1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 取り立て対策
  4. 闇金の返済が終わらない!取り立て対策と手を切る方法

闇金の返済が終わらない!取り立て対策と手を切る方法

取り立て対策

「闇金の返済がいつまでも終わらない」
「利息ばかり払っていて元本が減らない」
そのような悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

本記事では、闇金への返済が終わらないという悩みをお持ちの方に向けて、闇金の返済が終わらない理由について説明すると同時に、返済が終わらない方の実例をご紹介します。また、闇金の取り立て対策と手を切る方法についても詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてください。

闇金の返済が終わらない理由

すぐ返すつもりで闇金業者から借入をしたけれど、完済できずに延々と利息を支払い続けているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。きちんと返済をしているにもかかわらず、いつまでも完済できないのは一体なぜなのでしょうか?
闇金の返済が終わらないのは、主に以下のような理由からと考えられます。

金利が高く返済が難しい

闇金業者の金利は、貸金業法で定められている上限金利を超えて法外に高く設定されています
闇金では年利で記載されることはなく、例えば「7日で2割、10日で3割」等と示されていることが多いですが、10日で3割は年利に直すと1000%を優に超えています。法定金利の上限が20%程度なのと比較すれば、この金利がどれだけ恐ろしいものか実感できるのではないでしょうか。
単純に考えて、このような高い金利では返済は難しいでしょう。

また、返済日もクレジットカードや貸金業者は月1回なのが一般的ですが、闇金業者の場合は7日・10日と短い周期で設定されることが多いです。このような短期で返済をしていかなければいけない場合、当然、返済に追われることになります。

返済が滞ると延滞金が付く

返済に追われ、期日にお金が用意できない場合もあるでしょう。

返済日に支払いができなかった場合、厳しい取り立てが来るのは当然として、延滞金を請求されることになります。
闇金業者の延滞金は、平均で1日10000~20000円といわれています。10000円だった場合、10日延滞すると返済金とは別に10万を加算して請求されることになり、ますます完済が難しくなっていきます。

複利によって元本が増える

さらに、返済が滞った場合、闇金業者は複利という計算式を用いるため、前日までの金利が元本に加算され、そこにまた金利が発生してしまうことになります。

元本が増えていってしまうのでは、いくら利息を払っても完済できるわけがありません。

完済を阻まれることも

そうはいっても、期日に確実に返済を続けていればいつかは完済できるはずだ、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、闇金業者側が完済を妨害することもあるのです。

闇金業者にとって、優良な顧客とは延々と利息を払い続ける人間のことであって、完済されることは望んでいません。
そのため、悪質な業者の中には、返済日に連絡をつかなくすることや、返済先を教えないことなどで、期日に返済できない状況を作り、わざと完済を阻むことがあります。

こうした要因から、闇金業者への返済はいつまでも終わらない状況に陥りやすいのです。

闇金の返済が終わらない方の事例

闇金の返済が終わらない理由について前述しましたが、「返済が終わらないなどということが本当にあるのだろうか?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
大手Q&A掲示板には、実際に闇金への返済が終わらないという悩みを持つ方の体験談が複数掲載されています。今回はその中から数例をご紹介します。

5万借り30万以上返済しているが元本が減らない

2015年頃、5万円の借入に対し30万円以上返済しているのに元本が全く減らないという方の投稿です。

投稿者はお金に困って闇金から5万円借入してしまったそうです。しかし、30万円以上返済しても、全く元本が減っておらず、しかも取り立てが厳しく、毎日電話がかかってきて、ノイローゼになりそうだとのこと。
「どうやったら闇金の元金は減りますか?」
「一生返済を続けなければいけないのかと思うと、絶望感で倒れそうです」

という質問者に対し、以前やはり闇金を利用した経験があるという方から、「今すぐ闇金に強い法律の専門家に相談することをおすすめする」というアドバイスが寄せられており、こちらがベストアンサーに選ばれていました。

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11152260356?__ysp=6ZeH6YeR44CA6L%2BU5riI44CA57WC44KP44KJ44Gq44GE

ずっと返済しているが完済にならない

2019年の11月、ソフト闇金からお金を借りてしまったという方の投稿です。

投稿者は、頼ることのできる身内がおらず、思い余ってソフト闇金業者に借入を申し込んでしまったそうです。50000円の融資を頼んだところ、利息(30%)・初回手数料・事務手数料を差し引いた金額31000円が振り込まれたそうです。
業者から1週間後の決済日に50000円完済するか、利息の15000円を支払うか選ぶよう迫られ、1週間後に50000円を用意できなかったため、利息を支払ったそうです。その後、利息の15000円を4回支払ったそうですが、「利息をずっと払い続けても完済した事にはならないですか? 」という、質問の内容でした。

