1. 司法書士法人ジェネシス
  2. コラム
  3. 闇金の手口
  4. 闇金の元金和解とは?提案されても絶対に応じてはいけない理由

闇金の元金和解とは?提案されても絶対に応じてはいけない理由

闇金の手口

闇金からお金を借りて返済を続けている人は、どれだけ働いても闇金に持って行かれるボロボロの状態になってしまっているのではないでしょうか。

「これ以上返済を続けていくことはできない」そのように追い詰められたタイミングで、闇金から和解案が提示されることがあります。

返済に疲れて金銭的にも精神的にもボロボロになっている人から見れば、和解案は絶好の助け舟のように思えます。しかし、闇金のこのような誘いには乗ってはなりません。

闇金から提示される和解案は、実際には和解という名の利息の支払であったり、犯罪行為の片棒を担がされたりすることにつながってしまいます。

この記事では、闇金が提示する元金和解の罠について解説します。

闇金問題は和解ではなく、もっと適切に解決する方法があります。闇金の提案する和解という名の罠にはまらずに適切に解決してください。

元金和解とは

まず、闇金が提案してくる元金和解の概要について解説します。

基本的には、元金と和解金を支払えば利息の支払は不要になるという提案内容です。

しかし、和解金が法外な点に加え、金銭ではなく犯罪行為に加担するように提案されることもあります。

闇金が提案する和解案とは、債務者の負担軽減と不良債権の処理を目的とする、本来の和解ではありません。

お金の無くなった人から搾り取れるだけ取ってやろうという意図の元に行われる提案です。

元金和解とは何か、和解の内容にはどのようなものがあるのかについて詳しく解説します。

元金と和解金を払ってくれれば和解するという提案

ある程度の期間、闇金に対して返済を継続したけれど、「これ以上支払うのは厳しい」と伝えたり、返済に遅れるようになったりした時があるとします。

そうしたタイミングで、闇金から「借りた元金と和解金を払えば、利息の支払はチャラにする」と和解案を提示されることがあります。

これまで十分な利息を支払ってきたけれど、これ以上は返済が見込めない人に対して、闇金は元金和解を提示することがあるのです。

返済に苦しんできた人にとって、和解は渡りに船のように思えますが、実際に闇金と元金和解することは問題ない行為なのでしょうか。

和解金は実際には利息以上となっていることも多い

元金和解の和解金は、実際には元金の何倍にもなる高額な金額であることが珍しくありません。

つまり、「利息の支払はしなくていい」と言っておきながら、実際には利息以上の金額を和解金として要求しているだけなのです。

元金和解をすれば、確かにこれまで悩まされてきた悪質な取立てからは解放されますが、金銭的には決して得にはなりません。

むしろ高額な資金を一括で用意しなければならないので、金銭的に苦しむことには変わりないのです。

そして、元金和解をすれば、本当に督促から解放されるのかといえば必ずしもそうではなく、和解後に手数料などを要求されることもあります。

金銭以外の条件を提示されることがある和解案

そして、闇金が提示する和解案は、金銭的なものだけではありません。

和解金すら取れないと判断した人には、金銭ではなく様々なものの提供を要求されることもあります。そのどれもが犯罪の匂いがするものばかりです。

本人確認書類と印鑑を用意する

「返済できないなら本人確認書類と印鑑を用意しろ」と言われることがあります。これは、利用者の名義で闇金がお金を借りてしまう可能性があることを意味しています。

闇金の利用者が金融機関で新たにお金を借りられるかどうかは微妙ですが、借りられた場合、闇金は返済しないので利用者が銀行から融資詐欺で刑事告発される可能性もあります。

