1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. 闇金の借金を返せないとどうなるの?相談先や注意事項も解説

闇金の借金を返せないとどうなるの?相談先や注意事項も解説

相談・解決

やむを得ない事情により、闇金から借金をする人が後を絶ちません。闇金から借金をすると、昼夜を問わず怒鳴り声で恫喝する返済催促電話があります。

そして返済督促電話だけでなく、友人や知人と自宅周辺まで巻き込んだ嫌がらせまでしてくる闇金業者もいます。また携帯電話などのタブレット端末や、銀行口座譲渡を求められる時もあります。

ですが法律の専門家に相談することによって、闇金による取り立て地獄から解放される方法はあります。執拗な取り立て連絡だけなら、専門家に相談に行ったその日に止まることもあります。

今回は闇金と、闇金からの借金を返せないとどうなるのかということについて、友人や知人も含めた迷惑行為や借金を返せない時の相談先などにも触れながら解説します。

執拗な返済督促連絡

次のような、執拗な返済督促連絡があります。

常軌を逸した回数の連絡

闇金への返済ができなくなってしまうと、1日に数回といわず、数十回や100回以上の返済督促連絡もあります。そして時間帯も昼間だけでなく、夜間や夜中就寝中もあります。

高圧的な表現方法

電話口では怒鳴り声で「利息の支払いどうなっているんだ!」と、罵声を浴びせます。
そしてお金がない旨を伝えると、「家売ってでも金を調達しろ、家族や友人からお金を借りろ、別の金貸しから金を借りてこい!」などといった、無茶な要求もします。

家族や勤め先へ連絡

債務者が借入申込書などに、家族や勤め先の電話番号などを書いていると、家族や勤め先にも連絡がいきます。そして闇金業者はグループの複数会社で、情報を共有する傾向もあります。
よって、全く別の金融業者から家族や勤め先に、融資勧誘メールやFAXが送りつけられることもあります。

友人や知人を含めた迷惑行為

友人や知人を含めて、次のような迷惑行為もあります。

友人に電話

例えば「誰か友人や知人の電話番号などを教えれば、利息を待ってやる」などの口実をつけ、電話番号やメールアドレスなどを入手します。
そして「あんた~さんの友達でしょ、借金返済で困っているから助けてあげてよ」などの、不当な要求電話をします。

また一方的に「緩い審査基準にて融資可能です」などの、非正当的な営業連絡をします。

SNSで勝手に接触

Facebookやラインなどで、債務者の友人や知人と勝手に接触をします。
そして融資の勧誘や物品の販売など、様々な営業文言や不当な要求連絡などもします。

勝手な緊急車両手配

自宅や闇金業者に知られた住所などへ、パトカーや救急車などの緊急車両を、用もないのに勝手に呼ばれることもあります。
緊急車両手配を受けつける側も、複数回になるとさすがに不審に思い、2回目以降は実際に出動にはならない可能性もあります。

勝手な出前

緊急車両手配同様、一方的にピザや寿司などを、自宅や友人宅などへ出前を注文するなどの不当行為もあります。
全く身に覚えのない出前をされた方はもちろん、ロスが生じる業者側にも迷惑です。

自宅周辺への嫌がらせ

取り立て連絡

債務者の自宅住所周辺の民家などに電話し「お宅~さんの知り合いなんでしょ?~さんの代わりに返済してもらえない?」などの、不当な要求連絡をします。

そして仮に連絡がきたところが飲食店や議員の家などであると「あそこはもしかして闇金や暴力団と関わりがあるの!?」などと、根も葉もない噂につながる可能性もあります。

騒音や張り紙

自宅周辺で「~さんはうちからお金を借りているのに返してくれません」と騒音を鳴らしながら、大きな声で悪口をいうこともあります。
そして債務者の悪口や代わりに返してくださいなどの文言を、自宅周辺の電柱や壁などに貼り付けることもあります。

動物の死骸を放置する

自宅の前や近所などに、猫やヘビなどの死骸を放置される嫌がらせもあります。
交通の妨げになることはもちろん、悪臭により自分を含め近所の人が、体調不良を起こす可能性もあります。

タブレット端末や銀行口座の譲渡を求められた時

闇金の借金を返せなくなると「利息を含めた返済を待つから、新規契約でもしてスマホなどのタブレットや銀行口座をこちらに譲りなさい」と、要求される可能性もあります。

一方でタブレット端末譲渡や銀行口座譲渡には、次のような事態の展開可能性があります。

携帯電話などのタブレット端末のケース

違法行為の可能性

スマホなどのタブレット端末を、携帯電話事業者に無断で譲渡すると、携帯電話不正利用防止法違反になる可能性があります。

一方で、携帯電話不正利用防止法の法律すら知らない人は少なくありません。
よって何の罪悪感もなく、闇金の要求通り譲渡してしまうケースもあります。

無意識のうちに犯罪に加担する

闇金業者は警察の捜査から逃れるために、複数電話番号をもち、次から次に携帯電話を変えようとします。
この事情で闇金業者は、債務者に携帯電話譲渡を求めるわけです。

よって仮に自分の携帯電話を闇金業者に譲渡し、闇金業者者の貸金業行為に自分がもっていた携帯電話が使われると、結果的に犯罪に加担してしまう形の可能性もあります。

携帯電話会社への詐欺行為の可能性

基本的に債務者である元の電話主が携帯電話会社へ、身分証を示すことによって、自分自身が契約をしています。
よって債務者は精神的に追い込まれていて故意性はないとはいえ、結果的に自分の身分証で、闇金業者の代わりに契約をしてあげた形になります。

