1. 司法書士法人ジェネシス
  2. コラム
  3. 闇金の手口
  4. 闇金の分割払いは要注意!仕組み・金利・トラブルの解決方法

闇金の分割払いは要注意!仕組み・金利・トラブルの解決方法

闇金の手口

「ブラックOK」などという広告につられて、正規の金融業者ではお金を借りることができない金融ブラックの方、多重債務の方、総量規制オーバーの方などが、闇金でお金を借ることがあります。

たしかに、審査はほぼなく、手軽にお金を借りることができるかもしれませんが、その代わり、法外な高金利や、返済ができなくなった場合の厳しい取立てを、覚悟する必要があります。

気軽に闇金でお金を借りてしまったけれど、期日までに返済ができなくなってしまったとき、闇金にも分割払いがあればなぁ、と思う方もいるかもしれません。

最近「分割払い可」を謳う闇金が多数あります。「分割払いができるなら、返済しやすい」、「分割払いは便利だ」と、思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、それは大変危険な考えです。

この記事では、闇金の分割払いの仕組みと危険性について説明するとともに、闇金の分割払いでトラブルになった場合の解決方法についても解説していきます。

闇金の仕組み

闇金は「ブラックOK」

ブラックというのは、信用情報に債務整理などの記録が載り、ローンなどの金融商品の審査に通らないことをいいます。「金融ブラック」「ブラックリストに載る」などと表現されることがありますが、これらは正式名称ではありません。いずれにしても、そういった信用情報に問題がある人間は、通常金融業者からお金を借りることはできません。

ところが貸金業者として登録していない違法な金融業者=闇金は、「ブラックの方にも貸します!」と宣伝しています。

審査もほぼなく、信用情報に問題のある方でも、簡単にお金を借りることができます。ただし、その条件は法外なものとなります。

融資周期と法外な金利

闇金業者からお金を借りた場合、7日間、10日間という短い周期で返済していくことになります。

正規の金融業者が守らなければならない利息制限法では、利息について以下のとおり決められています。

元本の金額が10万円未満の時の上限金利→年20%
元本の金額が10万円以上100万円未満の時の上限金利→年18%
元本の金額が100万円以上の時の上限金利→年15%

一方、闇金の一般的な金利は、以下のようになります。

A社:7日で借りた金額の20%→年960%
B社:10日で借りた金額の30%→年1080%

一見すると同じ20%ですが、年利に換算すると大変な金利になります。数万円借りたつもりが、気がついた時には数千万円になっていた、なんてことになりかねません。

闇金業者では一般的に、利息と手数料(だいたい3000円程度)を借入額から引かれた分が振り込まれ、7日後(または10日後)に借入額全額を返済することになっています。

例えば、7日周期で20,000円借りた場合、

利息(4,000円)+手数料(3,000円)を引いた13,000円だけが振り込まれます。7日後の期日には、20,000円を返済する必要があります。

「ジャンプ」という方法

返済ジャンプとは、借金の返済日に利息だけを支払い、次の返済日まで支払いを待ってもらうことです。

正規の金融業者なら、支払い能力がないとネガティブ評価の対象になりますが、闇金業者は逆にこの支払方法を勧めてきます。

つまり、最初20,000円借りたが、返済日に返済日に20000円返せないという場合、4000円の利息だけを支払わせ、再び20,000円貸し付けます。次の返済日には借金が40000円、利息は8000円になっているということになります。

これを繰り返えしてしまえば、最初20,000円の借金だったものがあっという間に何十万、何百万に膨れ上がります。こうして、利用者をがんじがらめにするのが、闇金の手口です。

闇金の分割払いの仕組み

闇金の分割払いとは?

闇金から融資を受けた場合、7日間や10日間という短い周期で一括返済する必要があります。ところが、返済期日に支払うことができない場合、闇金は前述したジャンプといわれる利息だけを支払う方法を勧めてきます。しかし、この方法では元金は減るどころか、雪だるま式に膨らんでいきます。

一方、一部の闇金が行っている分割払いのシステムは、融資周期に合わせて利息とは別に、借入金の一部を返済していくというものです。借入金も同時に返すことができる分、「ジャンプ」より良さそうだ、と思われるかもしれません。しかし、分割払いの闇金の利息は、それでなくても高い闇金の利息より、さらに高いものとなります。以下で具体例をご紹介していきます。

闇金の分割払いの金利 ~A社の場合~

通常は7日間や10日間の返済周期ですが、1ヶ月から3か月の長い周期で返済することも可能とのことです。ただし、返済周期が長くなる分、当然、支払わなければならない利息も多くなります。

10日間30%の場合、月利換算すれば90%の利息になります。返済は、1ヶ月に1回となり、1ヶ月周期の場合は1回払い、2ヶ月周期の場合は2回払い、3ヶ月周期の場合は3回払いとなり、さらに、手数料が5,000円かかります。実際に振り込まれる額は、利息と手数料を引いた額だけになりますが、返済は、借入額になります。