回答者からは、以下のような意見が寄せられていました。

  • JUMPを繰り返しても、完済にはならない
  • 消費者金融を利用してでもすぐに5万円完済するべき
  • 警察に相談に行った方が良い

このように闇金業者は、元本を一括で返済できない利用者に対し、利息だけを支払わせるJUMPという手口を使います。この方法では、利息のみ支払っていることになるため、いくら支払っても元本は減らず完済にはなりません

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14217919459?__ysp=6ZeH6YeR44CA5a6M5riI44Gn44GN44Gq44GE

利息の支払いに毎週追われている

2010年頃、闇金の利息に追われて困っているという方の投稿です。

投稿者は毎週延々と利息を返済し続けており、どうにもこうにも回らなくなってきたそうです。そもそも借りたのは自分だし、督促が怖いので支払い続けているが、もうどうしたら良いかわからなくなり、こちらの掲示板に助けを求めたとのことです。

だいぶ取り乱した様子の投稿でしたが、回答者から「法律の専門家に相談してみてはいかがですか?」とアドバイスをされ少し落ち着いたようで、「とりあえず相談してみようと思います」と、コメントを返していました。

参考記事:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1044532740?__ysp=6ZeH6YeR44CA5a6M5riI44Gn44GN44Gq44GE

取り立て対策と手を切る方法

闇金の返済が終わらない理由と実例を紹介しましたが、ではどのように対処すれば闇金の取り立てから逃れ、手を切ることができるのでしょうか?
以下では、闇金の取り立て対策と手を切る方法について説明します。

連絡先・口座番号を変更する

闇金の取り立てから逃れ、手を切るために重要なのは、闇金業者との連絡を絶ち、返済を止めることです
返済を続けていては、闇金業者と手を切ることはできません。

電話の着信は拒否設定にして、連絡には決して応じないようにしてください。できれば電話番号は変更し、取引に使用した口座は解約するか番号を変更した方が良いでしょう。
会社や親族の元へ連絡が入るようになるかもしれませんが、あらかじめ事情を話した上、無視してもらうようにしましょう。

法律の専門家に相談する

連絡を絶っても、あの手この手で取り立てをしてくる場合は、法律の専門家に相談をすると良いでしょう。

闇金業者から借入をしたとしても、法律上は元本すら返済の義務はないのです。そうした法律を盾に戦うのが、違法業者である闇金業者に対する最も有効な対応策です。そのためにも、法律のプロの手を借りることをおすすめします。

ただし、闇金対応は法律家の中でも専門性が高い分野といわれており、下手な対応を行うと、逆に話がこじれてしまうケースもあるため、闇金対応の知識と経験を豊富に持った法律の専門家に依頼するようにしましょう。

警察へ相談する

闇金被害は基本的に民事扱いとなり、警察は民事不介入であるため、法律の専門家に相談した場合と異なり、積極的に働きかけてくれることは期待できません。

しかし、もし闇金業者から身の危険を感じるような脅迫行為や、実際に暴力を受けるようなことがあった場合は、警察に相談し、被害届を提出することをおすすめします。
その際は、できる限り電話の録音や書面、怪我を負わされた場合は医者の診断書など、具体的な証拠となるものを用意しておくと、真剣に取り扱ってもらえるでしょう。

二度と利用しないことが大切

闇金業者と手を切るために一番重要なのは、二度と利用しないことです。
そのためにも、そもそもなぜ闇金を利用してしまったきっかけとなった問題を解決しておくことが重要です。今回の問題を解決したとしても、原因を放置したままでは、また闇金に手を出してしまいかねないからです。

ギャンブルや買い物のし過ぎが原因の場合は、依存症の可能性がありますので、治療を受ける必要があるかもしれません。病気で働けないなどが原因で生活費が不足した場合は、生活保護等、行政の助けを借りることを検討した方が良いでしょう。正規の貸金業者からの借入が総量オーバーしているような場合は、この機会に債務整理を行うことをおすすめします。

もう二度と闇金への終わらない返済に悩むことにならないためにも、問題を根本から見直し、二度と闇金業者を頼らないで済むようにしましょう。

まとめ

今回は、闇金の返済が終わらない理由の説明と、返済が終わらない方の実例の紹介、闇金の取り立て対策と手を切る方法について説明しました。

闇金業者の金利は法外に高い上、返済周期は短く設定されているため、返済を続けていくことも、完済することも困難です。
闇金業者への終わらない返済や厳しい取り立てに悩まされているという方は、速やかに法律の専門家に相談することをおすすめします。

我々ジェネシスは、借金問題に詳しい司法書士と元警察官が力を合わせて、闇金トラブルを解決する司法書士事務所です。相談は無料で、着手金については後払い・分割払いにも対応しています。闇金業者への返済が終わらないという方は、一人で悩まずにぜひお気軽にご相談ください。