1. 司法書士法人ジェネシスWEST
  2. コラム
  3. 相談・解決
  4. 闇金から借りてはいけない!闇金を解約する方法は?

闇金から借りてはいけない!闇金を解約する方法は?

相談・解決

闇金は貸金業許可を持たずに営業する違法業者です。
闇金を上手く使おうなどということは無理な話で、関わりを持たないのが一番です。
既に関わってしまった人は、すみやかに縁を切る方法を考えなければなりません。

本記事では、闇金から借りるとどのようなことが起きるのか、闇金を解約することの難しさについて説明します。闇金から借りてしまう原因と対処方法についても説明しますので、ぜひ参考にしてください。

闇金から借りると後が大変

闇金から借りるとこうなる

正規の金融機関で借り入れできない場合、審査が甘い闇金から借り入れしようと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、それは大きな間違いです。
闇金は、借り入れできない方を救済するために法律をあえて破る、正義の味方ではないのです。
法律を無視した商売である闇金から借り入れると、次のような末路が待っています。

あらゆる手段でしゃぶり尽くされる

一般的な契約は、当事者双方がメリットを得るものです。ローンも同様です。

貸金業者は、きちんと期日に返済を続けて返済を終わらせることができる人とのことを、優良な顧客と判断します。途中で返済が遅れることや返済ができなくなることがある人は、信用できない人であり、優良顧客ではありません。貸金業者は信用できない人に対しては貸付しませんので、ここに闇金の需要が生じます。

一方、闇金は正規の貸金業者とはまったく違う認識を持っています。闇金にとっての優良顧客は、長期に渡って利息を支払い続ける人です

闇金は完済させることを目的としていません。それどころか、最終的には利息の返済すらできなくなることを、闇金側も承知しているのです。そのリミットまで、最大限稼ぐことを目的としているのです。

例えば、返済できない人が闇金の片棒を担がされるのはよく耳にするところです。
借金を返す代わりに、闇金に代わって別の顧客に振り込むよう依頼されることや、口座を作り、通帳とカードを渡すように要求されることもあります。

「それで借金がチャラになるのなら」と引き受けてしまえば、場合によっては貸金業法違反の共犯とみなされ、被害者ではなく加害者の扱いを受けることになりかねません

最終的には返せなくなる

闇金にとっての優良顧客は、利息を払い続ける人ですが、闇金の金利は、トイチ(10日で1割)、トサン(10日で3割)が当たり前という暴利ですので、返済を続けるのには限界があります。

闇金業者は、限界を迎えた利用者からさらに搾り取ることを考えます。
まずは、本人にもっとお金を稼がせる方法はないか、身内や知人友人に代わって返済させることはできないかを考えます。

フィクションで描かれるような、無理に売春をさせることや、マグロ漁船に乗せられる、臓器を売らされるようなことが、現代日本で本当にあり得るのかは不明ですが、「返済能力のない人からお金を搾り取る」のが闇金のビジネスモデルですから、まったくあり得ないことではないのかもしれません。

解約して縁を切るのが一番

闇金から借り入れるのは百害あって一利なし。人生は破滅に向かって進んでいきます。

闇金と縁を切るためには、どのようにすればよいのでしょうか。

闇金の解約、キャンセルは難しい

闇金ローンを解約するのは、決して簡単ではありません。闇金従事者は、具体的に刑事罰を受けそうだという危機感を抱かない限り、手を緩めることはありません。

借り手が「やっぱり借りるのをやめます」と解約を申し出た際に、どのようなことになるのでしょうか。具体的な事例に合わせた対策について説明します。

押し貸し・恫喝等|なかなか縁を切れない

闇金はそもそも「借りない」という選択肢を与えてくれません。
一度闇金に手を出した人に対しては、「押し貸し」が行われることがあります。押し貸しは、頼んでいないのに勝手に銀行口座に振り込んできて、利息を付けた返済を迫るもの。
勝手に振り込まれてもすぐに返済できればいいですが、相手の口座番号はわからないことが多いのです。

ですが、法律を味方につけましょう。振り込まれたお金を「供託」するのです。
自分のものではないが、返すこともできないお金は供託所に供託することができます。これで返済義務は消滅します。

そもそも闇金業者へは法律上返済義務がないとされていますが、ここまでやっておけば返済を迫られることはありません。

ちなみに闇金は違法業者であるため、闇金自身が供託所からお金を取り返すことは非常に困難です。
なお、最近では、供託以前に、押し貸しされたお金は一切返さなくていいという専門家の見解が多くなりました。ただし、相手は法律に従う人たちではありません。法律の専門家に相談し、細心の注意を払って対処しましょう。

法外な違約金の請求|借りた場合と同じ

闇金は、法律に違反して綱渡りの営業をしています。そのチャンスを邪魔されれば、腹立たしい限りでしょう。
「やっぱり借りるのをやめます」と利用者が言ったとして、「わかった」ということにはなりません。

このような場合、法外な額の違約金を請求してくることがあります。要は、因縁をつけてでも利益が上がればいいのです。
もちろん違約金さえ支払えば縁が切れるということはなく、支払い能力があるとみなされ、さらに要求されることになりかねないため、支払わない方法で対処をする必要があります。

闇金の解約トラブル事例

闇金からの借入れは、一般的な契約行為とはいえません。そして、違約金も、法律に基づくものではありません。
ですから、闇金を解約すると宣言すればそれでよさそうにも思えます。
ですが、闇金に口座番号を教えてしまっている場合は、それだけは済まない可能性が高いです。

解約すると言ったにもかかわらず、勝手にお金を振り込まれ、後から法外な利息を請求されるというケースが後を絶ちません
「キャンセルを受け付けなかった」のか、「新たな押し貸し」なのかはわかりませんが、闇金に教えた口座は解約をするか、番号を変更するようにしましょう。

闇金以外のどこから借りたらいい?

