1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. スムーズに闇金問題を解決するための合法的なトラブル解消法を解説

スムーズに闇金問題を解決するための合法的なトラブル解消法を解説

相談・解決

「闇金からの借金や取り立てがあり、どうすれば問題を解決できるのか分からない」と悩む人は多くいるはずです。違法な闇金を対処するには自分1人で対策するのではなく、専門家に相談することが重要です。

警察に相談する方法もありますが、実態が分からない闇金問題を取り合ってくれるとは限りません。どうすればスムーズに闇金トラブルを解消できるのか、解決する方法を詳しく解説します。

闇金を解決する方法とは

利息制限法や出資法に違反した金利でお金を貸し付ける組織が闇金です。闇金は法律を守って融資をすることは少なく、利用者とのトラブルが絶えない傾向があります。

利用者から個人情報を入手したうえで、お金をかなり高い金利で貸し付けるのが闇金の特徴です。例えば10日1割の金利であれば、3万円借りた10日後に3,000円も返済する必要があります。

上記の金利だと年率365%となり、出資法の上限金利である年109.5%を大幅に超えてしまうのです。つまり不法にお金を貸し付けているため、本来は闇金に返済しなくて問題ありません。

しかし借りたお金を返済しないでいると闇金とのトラブルが悪化することもあります。どうすれば闇金を効率的に解決できるのか、その方法を詳しく説明します。

返済しないだけではNG

もしあなたが闇金からお金を借りた後に返済しないでいると、取り立てにあう可能性が高いです。例えば闇金があなたの自宅や携帯に1日10回以上も電話して、返済を催促するケースがあります。

午後9時から午前8時までの取り立ては法律上認められていませんが、闇金は深夜に取り立てて利用者に苦痛を与える場合もあります。取り立ての電話では脅してくるケースもよくあります。

また借金の滞納が続けば、闇金があなたの自宅に訪問して取り立てる可能性が大きいです。「返済しろ」「金を返せ」などの貼り紙を貼られて、近所から問題視されることもあります。

闇金に対して個人情報が知れ渡っている以上、お金を返済しないだけでは問題は解決しません。貸し倒れにならないよう、闇金はしつこく滞納者に対して取り立てを続けます。

放置していると取り立てがひどくなる

「電話や貼り紙などがあっても、業者からの取り立てを無視すればよい」と思う人もいるはずです。もし闇金からの取り立てを放置していると、悪質な取り立ての被害に遭う可能性があります。

例えばピザなどのデリバリーを注文されたり、救急車を勝手に呼ばれたりするケースはよくあることです。何度も嫌がらせで出前や緊急通報をされると他人に迷惑がかかり生活しにくくなります。

また実家や職場の電話番号が知られている場合、家族や上司などに闇金が取り立てることもあります。闇金からお金を借りていることがバレれば、人間関係が悪化する恐れもあります。

弁護士や司法書士に相談することが重要

法律を守らずに活動を続ける闇金を対処するには、弁護士や司法書士に相談することがオススメです。債務整理を任せることで取り立てを防ぎ、闇金問題をスムーズに解決できます。

「専門家はお金がかかるから、警察に相談したい」と考える人はいますが、警察だと闇金に取り合ってくれない可能性があります。民事不介入の原則があるため、事件性がなければ警察は闇金に対応してくれません。

実態のない闇金からお金を借りた場合、個人間でのお金の貸し借りとなります。暴力や恫喝といった犯罪行為が認められなければ、警察が積極的に対応するのは難しいです。

もし闇金の組織から暴力を受けたり脅されたりした場合は、警察に被害届を出すことを勧めます。闇金からお金を借りて、被害をまだ受けていない人は迷わず専門家に相談しましょう。

弁護士・司法書士に相談するメリット

「お金がかかる弁護士や司法書士に相談して効果はあるの?」と思う人はいるかもしれません。闇金を専門家に相談することには次の4つのメリットがあります。

  1. 闇金の取り立てを防げる
  2. 家族や職場にフォローしてくれる
  3. 返済したお金が返ってくることも
  4. 着手金無料や分割払いに対応する事務所もある

なぜ専門家に相談するのがオススメなのか、それぞれのメリットを詳しく知っておきましょう。

闇金の取り立てを防げる

闇金の利用者が弁護士や司法書士に債務処理を依頼することで、闇金が利用者に取り立てることが不可能になります。専門家が闇金問題に介入すると、取り立て行為が規制されるからです。

もし闇金が法律を無視して取り立てを続けると、貸金業法に違反してしまいます。法律に違反している証拠が専門家に渡ると闇金が警察から逮捕される可能性が大きくなるものです。

闇金のメンバーが逮捕されれば営業を続けるのが難しくなるため、専門家が介入した後の取り立てはあまりしません。嫌な取り立てを阻止できるのが、専門家に相談する大きなメリットです。

家族や職場にフォローしてくれる

闇金からの取り立てにより、家族や職場の人々との関係が悪くなってしまった人は多くいるはずです。弁護士や司法書士には利用者の家族や会社に対して、闇金問題のフォローをしてくれる場合があります。