また、本人確認書類と印鑑さえあれば、銀行口座などはいくらでも作れてしまいますので、やはり犯罪の片棒を担がされてしまうことになります。

いくら返済から解放されたいといっても、闇金に本人確認書類を渡すことは絶対にやめてください。

自分以外で、闇金から新たにお金を借りる人を紹介する

お金を払うことができない人に対して闇金は「お前の代わりに金を借りる人を紹介するなら、和解して返済はチャラにする」などと提案してくることもあります。

もちろん、闇金とすれば「カモにならないなら新しいカモを連れてこい」ということです。

自分が楽になりたいからといって、他人を巻き込んではいけません。自分が経験した苦しい経験を他人にも与えてしまうことになります。

携帯電話や銀行口座を用意する

ほかにも「返済できないなら、携帯電話と銀行口座を用意しろ」と提案されることもあります。

闇金は、闇金の名義で銀行口座や携帯電話を持つことを嫌がります。警察が捜査した時、最初に捜査の対象となるのは携帯電話や支払口座の名義人だからです。

そのため、利用者名義の銀行口座や携帯電話を用意させ、新たな犯罪の温床にしようとしているのです。

この闇金が捜査された時、真っ先に警察に捜査されるのは利用者本人になってしまい、場合によっては逮捕されることもあります。

闇金の督促から逃れたくても、闇金に携帯電話や銀行口座を提供してはなりません。自らが犯罪者になる可能性もありますし、闇金グループの一員とみなされてしまいます。

闇金から和解案が提示される人

闇金から和解が提示される人は、闇金にとって「カモとしての価値がなくなった人」です。カモとしての価値があるなら、利息を払わせ続けた方がメリットを受けられます。

闇金が和解を提示するのは「これまで十分な利息をとって、これ以上払うのは難しいので最後に利用しよう」という位置づけの人です。

和解金という形でお金を払える人には元金和解という形をとり、和解金すら払えない人には、携帯電話や銀行口座、本人確認書類などを提出させて最後に利用するのです。

闇金は利用者から取れるものをとって、お金が取れなくなったら、携帯や銀行口座の名義人としてカモをボロボロにするまで利用します。

最終的には、利用者名義の銀行口座や携帯電話が犯罪に利用され、気づいた時には利用者自らが犯罪者になっているケースが多いのです。

闇金の和解案に乗るリスク

闇金の和解案には絶対に落とし穴があります。

金融機関なども「あと〇〇円支払ってくれたら借金を清算しますよ」などと和解を提案してくるケースもあるにはあります。

ですが、債権者側がこうした提案を行うのは、財産を差し押さえても返済金には満たないし、不良債権をいつまでも抱えていたくないという意図があるためです。

しかし、闇金の和解には裏があります。「金を払うことができないなら、別のものを提供しろ」というだけのことです。

「早く楽になりたい」という思いから、和解案に応じてしまいたい気持ちは分かりますが、和解後のリスクについても十分に認識しておく必要があります。

闇金の和解案にはどのようなリスクがあるのか、具体的に解説していきます。

和解してもさらなる要求がある

和解金と借入元金を支払って闇金と和解をしても、これで取立てが完全に止まるわけではありません。

利用者が和解金を支払えたということは「絞ればまだ金が出る」ということです。

そのため、闇金は「手数料を受け取っていない」などといちゃもんをつけ、後から様々な名目で金銭を要求してきます。

そもそも、闇金から借りたお金は返済する必要はありませんが、多くの人は闇金の取立てが怖いから支払っているのです。

闇金の提示する元金和解に応じれば取立てが止まるかといえばそのようなことはなく、闇金が「まだカモにできる」と判断すれば、様々な名目で取立ては続きます。

犯罪の片棒を担ぐことに

金を払うことができないのであれば、携帯電話や銀行口座、本人確認書類や印鑑などを提出させることによって、闇金が和解を提示してくることもあります。

しかし、これはいうまでもなく、犯罪行為の片棒を担ぐ行為になります。警察から逮捕されてしまったら、その後普通の仕事につくことは難しくなります。

闇金のグループの中には、元々は闇金の被害者だった人がこのように闇金グループに取り込まれてしまった事例も少なくありません。

「楽になりたい」という思いで闇金に銀行口座や本人確認書類を提供してしまうと、気づいた時には自分が犯罪グループの一員になっていることがあります。

そうなれば二度と普通の生活に戻れず、警察の捜査に怯える事態にもなりかねません。

闇金の和解案に応じてはならない

闇金の和解案に応じてはいけません。仮に元金和解の案に応じてお金を払ったとしても、さらなる請求が行われる可能性があります。

提供した携帯電話や銀行口座が犯罪行為に利用されて、利用者自らが警察からの捜査対象になってしまい、場合によっては逮捕されることもあるからです。

反社会的勢力である闇金が提案する和解案には必ず罠があります。絶対に闇金が提示する和解案に応じることがないようにしてください。

そもそも闇金には元金返済不要

そもそも闇金と和解などする必要はありません。闇金は存在自体が違法ですので、借りた元金すら返済しなくても法的には問題ないのです。

したがって、闇金とは和解という概念すら本来は必要ないことになります。犯罪組織相手にお金を払ってまで和解する必要はないことをしっかりと理解しておきましょう。

過去に元金返済不要と判決が出たことも

2008年に最高裁で「闇金から借りたお金は返済する必要はない」との判決が出ています。

闇金は不法行為を行なっており、不法行為に基づいて給付された貸付金に関しては、そもそも返済しなくても法的には問題がないのです。

この判例によって、闇金から借りたお金は返済する必要がないと解釈されているので、弁護士などが闇金と交渉する際にも、元金を支払わずに闇金問題を解決することがあります。

