは起こらないはず」と考える利用者は多くいるでしょう。本来は借りたお金を返すのは常識であり、借金を返済することでトラブルを避けられます。

しかし闇金は法律を守らずに営業していて、利益を得るために手段を選ばない組織です。実際に闇金を返済した人がトラブルに遭遇するケースがあります。

なぜ闇金にお金を返済したのにトラブルが発生するのか、それぞれの問題点を見ておきましょう。

借金を返済しても取り立てられる場合がある

闇金はお金を返済できる利用者から、可能な限り利益を得ようとするものです。商売相手には債務整理者やブラックリストなどお金を返済できない人が大半であり、利益が少なければ損しやすいためです。

例えば返済日に連絡を取れないようにして、後日に理由をつけて返済を認めない闇金が存在します。たとえお金が振り込まれていたとしても、闇金が認める方法で返済しなければ取り立ては続くのです。

また闇金が完済した利用者にお金を押し貸して、返済日に利息と元金を返済するよう指示する場合もあります。いつまでも借金を続けさせることで、闇金は法外な金利により利益を獲得し続けるのです。

返済すると他の闇金が勧誘することも

闇金は貸し倒れのリスクを減らすために、貸し付ける前に利用者から個人情報を入手します。入手した個人情報は他の闇金業者と共有されるため、闇金のグループからターゲット対象となるのです。

もし闇金から借りたお金を返済できたとしても、他の闇金から勧誘の電話がくる場合があります。一部の闇金は毎日定期的に連絡して、利用者に対してしつこく勧誘するケースもあります。

勧誘を無視し続けると職場に勧誘の電話がきたり、勝手にデリバリーを注文されたりする嫌がらせに発展する可能性があります。個人情報が把握されていると、闇金との関係を切るのは難しいです。

闇金は返済しないことが重要

利用者に法外な金利を課して利益を得るのが闇金であり、お金が返済されなければ闇金は損します。もし何らかの事情で闇金からお金を借りたら、借金を返済しないことが重要です。

そもそも出資法に違反してお金を貸し付ける闇金は不法原因給付の対象となり、利用者に対して返済を要求することは不可能です。たとえ闇金が訴えても利用者に返済を要求できません。

また闇金に対して返済しない意思を示すことで、勧誘や押し貸しといったトラブルを防げるメリットもあります。損することが分かれば、闇金がお金を貸してくれる機会はなくなります。

闇金に返済しないことで起きるトラブル

違法な金利でお金を貸し付ける闇金に返済する必要はなく、利息を支払わなくても法律上の問題はありません。しかし闇金は貸したお金を取り返すために、悪意をもって利用者に取り立てます。

個人情報が知られていると職場や家族に返済を催促されて、人間関係などが悪化することもあります。借金を返済しないと利用者はどのような被害を受けるのか、闇金トラブルを詳しく解説します。

業者から取り立てがくる

返済日にお金が振り込まれていないことを闇金が把握すると、利用者に対して電話や訪問による取り立てが始まります。大半の業者は電話をかけまくり、利用者を追い詰めるパターンが多いです。

自宅や携帯に電話しても返済されなければ、次に闇金は職場や実家に電話して返済を催促します。闇金からしつこく電話がかかることで、利用者の家族関係や信用性が悪化することも。

もし利用者の子どもが通う学校が闇金にバレていれば、学校に電話をかけたり闇金が子どもに接触したりするケースもあります。法律を守らない闇金の取り立ては恐ろしいものです。

警察に相談しても取り立てが続く場合がある

「法律に違反している闇金とのトラブルは警察に相談すれば解決する」と考える人は多くいます。確かに事件性があれば警察が対応してくれる可能性はありますが、実態がなければ警察は取り合ってくれません。

そもそも警察には民事不介入の原則があり、個人間でのお金の貸し借りには介入できないのです。最近では闇金が実態を隠していることが多く、刑事事件として扱うのは難しいです。

また警察には闇金に対する知識が曖昧な人もいて、適切に対処してくれるとは限りません。過去には闇金の利用者に対して「借りたお金は返さなければならない」と発言する警察官もいました。

確実に対応してくれる訳ではないのですから「警察に相談すれば安心」といった考えを捨てることが重要です。

悪質な取り立ての被害を受けることも

いつまでも利用者がお金を返済しなければ、闇金は嫌がらせなど悪質な取り立てを始めます。プレッシャーをかけることで利用者にお金を返済させることが闇金の目的です。

例えば利用者の自宅に借金返済の貼り紙をして、闇金が近くにいることをアピールします。利用者としては滞納による不安が大きくなりますし、近所との関係が悪くなる場合もあります。