「貸してくれるのが闇金だけ」という状況は、誰のみにも起こりえることです。そのような状況は、もはや「どこから借りるか」を考えている場合ではありません。債務整理をするべきです。
ただ闇金しか貸してくれないというのはあなたの勘違いで、まだ正規の貸金業者から借り入れが可能かもしれません。確認しましょう。

ソフト闇金も闇金

最近では「ソフト闇金」というものが登場していますが、これもまた貸金業許可は持たない、違法な貸金業です。「ソフト」がついていようがいまいが、闇金には違いありません。

「暴力的な取り立てをしない」「書いてある利息以上の取り立てをしない」等、従来の闇金との違いを謳っていることがありますが、結局のところ、取り立て方法も利息の法外さも従来の闇金業者と同じです

借入先として、ソフト闇金は論外です。

個人信用情報に傷がなければ金融機関から借入可能

大手の消費者金融から借り入れようとして審査に落ちてしまい、あとはもう闇金に頼るしかないと思い込んでいる人もいるでしょう。
ですが、冷静に考えてみましょう。次の条件をすべて満たす人なら、正規の貸金業者からの借り入れが可能です。

  • 借金の総額(全ての借入額)が、年収の3分の1以下
  • 既存の借入先が3社以内
  • 貸金業者の審査を複数同時に申し込んでいないか
  • 過去2年間に、クレジットカードやローンを滞納していないか

年収と借入総額の関係(総量規制)は、1円単位で厳密に運用されているわけではありません。しかし、一番重要な点ですので、こちらについてはきちんと把握しておきましょう。
その他の要件については、貸してくれる業者次第です。

ただ一般論として、借入件数が多いと審査に落ちやすくなるのは当然ですし、続けて申し込んでいる人が落ちやすいのも事実です。

滞納については、信用を構成する大事な部分です。滞納はもちろんないほうがいいですが、あったとしても数週間程度なら、新規に借り入れできる可能性はあります。

心配な人は、大手ではなく中小消費者金融に申し込んだほうがいいかもしれません。
中小消費者金融が、「審査が甘い」というわけではありませんが、審査で確認するポイントが若干違う可能性があります。

闇金からなぜ借りてしまう|そしてどうしたらいい

最後に角度を変え、闇金からどうして借りてしまうのか、その心理に迫ってみるとともに、対策を考えます。

浪費がやめられない ⇒ 医師に相談

浪費を止められない限り、根本的な解決は難しいでしょう。
お金を意味なく使う行為自体を、改める必要があります。
ギャンブル依存症、買い物依存症などで、深刻な状況にある方は自分で改善することは難しいため、医師に相談の上、治療が必要なケースもあります。
必要に応じて医師の手を借りて、無駄遣いをやめる方法を考えることをおすすめします。

まともな金融商品を申し込めない ⇒ 債務を整理

原因が前述のような依存症にあったとしても、現に作ってしまった借金の対処とはまた別の問題です。
闇金業者以外から新規の借入ができない、正規の貸金業者への返済すら難しい、生活資金が不足しているというような場合は、自己破産を含め債務整理する必要があるかもしれません。

自己破産など恥ずかしいと思うかもしれませんが、借金返済の負担をなくすことができる自己破産は借金対策に効果的です。
自己破産するほどでもないとしても、任意整理という方法もあります。これは、交渉によって借金を支払える額に減縮してもらう手段です。

いずれにしても一度、法律の専門家に相談することをおすすめします。

闇金に強い法律の専門家に相談する

すでに、闇金から借り入れをしてしまっているという場合はどうしたらいいでしょう。これは闇金に強い法律の専門家に相談するのが一番です

法律の通用しない相手とはいえ、暴力や高金利に対抗するには、法の専門家が必要です。
刑事事件化するために警察を動かすのも、専門家からのほうが効果的です。
正規の貸金業者からの借金もある場合は、債務整理と合わせて相談することをおすすめします。

まとめ

今回は、闇金から借りるとどのようなことが起きるのか、闇金を解約することの難しさ。闇金から借りてしまう原因と対処方法等について説明しました。

闇金に借金を申し込む以前に、踏みとどまれたのなら幸いです。
闇金から借金をしてしまい、ずるずると関係を続けるのは最悪の選択といえます。その前に作ってしまった借金を整理するほうがはるかに賢い方法です。
闇金には決して手を出してはいけませんが、やむを得ず闇金を利用してしまった方は、法律の専門家に相談して一刻も早く縁を切ることをおすすめします。