つまり理屈的には、携帯電話会社への詐欺行為が成り立つ可能性もあります

電話代請求がくる

闇金側へ携帯電話を譲渡しても、契約上持ち主は債務者のままです。
よって電話代請求は元の持ち主である債務者にきて、その請求額は思わぬ高額になる可能性もあります。

銀行口座譲渡

仮に闇金業者から銀行口座譲渡を求められると「どうせ大して入っていないし」と思い、特に躊躇なく譲渡する可能性もあります。

一方でこの行為は、犯罪収益移転防止法違反の立派な違法行為になる可能性があります。
そして譲渡した口座は、別の闇金利用者の返済先口座に指定される可能性もあります。

こうなると自分は悪意もなく無意識のうちに、闇金業者の従業員や関係者だと解釈されてしまう可能性まであります。

闇金を返せない時の相談先

闇金を返せない時は、とにかく法律の専門家をはじめとした、下記のような機関などへ相談が重要です。

そして闇金からお金を借りても、実は法的には利息だけでなく元本すら、返済の必要はありません。
闇金業者の取り立て行為は基本的に違法行為であったり、契約そのものが無効であったりするケースが多い事情もあります。

法律の専門家

基本的に闇金を返せない時の1番のおすすめ相談先は、司法書士事務所をはじめとした法律の専門家です。
早いケースでは、取り立て電話そのものは、その日のうちに止まる可能性もあります。

そして司法書士事務所は、相談料が何度でも無料のところがあり、費用は闇金1社につき5万円程度のところもあります。
また分割払いや後払いが可能なところもあり、良心的です。

消費生活センター

いきなり法律の専門家のところへは何となく行きにくいケースでは、消費生活センターもおすすめといえます。
結果的には、法律の専門家のところへ行くよう指示されるでしょう。

一方で自分が、どこの法律の専門家のところへ行った方がよいのか教えてくれる可能性もあります。

そして法律の専門家へ前もって「こうこういった案件で、~さんという方を紹介します、そちらへ行かれたら対応をお願いします」と連絡してくれる可能性もあり、行きやすくもなります。

地方自治体の相談窓口

地方自治体には、闇金被害の相談窓口を設置しているところもあります。
消費生活センター同様、法律の専門家のところへ行くよう伝えられるでしょうが、最初の相談場所としてはおすすめともいえます。

警察

基本的に闇金との争いは民事案件となり、警察は原則として直接捜査には着手できにくい傾向もあります。
そして警察へ相談に行くと、法律の専門家のところへ相談に行く旨を伝えられる可能性もあります。

ですがもし闇金業者から、実際に暴行されたなど、刑事事件として扱われる事実があれば警察へ届ける必要もあります。

日本貸金業協会のサイト

面と向かって、対人で相談することがなかなか苦手のケースがあるとします。
このようなケースでは、日本貸金業協会のサイトを閲覧し、貸金業相談センターや紛争解決センターへの電話相談もおすすめといえます。

返せない時の注意事項

返せない時でも、次のようなことが注意事項となります。

電話を無視することは要注意

携帯電話の電源を切ったり着信拒否をしたりすることは、禁物といえます。
次から次に違う番号からかけてくるだけでなく、闇金側が激高し、友人や知人への迷惑行為がエスカレートする可能性もあります。

自力での交渉

闇金から借金をして取り立て連絡が始まってから、法的に返済要求に応じる必要はないとわかったとします。
そして自分はもちろん、兄弟と友人や知人などが法律を駆使して、闇金側と直接交渉を試みようと考えるとします。

一方で闇金側は、自分たち自身が違法行為をしていることは認識している人たちもいます。

よって民法などをある程度勉強していても、法律の専門家でない素人が交渉すると、闇金側が応じるとは予想できにくいです。

証拠を残す

法律の専門家に相談へ行く前に、21時から翌日8時までに返済督促電話があれば、できれば日時がしっかりと分かる形で録音できておきたいものです。

そして闇金業者が自宅へ押しかけてくることはあまりないでしょうが、21時から翌日8時までの時間帯に押しかけてきたら、インターフォンのカメラ映像なども残しておくことがおすすめといえます。
解決方法が複雑になると、証拠として効果がある可能性もあります。

闇金業者と格闘する

闇金業者が自宅へ押しかけてくることはあまりないでしょうが、仮に押しかけてきたとします。
この時に、自分が柔道や空手など経験者で、闇金業者に格闘をして勝つ自信があるとします。
それでも玄関のチェーンロックなどを開けて、自分で対応しようとすることは禁物です。
ナイフやピストルを所持している可能性を、否定はできません。

玄関先まで来て帰ろうとしないケースでは、警察へ通報します。
暴行事件や傷害事件などが起こる可能性もあるので、さすがに警察も駆けつけるでしょう。

費用を予め示す法律の専門家に相談

法律家といえども、100%すべての法律家が良心的な法律家とは限りません。
よって闇金対策で法律家に相談に行く時には、上記で示しているような相談先へ行くことはもちろん、費用を予め示すことも基準の1つといえます。

引っ越す必要性

自宅周辺にも様々な迷惑をかけ、住みづらくなったとします。ですが無理をして、引っ越す必要はないでしょう。

賃貸などで、今の住居に未練がないなら話は別ですが、やっとの思いで手に入れたマイホームのケースでは、迷惑をかけたところへお詫びと事情説明をすればよいでしょう。

まとめ

ここまで、闇金と闇金からの借金を返せないとどうなるのかということついて、考察してきました。
押さえておきたい点は、闇金を返せない時の相談先や返せない時の注意事項です。
友人や知人を含めた迷惑行為と、タブレット端末や銀行口座の譲渡を求められた時の内容もポイントといえます。

闇金に関するトラブルでお悩みの方は、闇金の対策を得意としている法律の専門家に相談することをおすすめします。