「この人は闇金の被害者であり、個人情報が流出して被害に遭遇しています」など、専門家がうまく説得してくれるケースもあります。権威性のある専門家が状況を周りに伝えることで、悪化した関係を修復しやすくなります。

闇金問題に慣れている専門家でなければ、周りの人たちに対してフォローしてくれない可能性が大きいです。闇金に対応した専門家に相談することがオススメです。

返済したお金が返ってくることも

闇金からの借入契約は本来であれば無効であり、お金を借りても返す必要はありません。もしお金を返済してしまった場合、闇金から返済金を請求することが可能です。ですが実態が分かりにくい闇金に対して、個人で過払い請求をするのは難しいです。闇金問題に詳しい専門家に相談して、闇金と交渉してもらうことが必要です。

また闇金からお金を取り戻す方法には、振り込め詐欺救済法を活用する方法もあります。闇金からの被害を申請することで、銀行が闇金の口座を凍結して利用者にお金を分配する仕組みです。

闇金は複数の口座を使い分けるため、必ずしも交渉や法制度を活用して返済したお金を取り戻せるとは限りません。しかし被害による損失を減らすために、専門家と相談しておくと良いです。

着手金無料や分割払いに対応する事務所もある

警察とは異なり法律事務所で問題を解決するにはお金がかかります。闇金を利用する人には手持ちのお金が少ない場合が多く、費用を支払えないパターンもあります。

しかし今では着手金無料で問題を解決する事務所があり、お金を用意できなくても闇金問題に対応してくれます。弁護士費用の後払いや分割払いを利用することで、負担を減らすことが可能です。

弁護士・司法書士に相談するデメリット

闇金からの悪質な取り立てを阻止できて、返済したお金を取り戻せるメリットが弁護士や司法書士にはあります。ですが専門家に闇金を相談するには、以下のようなデメリットもあります。

  1. 解決するのにお金がかかる
  2. 解決した後に業者から連絡がくる場合がある
  3. 何度も相談することは難しい

それぞれのデメリットを詳しく解説します。

解決するのにお金がかかる

法律事務所に相談して弁護士や司法書士に依頼するには費用が発生します。着手金は最大5万円であり、弁護士報酬として2万円から5万円程度のお金を支払うことが必要です。

闇金問題の件数や問題の深刻度に応じて料金は変わるものであり、件数が増えれば費用は増大します。目安として闇金問題を解決するには、5万円程度のお金が必要であることを知っておきましょう。

解決した後に業者から連絡がくる場合がある

弁護士や司法書士が闇金と交渉して、問題を解決した数ヶ月後に利用者へ電話をかける場合があります。法律の専門家が利用者から離れれば、闇金は融資を勧誘してくるのです。

また借入で利用した銀行口座が残っていれば、闇金が押し貸しするパターンもあります。もし問題を解決した後に闇金から連絡がきたときは、依頼した事務所に再度相談することが重要です。

何度も相談することは難しい

一部の利用者には闇金から繰り返しお金を借りて、問題が起きる度に専門家と相談する人がいます。繰り返し闇金を借りるなどのリスクが判明した場合、専門家が依頼を断る可能性はあります。

闇金から繰り返し借金して専門家に相談することは、返済する意思がないのに借金している可能性があるからです。利用者に踏み倒しなどの意思があれば、不法原因給付とならないリスクがあります。

違法な闇金は専門家に相談することで対処できますが、何度も同じ依頼をするのは難しいです。繰り返し専門家と契約しなくて済むよう、闇金から離れることを推奨します。

弁護士・司法書士に相談するには

弁護士や司法書士といった専門家に相談するには、法律事務所に連絡することが必要です。以下の3つのステップにより専門家と相談して、スムーズに闇金問題を解決できます。

  1. 事務所に電話やメールで連絡
  2. 担当者と相談したうえで契約
  3. 担当者が闇金と交渉して問題を解決

効率的に闇金問題を解決するために、相談する方法をステップ毎に知っておきましょう。

事務所に電話やメールで連絡

闇金に対応した事務所をチラシやネットで探して、電話やメールで連絡します。連絡することで事務所から借入状況や闇金との取引内容が尋ねられるため、適切に答えましょう。

担当者と相談したうえで契約

連絡により事務所が状況を把握したら、次に相談日を決めて実際に担当者と面談します。詳しい情報を把握したうえで担当者がアドバイスをして、事務所と契約することで債務整理の委任は完了します。

担当者が闇金と交渉して問題を解決

契約が完了したら担当者が闇金と交渉して、取り立てを阻止したり債権を無効化したりします。専門家によって闇金問題が解消されれば、もう闇金の取り立てや催促などで悩む必要はありません。

まとめ

闇金問題を解決するには自分で対処するのではなく、専門家に依頼することがオススメです。弁護士や司法書士が闇金と交渉することで、悪質な取り立てや借金の返済をなくせます。

専門家と相談するには費用がかかりますが、着手金無料や後払いを活用することで負担を減らすことは可能です。もし闇金から借金してしまったら、早めに専門家と相談しましょう。