1. 司法書士法人ジェネシス
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. ホストの未収を解決するには?闇金から借りずに借金を返済する方法

ホストの未収を解決するには?闇金から借りずに借金を返済する方法

相談・解決

「ホストクラブにハマって借金が増えてしまった」
「未収金を返済するために闇金を検討している」

多くのホストクラブでは固定客を増やすため、利用者に借金を負わせる傾向があります。闇金から借りたり、風俗嬢として働いたりして未収金を解決しようと考える人は一定数いるものです。

ただ、実際には危ない橋を渡らなくてもホストクラブの未収金を解決することは可能です。

本記事では闇金を利用せずにホストクラブの借金を返済する方法について解説します。

ホストクラブにおける未収の仕組み

ホストクラブにおける未収とは、サービスしてもらっているホストからの借金を意味します。

クラブでは高額なお酒や料理を販売していて、ホストが利用者の借金をもつことが多いです。

お店に対するツケとは異なり、ホストとの信頼関係があることで利用者は未収金を利用できます。そして後日にお金をホストに返済していくことで、未収金を解決できるのがポイント。

もし期日までに利用者が未収金を返済しなければ、ホストが連絡先などを活用して未収金を回収しようとします。お店が利用者の実家や職場に未収金を請求する場合もあること。

最悪の場合では高額な未収金を返済するために、ホストクラブと提携した夜のお店で働かされることも。どのようにしてホストクラブでの借金が増えていくのか、仕組みを詳しく見てみましょう。

優しいホストが疑似恋愛をサービス

ホストクラブでは女性客を楽しませて利益を増やすため、ホストが常に優しく接客します。優れたコミュニケーション能力をもつホストは多く、恋心を持ってしまう女性は少なくないです。

また、ホストクラブにハマる女性は「誰かに依存しやすい」「誰かから愛されたい」などの欲求がある傾向。生まれて初めて男性から優しくされれば、ホストにハマってしまうのも仕方がないです。

そしてホストとの恋愛体験を忘れられなくなり、ハマった利用者は何度もホストクラブに通ってしまいます。ホストから愛されるために、繰り返しクラブで浪費してしまうのです。

未収で利用するハードルを下げる

ホストクラブで提供するお酒などは価格が高く、何度も通ってしまうとお金が不足しやすくなります。ホストは固定客の利用するハードルを下げるために、料金を未収するよう提案。

「今日はお金を払わなくていいよ」「来月にまとめて返済すれば大丈夫」といった言葉に従ってしまい、利用者は未収金を増やしてしまいます。

また、ホストが売上を増やして高い給料を得るために、利用者に未収で高いボトルを注文させる場合もあること。

恋しているホストからのお願いに答えてしまい、後に返済する未収金は積み上がっていくのです。

返済のために提携先のお店で働かせる

利用者の未収金が30万円程度を超えたあたりで、ホストは利用者に未収金の返済を要求します。未収金が飛んでしまうと給料から天引きされてしまい、ホストが大きく損してしまうため。

もし利用者が未収金を返済できなければ、クラブと提携した夜のお店を紹介する場合があります。

「自分のために応援してくれると嬉しい」「風俗嬢でも気にしないよ」という言葉で誘導するのがホストの手法。

実際には借金があっても風俗の仕事を断れますが、ホストから嫌われたくない利用者が夜のお店で働くパターンは少なくないです。未収により利用者をホストに依存させることができます。

ホストクラブの未収金を支払う方法

「なるべく早くホストとの借金を解消したい」と思った読者はいるでしょう。

ホストクラブで発生した未収金を支払うときは、以下にある3つの方法で返済することがオススメです。

分割払いで返済する

ホストクラブの未収は商行為による債務と同じであり、返済計画を相手に伝えることで分割払いができます。法定利率は6%と小さく、返済が長引いても利息が高額にならないのがメリット。

法律上で認められた分割払いをするには、法律事務所に内容証明郵便を制作してもらうことがオススメです。

専門家に手続きを任せることでホストとの借金を確実に解消できます。

カードで支払う

お財布にクレジットカードがある人はカードで未収金を決済して、分割払いを選ぶ方法もあります。最近ではクレジットカードに対応したクラブが多く、ホストとの借金であってもカード払いが可能です。

注意すべきポイントはカード払いではお店が決済手数料を請求する場合があること。利用者に決済手数料を請求するのは違反であり、カード会社に通報することでクラブへの警告が入ります。

もし決済手数料を取られそうになったら「カード会社に通報する」と主張しましょう。支払時の手数料を減らすことで返済額が少なくなり、自分の金銭的負担を抑えられます。

消費者金融からお金を借りる

もし預金に余裕がないときは銀行や消費者金融からお金を借りることがオススメです。正社員としてまともに働いている人であれば、スムーズにカードローンで数十万円を借りられます。