また闇金が自宅の前で待機して、お金を返済するまでチャイムを鳴らしたり恫喝したりします。場合によっては取り立てが夜中まで続くこともあり、精神的苦痛により追い詰められるのです。

専門家に相談することが重要

悪意をもって取り立てに来る闇金を対処するには、弁護士や司法書士といった専門家に相談するのがオススメです。専門家に債務の整理を委任することで、闇金からの取り立てを止められます。

また専門家が闇金と交渉することで、借金を取り消すことも可能です。闇金は警察から逮捕されることを嫌がるものであり、専門家との交渉で無理を通すことは難しいです。

専門家に相談するには費用がかかりますが、最近では無料で相談できる事務所もあります。自分1人で対処しようとするのではなく、専門家の力を借りて闇金を対処すると良いです。

どんな専門家に相談すべきか

闇金問題を対応してくれる専門家には弁護士と司法書士がいます。属性によって対応できる債権額や分野が異なるため、相談する前にそれぞれの特徴を知っておきましょう。

弁護士はあらゆる分野に対応

すべての法律業務を担当できるのが弁護士です。国が定めた司法試験に合格した後に、司法研修所を卒業することで弁護士として働く資格が与えられます。

幅広い分野に対応しているため、借金額が大きい人や他にもトラブルを抱えている人は弁護士に相談しましょう。

司法書士は簡易的な法務に対応

司法書士は登記や供託といった業務を担当する専門家です。過去に弁護士の数が少ない事情があり、研修や考査によって認められることで一部の法律業務も担当できるようになりました。

認定司法書士であれば140万円以下の債権に対する法律相談や交渉、訴訟をすることが可能です。闇金から少額のお金を借りてしまい、悩んでいる人は司法書士に相談すると良いですね。

司法書士に闇金を相談するには

闇金は少額の融資をするところが多く、司法書士に依頼することで問題をしっかりと解決できます。費用が高額になりやすい弁護士にわざわざ依頼する必要はありません。

140万円以下のお金を闇金から借りて悩んでいる人は、以下の方法で司法書士に相談することがオススメです。

  1. 電話またはメールで事務所に連絡
  2. 担当者と受任契約を締結
  3. 担当者が闇金と交渉
  4. 闇金問題を解決

どうすればスムーズに闇金問題を解決できるのか、それぞれのステップを簡単に説明します。

電話またはメールで事務所に連絡

闇金を専門家に相談するには、まずお近くの法律事務所に電話またはメールで連絡します。連絡すると事務所から借金などの状況を尋ねられるため、嘘偽りなく答えましょう。

また闇金とどのように取引したのかを把握するために、事務所が利用者に対してまとめるよう指示を出す場合があります。専門家が闇金と交渉するために情報や証拠を揃えることが重要です。

事務所が利用者の状況や資料を把握したら、相談日を決めて面談に進みます。相談日当日は闇金との関連資料を忘れないよう注意しましょう。

担当者と受任契約を締結

相談日に事務所へ訪問すると、担当者との面談が始まります。面談では事前の連絡でまとめた資料を参考にして、担当者が利用者から詳しい話を聞き、状況を細かく把握します。

また闇金以外の借入状況や家計などもヒアリングして、担当者が適切な対処方法をアドバイスします。アドバイスに疑問や要望があれば、担当者に尋ねると良いです。

アドバイスに問題がなければ、利用者と担当者との契約に進みます。契約書と委任状を担当者が作成することで、事務所との契約は完了します。

担当者が闇金と交渉

契約したら担当者が闇金に対して受任通知を送り、法律に従って交渉を始めます。交渉により取り立てを阻止したり、不法原因給付により債権を消滅させたりするのが一般的です。

闇金問題を解決

問題なく担当者と闇金との交渉が終われば、闇金との問題は解決となります。今まで借りてきたお金を返す必要はありませんし、返済したお金が戻ってくる場合もあるでしょう。

もし交渉後も闇金から連絡されたら、契約した事務所に相談しましょう。事務所のアフターケアにより闇金から被害を受けることは防げます。

まとめ

闇金はお金を返済しても関係が切れるとは限らず、むしろ利用者がトラブルに遭遇する可能性があります。押し貸しや勧誘といった被害を被る人は少なくありません。対処するには借りたお金を返済せず、専門家に相談することがオススメです。闇金からの少額融資で悩んでいる人は、司法書士に相談してトラブルを解消しましょう。