「借りたお金は返済しなければならない」ということは世の常ですし、闇金もそのような態度で返済を迫ってきます。

しかし、法的には闇金から借りたお金に関しては返済をする必要がそもそもないのです。

犯罪組織相手に和解する必要はない

金融機関も、返済ができない債務者に対して和解を提案することがあります。

和解の内容は「本来返済されるべきお金は100万円だが、50万円払えば和解しよう」といった内容です。

和解は、借りたお金を返済しなければならないからこそ成り立つものです。

前述したように、犯罪組織である闇金から借りたお金について、最高裁は「返済の必要がない」と判断しているのですから、本来返済しなければならないお金ではありません。

したがって、闇金とは和解する必要はありません。

そして、和解という名目で闇金の提案に応じたとしても、闇金が「和解したからこれで取立ても新たな要求もしない」という約束を守るわけでもありません。

闇金とは和解する必要がなく、そもそも闇金とは本当の和解ができない点を理解しましょう。

和解せずとも専門家が解決できる

闇金問題は、和解しなくても専門家に依頼することで解決が可能です。闇金とは和解では解決できませんので、専門家に早めに相談することだけが唯一の解決策です。

注意しなければならないのは、基本的に警察は介入しない点です。闇金問題を解決したいのであれば、弁護士や司法書士などの専門家へ依頼するようにしてください。

警察は民事不介入で解決してくれない

お金の貸し借りの問題は、当事者同士で解決するべき民事の問題です。

警察が介入する問題は暴力や窃盗などの刑事事件だけですので、基本的に闇金の問題を警察に相談しても、警察は対応してくれません。「当事者間の話し合いで解決してください」というだけです。

警察が動くとしたら、取立ての際に闇金から暴力を振るわれたり、自宅の物を壊されたりした時などだけであり、警察が闇金問題を根本的に解決してくれることはありません。

弁護士や司法書士などの専門家が解決してくれる

闇金問題は、警察ではなく、弁護士や司法書士などの専門家によって解決できます。前述したように、闇金と和解しても闇金問題は解決できません。

闇金に多くの人がお金を支払ってしまうのは、取立てが怖いからです。闇金と和解しても取立てが止まるとは限りません。

しかし、闇金問題に強い弁護士や司法書士などの専門家が間に入ることによって、闇金からの督促は止めることができるのです。

闇金問題に強い弁護士や司法書士は警察とも繋がっています。闇金が最も恐れるのは警察からの摘発のため、闇金に強い専門家は以下のように闇金と交渉します。

「あなたもこれまで十分利息を取ったのですから、警察から摘発される前にそろそろ取立てはやめましょう」

こうすることで、多くの闇金は連絡を絶って逃げてしまい、以降は督促が行われることは無くなります。

闇金としても、警察と繋がりがある専門家と長く交渉をしてしまうと摘発のリスクが高くなるので、早めに連絡を絶って新たなカモを探した方がよいからです。

闇金と和解できるとしたらこの方法だけです。一般の人が闇金と和解しても、新たな請求をされるか、犯罪行為の道具にされるかのどちらかです。

闇金と和解するほど追いつめられているならば、早めに専門家へ相談するようにしてください。専門家への相談で、闇金問題のほとんどは解決できます。

まとめ

元金和解とは、借入元金と和解金を闇金へ支払って和解することで、ある程度の返済を行ったけれど返済が難しくなってきた利用者に対して闇金が提案します。

返済が苦しくなって、精神的にも経済的にもボロボロになった人にとって、闇金との和解案は渡りに船かもしれません。しかし、闇金とは和解することは不可能です。

和解金を払っても新たな請求が行われたり、お金が払えない場合は銀行口座や携帯電話を提供させられて犯罪行為の片棒を担いだりする事態に陥ります。

闇金が和解案を持ってきても、それは新たな罠です。絶対に和解案に応じてはなりません。

闇金問題を解決したいのであれば、闇金問題に強い、弁護士や司法書士などの専門家へ相談しましょう。

専門家に相談することによって、悩まされてきた取立ては止まり、お金の返済をする必要もなくなります。

時間がたてばたつほど経済的・金銭的な負担は大きくなるので、闇金からお金を借りてしまったら早めに専門家へ相談し、闇金が提案する和解案には応じないようにしましょう。