平日であれば即日融資に対応した消費者金融も多く、申し込んだその日に未収金分のお金を借りることが可能です。借りたお金は毎月決まった日に返済することで解消できます。

注意すべきポイントは銀行・消費者金融のカードローンは金利が高く、返済期間が長引くと利息が高額になること。借金返済で生活苦になることを防ぐためには早期返済が重要です。

未収があるときに注意すべきこと

容姿やコミュ力の高いホストに依存する利用者は多く、関係を保つために間違った方法で未収金を解消する人が一定数います。女性が未収金を解消するときに注意すべきことは以下の3つです。

  1. 闇金からお金を借りる
  2. 夜のお店で働く
  3. ホストと連絡をする

それぞれの項目について詳しく解説します。

闇金からお金を借りる

消費者金融すら利用できない人を相手に、違法な金利でお金を貸し付ける業者が闇金です。

審査がほとんどない闇金は誰でも利用でき、未収を返済できない利用客にホストが勧める場合があります。

もし闇金からお金を借りて未収金を解決すると、高金利により高額な利息を請求されるリスクがあるもの。例えば10日3割の闇金から10万円を借金した場合、10日後に13万円を返済することが必要です。

期日までに借金を返済できなければ、実家や職場に電話で取り立てられたり自宅で嫌がらせを受けたりします。たとえホストから頼まれても闇金からお金を借りるのはやめましょう。

夜のお店で働く

多くのホストは未収を支払えない利用者に風俗嬢など夜のお店を紹介します。

夜のお店で働いてもらうことで未収金を解決できるほか、ホストが風俗店から紹介料をもらう場合もあること。

借金を返済する必要はありますが、ホストクラブの利用者がわざわざ夜のお店で働く必要はありません。たとえ夜のお店で働かなくても、自分が負っている未収金を解決できます。

ホストと連絡をする

もしクラブを離れた後にホストから未収金を催促されたときは、ホストとの連絡をブロックすることがオススメです。着信拒否や迷惑メール機能によりホストからの取り立てを防げます。

そして分割払いやカード払いなどの方法でお店に未収金を返済して、ホストとの関係を断ち切りましょう。ホストに依存しなくなることで借金が増えるのを防ぎ、夜の仕事や闇金を避けられます。

支払えない未収金を解決する方法

「お店に未収金を支払うのが難しい」と思った人はいるかもしれません。

もしホストとの借金を返済できない場合は以下の3つの方法を参考に手続きすることをオススメします。

  1. 任意整理で返済を楽にする
  2. 個人再生で借金を軽減する
  3. 自己破産で借金を0にする

それぞれの方法について詳しく見てみましょう。

(1)任意整理で返済を楽にする

専門家がホストやホストクラブと交渉して、自分の未収金を減らす方法が任意整理です。

債務で困っている人がよく利用する方法であり、法律事務所に依頼することで簡単に手続きできます。

任意整理をするには「未収金を3年程度で返済できること」と「安定した収入があること」という条件を満たすことが必要です。

ホストから高額な利息を請求されていた場合、任意整理により返済額が少なくなるメリットがあります。

個人再生で借金を軽減する

裁判所に所定の手続きをすることで、自分の未収金や借金を大幅に減らす方法が個人再生です。

車や高級品などの財産を手放す必要はなく、借金が原則1/5まで減額されるのがメリット。

法律事務所に個人再生を相談することで、専門家が個人再生の手続きを説明します。実際に手続きする場合は専門家が必要書類を作成し、あなたに代わって裁判所に書類を申請してくれるでしょう。

注意すべきポイントは未収金などの借金が100万円以下の場合、個人再生しても返済額が変動しない可能性があること。借金が高額になるほど減額の幅が大きくなる特徴があります。

また、国が発行する官報に個人再生した人は掲載されて、他人に名前と住所を知られるリスクもあります。借金が100万円以下の場合はメリットが小さいため、個人再生よりも任意整理がオススメです。

自己破産で借金を0にする

ホストの未収金以外にも多額の借金があり、返済できる見込みがない人は自己破産を検討しましょう。

すべての借金を無くすことで毎月の返済に悩まなくて済むメリットがあります。

また、身内に保証人がいなければ自己破産による家族への悪影響はありません。ただし、自分が所有している価値の高い財産は差し押さえられ、資産が大幅に減ってしまうのがデメリット。

また、個人再生と同じく自己破産をすると官報に掲載されて、他人に名前と住所が公開される仕組みです。破産してから5年間はローンやクレジットカードを利用できなくなります。

まとめ

容姿の優れたホストにハマってしまい、いつの間にか未収金が増えてしまう利用者は一定数います。たとえ未収金を返済する必要があっても、闇金から借りるのはやめましょう。

悪質な闇金は違法な金利でお金を融資し、返済できなければ実家や職場に取り立てます。ホストが夜の仕事を紹介する場合もありますが、未収金のために水商売をする必要はありません。

分割払いやクレジットカード払いで返済したり、債務整理したりすることでホストクラブの未収金は解決できます。

借金に悩んでいる人はさっそく法律事務所に相談しましょう。