闇金の分割払いの金利 ~B社の場合~

B社は、返済周期は1ヶ月で、月1回の返済が基本となります。「手数料は無料」と大々的に宣伝していますが、利息はなんと50%ということです。50%ということは、借入金額の1/2が利息になります。

具体的な金額を見てみましょう。

融資額50,000円の場合、利息は50%の25,000円なので、振込まれる額は、25,000円だけです。
同じように、100,000円融資してもらったとしても、利息が50%の50,000円なので、振込まれる額は、融資額の1/2の50,000円だけということになります。しかし、当然ながら、返済は100,000円しなければいけません。

このように説明すれば、どれだけ法外な金利かということがお分かりいただけたと思います。

闇金の分割払いを利用したら、どうなる?

返済が行き詰まる

闇金業者はそもそもが違法な存在なので、正規の金融業者のように「利息制限法」の縛りを受けません。そのため、闇金業者の金利設定は、正規の金融業者ではありえない、とんでもない高利となります。

ただでさえ、完済が難しい高金利だというのに、前述した通り、分割払いを選択するとさらに金利は高く返済は難しくなります。必然的に返済は行き詰まり、元本は膨れ上がり、いずれは破綻します。

厳しい取立て

返済が遅延、あるいは返済不能になった場合、闇金の取立ては容赦がありません。利用者自身に脅迫めいた取立ての電話がかかってくるだけでなく、契約時に書いた職場や家族、友人にまで取立ては及びます。

あまりにしつこい電話攻勢に着信拒否しても、攻撃が止まることはありません。そのうちに、FAXを送られたり、昼夜を問わず訪問攻撃を受けることになるかもしれません。家の周りに中傷ビラを貼られたりするケースもあります。

もし全てを捨てて姿をくらましたとしても、闇金業者は執拗に追ってきますし、万一、逃げおおせたとしても、一生隠れて暮らすというのは現実的ではありません。結局お金に困って、別の闇金業者を頼ったところ足がついてしまい、見つかってさらなる泥沼、という最悪の事態に陥りかねません。

闇金の分割払いに関するトラブルの解決方法

闇金の借金問題に強い専門家に相談しよう!

何度も申し上げた通り、闇金業者の金利は元々法外に高く設定されていますが、分割払いは、その高い金利より、さらに多くの利息を払わなければいけない仕組みになっています。さらに、一度でも支払いを遅延したり、支払うためにまたお金を借りたりすれば、借入額は雪だるま式に膨らんでいきます。

もし闇金業者から分割払いで借金をしてしまい、行き詰まってどうしようもなくなってしまった場合は、逃げ出したり放置したりせずに、警察や消費者生活センター、司法書士事務所などに相談することをおすすめします。

特に今、差し迫って困っているという場合は、闇金関係に強い専門家へ相談すると良いでしょう。借金トラブルに詳しい専門家がいる事務所は、他の相談窓口より迅速に確実に闇金トラブルに対応してくれます。

身に危険を感じるようなら、警察に通報しよう!

闇金の取り立てでは、「死んで金を返せ!」などといった明らかな脅迫や殴るけるの暴力行為が行われる場合があります。返済の代わりに、犯罪に加担するように促される場合もあります。

借金トラブルは基本的に民事事件として取り扱われるため、警察に相談しても積極的に動いてくれることは少ないですが、上記のような明らかな犯罪行為が行われた場合は別です。

身の危険を感じた場合は、躊躇なく警察に通報して、身の安全を確保するようにしましょう。

まとめ

今回は、闇金の分割払いの仕組みとその危険性について説明しました。仕組みを知れば、安易に分割払いを選択してはいけないということや、そもそも闇金業者に関わるべきではないということがお分かりいただけたかと思います。

前述のとおり、闇金業者とのトラブルは、放置したり逃げ出しても、解決できないばかりか、借金は嵩み、状況は悪くなる一方です。もし今現在、闇金業者から分割払いでお金を借りていて返せなくなり困っているのでしたら、早急に消費者生活センターや法テラス、警察、司法書士事務所などへ相談に行くようにしましょう。特に今すぐ取り立てを止めさせたいという場合は、借金トラブルや闇金関係に詳しい専門家へ相談することをおすすめします。他の相談窓口へ相談するより迅速に、闇金業者へ直接対応してもらうことができるからです。

ジェネシスは、借金問題に詳しい司法書士と元警察官がタッグを組んで、利用者に代わって闇金業者と交渉を行う司法書士事務所です。利用者の方からは、「家族に知られることなく、闇金トラブルを解決できた」との声をいただいています。アフターフォローにも力を入れ、着手から2か月間は、無料でしつこい闇金業者への対応も行っています。闇金業者とのトラブルを根本的に解決したいと考えている方は、一人で悩まずに、ぜひ我々ジェネシスへご相談ください。